住まいのコンシェルジュ

財布にも地球にも優しい省エネリフォームで快適生活を送ろう


近年温暖化や資源の減少が話題になっていますが、私たちが生活していく上で自然エネルギーはなくてならない存在です。

そのためにも、最近では省エネに力を入れているリフォームがあります。

省エネリフォームを知っていますか?

今住んでいる家を省エネ住まいに変えるリフォームです。

これから省エネリフォームについて説明していきたましょう。

  1. 省エネリフォームとは?
  2. どのような省エネリフォームがあるのか?
  3. 補助金や制度について
  4. リフォーム業者に依頼する際の注意点

1.省エネリフォームとは?

省エネルギーを目的としたリフォームですが、いったいどのようなリフォームのことを指すのでしょうか。

1-1.エネルギーを消費しない生活

私たちはたくさんのエネルギーを消費して生きていますよね?
電気や水もその一部です。

エネルギーは無限にあるわけではないので使い続けるとエネルギーも減っていき後々にはさまざまな困難合う可能性があります。

そうならないためにも、普段の生活の中でも「水は使う分だけ出す」「電気は必要ない時は消す」「冷暖房の設定温度は適切に」を実践するだけでも違いがでてきます。

これらは私たちの注意で改善できる範囲ですが、もっと省エネするために作られたのが省エネリフォームです。

1-2.室内の暑さ、寒さなど快適性能向上

室内の暖かさや寒さは冷暖房を使うと思います。

しかし、冷暖房はたくさんの電気を使うので省エネにはなりません。

そこで、省エネリフォームでは快適性能の向上として壁に断熱材を入れる工夫や家の中にいても涼しさを感じられる空間作りを行っています。

1-3.給油などの消費エネルギーを減らす

給油などによるガスエネルギーは年々減少しています。特に、日本人は毎日お風呂に入るためお湯を沸かすガスなどは家計の負担になるだけでなく地球にも負担をかけます。

そこで、太陽光発電などによる給油機にかけるなど省エネリフォームになります。

2.どのようなリフォーム方法があるのか?

実際に省エネリフォームにはどのような方法があるのでしょうか。また、リフォーム後にどのような効果があるのでしょうか。

2-1.断熱

外気と住宅内の境界の部分を断熱する方法です。

断熱材を呼ばれる物を壁部分に入れることで外が暑くても中は涼しく、外が寒くても中は暖かい状態を作り出すことができるようになります。

壁をはがす必要が出てくるのが難点です。

2-2.躯体等の断熱

これも壁の断熱になります。

CMなどで「外断熱」という言葉を聞いたことがありませんか?

普通の家では断熱材はコンクリートと家の間にありますが、外断熱はコンクリートと外の間にあります。

こうすることにより結露を防げるだけでなく家の劣化を防ぐこともできます。

2-3.開口部の断熱

窓といった開口部の断熱も省エネリフォームの一種です。

夏に外から入ってくる熱の71%、部屋の中の暖かさが冬の外へ逃げていく50%が開口部が原因と言われています。

開口部のリフォームには「複層ガラス」と呼ばれる窓をつかいます。

複層ガラスは、2枚の間に乾燥した空気を入れることにより空気層ができ断熱の効果を発揮します。

また、最近では「エコガラス」と呼ばれる特殊コーティングされたガラスもあります。

このガラスは外部からの日射熱を減少し、冬場の暖かい空気も反射させるので暖かさも逃がしません。

2-4.日射遮断

家は外からの熱にとても弱く、何も対策をしていなければ室内の温度はどんどん上昇してしまいます。しかし、日射を遮断する施工をすることで冷暖房を使う率を下げ省エネにつなげることができます。

開口部の時にも話をしましたエコガラスに変えることで日射を遮断することができます。また、直接日光が当たる屋根には高反射率塗料を塗ることで日光を反射して家の中を涼しく保つことができます。

2-5.気密性

新しくできた家ならあまり感じることはないかもしれませんが、年数が経った家ではすきま風が入ってくることがあります。

すきま風があると、家の中の空気が外に漏れてしまうため冬場の暖かい空気も逃げているかもしれません。

また、しっかりしまっていても窓にも小さな隙間ができていることがあります。

窓の気密性アップは2重サッシが一般的です。

一般的な窓は1枚ですが、窓ガラスを室内側にもう一枚つけることで機密性がアップし空気の流れを断つことができます。

家の作りによるすきまは壁を外して再度家のサイズを測りすきまをなくす施工をします。

こうすることにより風の流れを一定にすることができるようになり、冷暖房の使用も減らせます。

2-6.結露対策

冬場に暖房をつけると窓に水滴がついているのを見ることがありますよね。

「結露」と呼ばれる現象ですが、結露が発生するとカビの原因になる以外にもさまざまな原因になります。

結露が起こる原因は、外気との気温差や窓からの外冷気侵入、急激な温度差です。

省エネリフォームによる結露防止は気密性アップと開口部の対処です。

窓ガラスを2枚構造の複層ガラスにすることで、窓の気密性アップ・結露防止になります。

外壁の結露は、外断熱にるすことで予防できます。

外断熱は断熱材がコンクリートの外に付いた状態のことで、家の中に結露がしなくなります。

3.補助金や制度について

日本は省エネに力を入れているため国からの補助金やさまざまな制度が存在します。

これから省エネリフォームを考えている人にとって嬉しい情報ですね。

3-1.所得税や固定資産税の減税

・エコリフォームの場合

現金やローンを使って30万円以上のエコリフォームを行うとかかった費用の10%が所得税から返ってきます。

ただし、対象があって「全てに内窓をつける等の窓リフォームを行う、または全ての窓リフォームと一緒に床や壁、天井(屋根等)の断熱工事」が対象になっています。

限度額が上限250万円(太陽光を設置した場合は350万円)になり、税金は20万円(太陽光設置の場合30万円)返ってります。

注意として確定申告をすること、リフォーム後の床面積が50㎡以上の住宅でないと利用できません。

・省エネリフォームの場合

返済期間が5年以上のローンを使って30万円以上の省エネリフォームをした場合、5年間にわたって所得税が戻ってくる制度が存在します。なんと、最大で60万円戻ってくることも。

対象工事はエコリフォームほとんど同じですが、それ以外に併せて行うエコリフォーム以外の費用も税額控除の対象になります。

3-2.太陽光発電、家庭用燃料電池には補助金

国が力を入れている自然エネルギーに太陽光があります。

最近では家の屋根に太陽光を取り付けている家も多くなってきました。太陽光発電に対して国から補助金がでます。

基本的に

  • 2万円~41万円以下の場合、1kwあたり2万円
  • 41万円~50万円以下の場合、1kwあたり1万5000円

一般家庭では3~4kwを導入することが多いですが、価格が高いほうが補助金が少なくなっているので注意が必要です。

また、天然ガスを発電、その時に発生した熱を使って給湯ができる家庭用燃料電池も補助金がでます。

国からの補助金は、1台あたり上限が45万円です。

また、これらは自治体からも補助員がでる場合があるので、設置を考えている人は一度問い合わせてみましょう。

3-3.省エネ住宅ポイント制度

スーパーなどにあるポイントカードと同じ容量で、一定の省エネ機能をもった新築やエコリフォームに対していろいろな商品と交換できるポイントを発行する制度です。

省エネ住宅ポイントは省エネに対する関心やエコリフォームに普及を図ることや、住宅投資の拡大に役立てるために作られました。

4.リフォーム業者に依頼する際の注意点

エコリフォームや省エネリフォームをする際にはリフォーム業者に頼むと思いますが、注意しなければいけない点がいくつかあります。

失敗しないためにも目を通しておきましょう。

4-1.料金の追加や上乗せ請求

リフォームをする際には必ずといっていいほど「見積もり」をします。

どこを変えるのか、どれくらい料金がかかるのかを計算してお互いが納得したらリフォームに入ります。

しかし、中には料金を決定したあとに追加で料金を請求してきたり上乗せされることがあります。

これらは悪質業者の可能性がありますので気をつけましょう。

4-2.しっかりとした施工

悪質業者には手抜き工事をする会社があります。

近年ではインターネットや携帯で調べると手抜き工事の実態や業者の名前まで出てくることがあります。

手抜き工事は後から修繕費用がかかるだけでなく、危険な場合があります。

リフォームをお願いする業者が安心かどうかは、実際に施工した家を見たりクチコミを探してみるといいでしょう。

4-3.下請け会社に全てを任せる

業者によっては大元の会社と下請けの会社に分かれていることがあります。

本社の会社が契約を取ったのに、そのまま丸っと下請けに任せてしまうと家主と本社の話し合いは意味がなくなり、やってほしいリフォームがきちんと伝わらないことがあります。

リフォームする際には下請けに任せるだけでなく本社の担当もリフォームに関わっているのか聞きましょう。

5.まとめ

省エネリフォームは家計だけではなく、地球を守ることにもつながります。

以下の項目には省エネについてのノウハウがつまっています。

  1. 省エネリフォームとは?
  2. どのような省エネリフォームがあるのか?
  3. 補助金や制度について
  4. リフォーム業者に依頼する際の注意点

補助金や減税の制度もありますので、省エネについて一度考えてみてはいかがでしょうか?