屋根のカバー工法とはどんなもの? メリット・費用など詳しく解説!


屋根は、家を風雨や紫外線から守る役割があります。しかし、経年などの理由により、そろそろリフォームを考えている人もいることでしょう。屋根のリフォームには、張り替えのほかにカバー工法で仕上げる方法もあります。しかし、屋根のカバー工法にもメリット・デメリットの両方があるため、きちんと理解してから検討することが必要です。今回は、屋根のカバー工法について詳しく解説します。

  1. 屋根のカバー工法とはどんなもの?
  2. 屋根のカバー工法がおすすめのケースとは?
  3. 屋根のカバー工法のタイミングは?
  4. 屋根のカバー工法の流れ・日数・費用について
  5. 屋根のカバー工法に関するよくある質問

この記事を読むことで、屋根のカバー工法についてよく分かり、満足できる仕上がりを手に入れることができます。まずは、記事をじっくり読み進めてみてください。

1.屋根のカバー工法とはどんなもの?

最初に、屋根のカバー工法となどんなものか、メリット・デメリットを含め解説します。

1-1.屋根のカバー工法とは?

屋根のカバー工法とは、既存の屋根を張り替えず、上から新しい屋根材を重ねる工法のことです。張り替える手間がかからず、好きなデザインの屋根を実現できます。屋根を張り替えるよりも簡単にできる点から、採用する家が増えているのです。

1-2.屋根のカバー工法にはどんなメリットがある?

屋根のカバー工法には、主に以下のようなメリットがあります。

  • 既存の屋根を撤去しないため、撤去費用がかからない
  • 既存の屋根の上に重ねるため、断熱・防音効果が高まる
  • 張り替えよりも工期が短い
  • 長持ちする

1-3.屋根のカバー工法のデメリットは?

屋根のカバー工法には、デメリットもあります。

  • 屋根が二重になるため、重くなる
  • カバー工法の上から再度カバー工法をすることはできない
  • 既存の屋根の劣化具合によっては対応できない
  • 瓦屋根には対応できない

2.屋根のカバー工法がおすすめのケースとは?

屋根のカバー工法がおすすめのケースと向かないケース、それぞれ解説します。

2-1.屋根のカバー工法がおすすめのケースは?

以下の場合には、屋根のカバー工法を行うメリットが大きく、おすすめです。

  • 屋根の工事費用を節約したい
  • 簡単に屋根のリフォームをしたい
  • 屋根の断熱性や防音性を高めたい
  • 屋根に雨もりなどの大きなダメージがない
  • 既存の屋根の素材がスレート(カラーベスト)・アスファルトシングル・金属材

2-2.ほかの工法が良いケースもある

築年数があり、耐震基準を満たしていない家には、屋根のカバー工法は向きません。屋根が重くなる分、家に十分な強度があることが前提になるからです。また、アスベストを含んだ屋根材や、既存の屋根材が下地までダメージを受けている場合は、カバー工法よりも張り替えをおすすめします。どちらの工法がベストかについては、業者に相談してアドバイスを受けるといいでしょう。

3.屋根のカバー工法のタイミングは?

屋根のカバー工法のタイミングや耐用年数について、詳しく解説します。

3-1.すぐに工事すべき場合とは?

以下のような場合は、すぐに工事を行いましょう。

  • 既存の屋根に断熱性や防音性を付加したい
  • 既存の屋根の色あせが気になる
  • できるだけ費用を抑えて家の外観の印象を変えたい
  • 前回の屋根工事から10年以上経過している

3-2.屋根のカバー工法の耐用年数

屋根のカバー工法の耐用年数は、平均して15~20年程度と言われます。工事をしてから、15年程度経過したら工事のやり直しを検討しましょう。ただし、耐用年数はあくまでも目安となるため、条件によっては早く寿命を迎えることもあります。特に、台風や地震などの自然災害時には屋根に大きなダメージを受けるため、寿命が早まりやすいのです。

4.屋根のカバー工法の流れ・日数・費用について

屋根のカバー工法の流れや日数・費用について、それぞれ開設します。

4-1.屋根のカバー工法の流れ

屋根のカバー工法は、主に以下の流れで行われます。

  1. 既存の屋根をキレイに洗浄する
  2. 屋根の棟板金を撤去する
  3. 下地として防水シートを張る
  4. 新しい屋根材を取りつける
  5. 仕上げ処理をして完了

4-2.屋根のカバー工法の日数や費用

屋根のカバー工法は、30坪程度の家の場合、80万円程度が目安となります。実際に必要な費用については、坪数や工事内容にもよるため、業者に見積もりをもらって確認してください。工事日数は5~7日程度を見ておきましょう。なお、雨が降ると工事が中断するため、工事日数が上乗せになる場合があります。

4-3.屋根のカバー工法の相談窓口

屋根のカバー工法の相談や見積もりは、経験豊かな業者に依頼しましょうなお、屋根の工事業者でも、カバー工法を必ず行っているとは限りません。相談するときは、事前にカバー工法で豊富な実績を持っていることを確認してからにしましょう。なお、当テンイチでも、屋根のカバー工法を行っています。まずは、無料の屋根診断や見積もりをご依頼ください。

5.屋根のカバー工法に関するよくある質問

最後に、屋根のカバー工法に関するよくある質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.カバー工法を行うと、地震で家がつぶれやすいのですか?
A.カバー工法を行って問題ないかどうか、業者に確認してください。カバー工法では、現在よりも屋根が重くなるため、家の強度が確保できない場合は危険です。地震でつぶれにくい屋根を希望するのなら、軽い素材の屋根に張り替えたほうがいいこともあります。

Q.カバー工法の工事中は、在宅可能ですか?
A.工事中でも在宅できます。張り替え工事と違い、屋根材を撤去せずに工事をするためです。ただし、工事中は騒音や振動などが起こります。静かな環境を確保するのは難しいため、仕事や勉強など集中して行うのは難しいでしょう。

Q.カバー工法でも好きな色を指定できますか?
A.屋根の色合いについては、業者に色見本や実例を見せてもらいながら検討してください。依頼時に、好きな色合いに近いものを指定できます。ただし、完全に思いどおりの色合いに仕上がるとは限りません。日光の当たり方や角度によっては、色合いが異なって見えることもあります。イメージ違いを防ぐためにも、業者によく相談して決めましょう。

Q.屋根の診断や見積もりは複数の業者に依頼していいですか?
A.実際に契約をする前なら、複数の業者に依頼して構いません。業者の質は、最初の対応の仕方にも表れるものです。対応が雑だったり不親切だったりする業者は、工事やサービスの質も悪いことが多くあります。反対に、感じがよく親切に対応してくれる業者を選ぶと、満足度の高い結果になるでしょう。

Q.最終的に業者を選ぶときのポイントは?
A.屋根のカバー工法は、アフターサービスが充実した業者を選ぶと安心です。工事後、定期的に屋根をチェックし、必要な修繕を行っていくことでいい状態を長く保つことができます。また、台風や地震などで、屋根に思わぬダメージを受けたときも、信頼できる業者なら、できるかぎり迅速に対応してくれることでしょう。

まとめ

今回は、屋根のカバー工法の流れについて詳しく解説しました。屋根も経年などの理由で、徐々に劣化します。また、機能性を高めたり好みの外観に変更したりしたいときもあるでしょう。屋根のカバー工法ならば、張り替えよりも工事日数が少なく、簡単にリフォームできるなどのメリットがあります。しかし、屋根の状態によっては、必ずしもカバー工法が向くとは限りません。まずは、信頼できる業者によく相談し、どんなリフォームが最適かアドバイスしてもらいましょう。


最長10年の工事保証付きで施工後も安心!