住まいのコンシェルジュ

玄関ドアのリフォームを検討するなら!費用相場や業者選びのコツも!


「玄関ドアをリフォームしたいが、どんな種類があるのか?」「費用相場を知りたい」とお考えではありませんか? 玄関は家の「顔」とも呼ばれている場所です。玄関ドアをリフォームすることで家の印象も大きく変わるため、慎重に選ぶ必要があるでしょう。

この記事では、玄関ドアの種類やリフォームするメリット・工事にかかる費用相場などをまとめてご紹介します。

  1. 玄関ドアにはどんな種類があるのか?
  2. 玄関ドアをリフォームするメリット3つ
  3. 玄関ドアのリフォームにかかる費用相場
  4. 玄関ドアをリフォームする際の注意点
  5. リフォーム業者を選ぶポイントを紹介
  6. 玄関ドアのリフォームに関するよくある質問

この記事を読むことで、玄関ドアを選ぶポイントや、リフォーム工事にかかる日数などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.玄関ドアにはどんな種類があるのか?

まずは、玄関ドアの種類についてご紹介しましょう。

1-1.大きく分けて「開き戸」と「引き戸」がある

玄関ドアの種類は、大きく「開き戸」と「引き戸」に分けられます。「開き戸は洋風・引き戸は和風のイメージがある」という人も多いでしょう。開き戸と引き戸では見た目だけでなく使い勝手やメリット・デメリットにも違いがあるため、しっかり把握した上で選ぶことをおすすめします。

1-2.開き戸の種類

開き戸は細かく分けると以下のような種類があります。

  • 片開きドア:1枚のドアが左右どちらかに開閉するタイプ
  • 親子ドア:大きさの異なるドアが2枚組み合わさっているタイプ。子扉は普段閉まっていることが多く、大きな荷物を搬入する際などに開けることが多い
  • 両開きドア:大きさが同じ2枚の扉が左右対称に開くタイプ

1-3.引き戸の種類

一方の引き戸にも、以下のような種類があります。

  • 引き違い戸:2枚の引き戸を左右にスライドさせて開閉するタイプ
  • 片引き戸:1枚の戸を左右にスライドさせて開閉するタイプ
  • 両引き込み戸:戸を両側の壁に引き込むタイプ

1-4.開き戸と引き戸、それぞれのメリット・デメリット

開き戸と引き戸には、それぞれメリットとデメリットがあります。開き戸は、デザインや種類が多く、頑丈で気密性・断熱性が高いものが多い点がメリットでしょう。その反面、「荷物を出し入れする際に扉を押さえておく必要がある」「指を挟みやすい」などのデメリットがあります。一方、引き戸のメリットは、開口部を広く取れることや、指を挟むなどの事故が起こりにくいことです。ただし、開口部が広く取れる分、気密性が低いというデメリットもあります。

2.玄関ドアをリフォームするメリット3つ

玄関ドアをリフォームするメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。

2-1.気分をリフレッシュできる

玄関ドアをリフォームすることで家全体のイメージが大きく変わるため、気分のリフレッシュにつながるでしょう。また、玄関に光や風を採り入れることができるタイプのドアにリフォームすれば、「暗くてジメジメした玄関」のイメージも一新できます。

2-2.防犯性が高まる

玄関ドアをリフォームすることで防犯性を高めることも可能です。最新の玄関ドアには、ピッキングを防止するダブルロック機能や、鍵のかけ忘れを予防する機能などが搭載されたものもあります。

2-3.ドアの不具合を解消できる

長年使用していれば、玄関ドアに擦れや変形などの不具合が出ることもあるでしょう。「閉めるのに力が必要」「見た目が悪い」などの不満も、リフォームすれば解決可能です。

3.玄関ドアのリフォームにかかる費用相場

玄関ドアのリフォーム工事にかかる費用や期間などを、ケースごとにご紹介しましょう。

3-1.玄関ドアだけを新しくする場合

タイプを変えず、玄関ドアだけを新しいものに交換する場合は、最も安い費用で工期も短くて済みます。もちろん、ドアのグレードによって費用は前後しますが、基本的には撤去処分費用と取り付け費用をプラスして17万~32万円程度が相場です。既存の枠に新しい枠を取り付けるカバー工法が可能なため、工期は1日で済む場合が多くなっています。

3-2.開き戸から引き戸に変更する場合

開き戸の玄関ドアから引き戸に変更する場合、もしくはその逆の場合は、専用の金具やサッシの取り付けが必要になるため、20万~40万円前後の費用がかかります。ただし、スペースを確保するために壁の取り壊しや補強などが必要になる場合は、別途10~50万円ほどかかることもあるため、必ず事前に確認しておきましょう。間口のサイズ変更が必要な場合、工期は1週間ほどかかることもあります。

3-3.玄関全体をリフォームする場合

ドアだけでなく、床タイルや壁紙・収納棚など、玄関全体のリフォームを依頼する場合、費用相場は30~80万円前後といわれています。リフォームの内容によって変わりますが、工期は1か月ほどかかる場合もあるでしょう。

4.玄関ドアをリフォームする際の注意点

玄関ドアをリフォームするにあたって知っておくべき注意点をまとめました。

4-1.目的に合ったリフォームを考える

玄関ドアをリフォームする際は、何を目的としているかを明確にしてプランを考えましょう。「老朽化しているので新しくしたい」「玄関が寒いので断熱性を高めたい」「介護が必要なのでバリアフリーにしたい」など、リフォームの目的にはさまざまなものがあります。その目的をかなえるためには、どんなリフォームが必要なのか、業者とよく話し合った上でプランを決めていくとよいでしょう。

4-2.必ず現地調査を受ける

業者に見積もりを出してもらう際は、必ず現地調査をしてもらいましょう。見た目だけでは気づかない腐食や劣化などがあり、思わぬ補修工事が必要になる可能性もあります。工事が始まってから高額な追加費用が発生しないよう、事前にしっかり調べてもらうことが大切です。

5.リフォーム業者を選ぶポイントを紹介

玄関ドアのリフォーム業者を選ぶ際のポイントや注意点をご紹介しましょう。

5-1.実績が豊富な業者を選ぶ

リフォーム業者を選ぶ際は、まず、玄関ドアのリフォーム実績が豊富な業者かどうかをチェックしましょう。過去の施工例なども見せてもらえるため、最適なアイデアが見つかるはずです。そのほかにも、業者選びのポイントには以下のようなものがあります。

  • 無料見積もりを受け付けているか
  • 現地調査をしてくれるか
  • 見積書の内容が明確か
  • 親身に相談に乗ってくれるか
  • 丁寧でスピーディーな対応か
  • 保証やアフターフォローが充実しているか

5-2.複数の業者を比較することが大切

同じリフォーム内容でも業者によって費用は異なるため、事前に複数の業者を比較することが大切です。数社に無料見積もりを依頼し、その結果を比較してみましょう。そうすることで、大まかな相場を知ることができます。

まとめ

玄関ドアの種類やリフォームにかかる費用・リフォームする際の注意点などをまとめてご紹介しました。玄関ドアは家の印象を左右する大事な箇所です。リフォームすることで見た目をよくするだけでなく、快適さや便利さも手に入れることができるでしょう。ぜひこの記事を参考に、満足のいく玄関ドアリフォームをしてください。