外壁の雨漏り対策・修理方法とは? ~定期的なメンテナンスが大切~


外壁からの雨漏りで悩んでいる人は必見です。
なぜ外壁から雨漏りが発生してしまうのか、原因について考え、修理する方法や業者に依頼する際の注意点について説明します。
外壁は家の中を外部の雨風、台風から守ってくれる大切な部分です。
できるだけ早めに改善しなければ安心して暮らせません。
いつまでもしっかりとした外壁が維持できるようにメンテナンス時期も把握しておきましょう。

目次

  1. 外壁から雨漏りしてしまう原因
  2. どのように修理すればいいの?
  3. 外壁のメンテナンスについて

1.外壁から雨漏りしてしまう原因

外壁から雨漏りが発生してしまう原因はどのようなことが挙げられるのでしょうか。
なぜ雨漏りしているのか原因を最初に把握しておかなければ適切な修理ができません。
原因についてわからない人は要チェックです!

1-1.建物の老朽化

主な雨漏りの原因として挙げられるのは“建物の老朽化”です。
経年とともに現れる老朽化は仕方ありません。
外壁にほどこされている塗料が雨風で剥がれてしまい、内部にまで影響をもたらし、雨漏りが発生するのです。
老朽化から引き起こされる雨漏りは結構多いので常に建物をチェックしておかなければなりません。
外壁を確認して剥がれていないかどうか、塗料が落ちていないかどうか、ヒビが入っていないかどうか確認できるときにしておきましょう。
もし老朽化が見られるのであればすぐに対処しなければなりません。そこからどんどん広がってしまい、さらに老朽化が進んでしまいます。

1-2.ベランダ・バルコニー部分の塗膜(とまく)のすり減り

外壁の雨漏りがひどい部分はベランダやバルコニーが多い傾向がみられます。これは“塗膜(とまく)”のすり減りが主な原因として挙げられるでしょう。
塗膜はすべての外壁にほどこされていますが、ベランダやバルコニーは人の出入りが激しいところでほかの部分よりもすり減りが激しくなってしまうのです。
塗膜がなくなってしまうとそこから腐食・劣化が進み、どんどん外部の雨水が部屋に侵入してしまうでしょう。
侵入を防ぐためにはすぐに塗料を塗り替えなければなりません。
ベランダ・バルコニーは外壁のダメージが受けやすい部分なのでとくに注意しておいた方がよいですよ。

1-3.業者の不手際による雨漏り

もし新築でそれほど経っていないのに外壁からの雨漏りが見られた場合は業者の不手際が原因だと考えられます。
また、最近では外壁の塗り替えを頼んだのに工事が完了したとたん雨漏りが発生したというケースも増えてきています。
悪質な業者はお金だけ巻き上げ、工事を中途半端に終わらせるところがほとんどです。
業者とのトラブルも増加しているので注意しておかなければなりません。
きちんと外壁を塗っていないことで内部に雨水が入ってしまい、腐敗化が進んでいる状態です。すぐに安心できる業者に調査を依頼し、改善していかなければならないでしょう。
このように、外壁の雨漏りも老朽化から人為的被害も考えられるので気をつけてくださいね。

2.どのように修理すればいいの?

2-1.基本は外壁の塗り替え

修理方法は外壁の状態によって変わってきますが、基本的には原因を把握した上で外壁の塗り替えをおこなっていきます。
その際にサッシの周りに防水両面テープを張っておいた方がより雨漏りが防げるでしょう。
最近の住宅に取り入れられている外壁は“サイディング外壁”と呼ばれる厚みのあるものを釘止めや金具止めで貼り付ける方法となっています。
サイディングを利用する場合は雨漏りが見られる部分にだけ新しいものを貼り付けることになるでしょう。
どのような外壁を使っているのかによって修理方法も変わってくるのでしっかり確認してくださいね。
違う材料を使うとその部分だけほかとは違う雰囲気に仕上がってしまうので要注意です。
しっかり業者と打ち合わせをし、雨漏りを修理していきましょう。

2-2.業者に依頼する際の注意点

  • 見積書をしっかり確認する
  • どのような外壁を使うか、修理方法について説明してもらう
  • いろいろな業者を比較する
  • 実績のある業者を選ぶ
  • 工事中の過程をしっかりチェックする

業者に依頼する際、注意してほしいことは以上のとおりです。
悪質な業者が増えてきているため、業者選びは慎重におこなっていかなければなりません。
優良な業者を選ぶためにも見積書をしっかり確認し不備はないかどうか、気になることがあればすぐに聞きましょう。
そしていろいろな業者を比較しながらどこが実績があるのかチェックしてください。
外壁の雨漏り修理の実績がある業者であればあるほどどのような雨漏りにも対応できるので安心です。適切な方法で修理してくれますし、費用も抑えられます。
また、工事中もしっかりしているかどうか過程をチェックすることも大切です。
安心して依頼できる業者を見つけ、満足のいく外壁の修理をしましょう。

3.外壁のメンテナンスについて

3-1.どのくらいの頻度でメンテナンスすべき?

外壁のメンテナンスはどのくらいの頻度でしたらいいの?とよく聞かれますが、“6年”を目安に外壁を塗り替えてください。
6年ごとにメンテナンスをおこなうと老朽化の進行を防げますし、丈夫な外壁を維持し続けられます。
ベストな時期は6年ごとですが、もし外壁にヒビ割れや異常が見つかった場合はすぐに修理してください。6年経過していなくてもそのような状態になったら修理が必要です。
すぐに修理しなければ悪化してしまい、建物全体の老朽化に影響してしまいます。
メンテナンスはできるだけ時間が空いたときにすること、6年に1度は外壁を塗り替えることが大切です。
6年ごとにメンテナンスをするといろいろなメリットが生まれます。

3-2.定期的メンテナンスの重要性

では、どのようなメリットが生まれるのでしょうか。
定期的メンテナンスをすることで家自体の寿命が延び、メンテナンスをおこなう頻度も少なくなるメリットが挙げられます。
6年に1度メンテナンスをおこなっていけば寿命と同時に外壁の強度もあがり、10年に1度のメンテナンスで済むでしょう。
しかし、定期的なメンテナンスを怠れば気づかぬうちにどんどん悪化してしまい、こまめに塗り替えをしなければ維持できなくなってしまうのです。そのようなことになればメンテナンスにかかる費用も倍かかってしまうに違いありません。
コスト削減のためにも6年に1度のメンテナンスがとても大切なのです。そうすればいちいち雨漏りで心配することはありませんし、安心して快適に過ごせるでしょう。
外壁の雨漏りを防ぐために定期的なメンテナンスは欠かせません。
このことは絶対に忘れないでくださいね。

まとめ

外壁の雨漏りの原因や修理方法、定期的メンテナンスの重要性について説明してきましたがいかがでしたでしょうか。
最後にもう一度確認したいと思います。

  • 建物の老朽化
  • ベランダやバルコニー部分の塗膜の減少
  • 業者の不手際
  • 基本の修理は外壁の塗り替え
  • 新しいサイディングを貼り付ける
  • 外壁の種類によって修理方法も異なる
  • 安心して信頼できる業者を選ぶ
  • 目安は6年に1度のメンテナンス
  • 定期的にメンテナンスをすると外壁の強度・建物の寿命が延びる
  • コスト削減のためにもメンテナンスは必要

外壁の雨漏りが見つかったらすぐに修理しなければなりません。
お金がかかるからと放置する人も多いですが、そのまま放置するともっと悪化し、お金が倍以上になってしまいます。
定期的にメンテナンスをするとトータルコストが削減できるので必ずおこなってください。
安心して生活するためにも外壁のメンテナンスは大切です。


最長10年の工事保証付きで施工後も安心!