住まいのコンシェルジュ

たくさんあります! 床材の種類と特徴


家を自分で建てる・リフォームする人は、床材を選ぶ必要があります。その床材にはたくさんの種類と特徴があるもの。また、床材をデザインだけで選ぶと失敗することも多いです。そこで、失敗する前に床材の特徴をしっかり押さえておきましょう。
この記事では、床材の種類と特徴についてまとめました。

目次

  1. リビングで使われる一般的な床材
  2. フローリング以外の床材
  3. まとめ

1.リビングで使われる一般的な床材

床材にはさまざまな種類と共に特徴があります。その中でも使われるのが木質フローリングです。このフローリングには、大きく分けて2種類あります。そこで、フローリングについて紹介しましょう。

1-1.複合フローリング

複合フローリングは、合板などの基材を表面に化粧材を貼り合わせたものです。用いる化粧材によって薄く削った天然木の単板。もしくは、化粧やシートなど特殊加工の化粧材を張ったタイプがあります。
一時期、カーペットや塩ビタイルなどがよく使われていました。しかし、ダニの問題から床材として複合フローリングが使われています。現在は、カラーバリエーションや衝撃性、摩耗性など機能面でも向上しているのです。最近では、大理石のような風合いを持ったタイプもあるほどバリエーションがあります。
基本的には、複合フローリングを選ぶことをおすすめ。しかし、経年変化による風合いはないと思いましょう。また、見た目の高級感がなかったり傷の補修が難しかったりとデメリットもあります。

  • ホワイト系…大理石調やタイル調、木目調とバリエーションの幅が広いです。比較的どんな色とも相性もいいです。しかし、傷や汚れが目立ちやすい特徴もあるのを知っておきましょう。
  • ミディアム系…木材本来の色調を残す落ち着いた雰囲気が特徴。商品のバリエーションも広いためデザインを楽しむことができます。家具をミディアム系と合わせた家具を選べばおしゃれな内装になりますよ。
  • ダーク系…ウォールナットのようなダークブラウン・黒曜石が特徴の床材。最近、家の特徴に合わせて使う人が多いです。ダーク系は高級感があると共に、落ち着いたアダルトな雰囲気を演出します。壁や家具、設備とのコントラストを楽しむのにもいいでしょう。

複合フローリングの商品を大きく分けると以上です。ぜひ、自分のデザインする家に合うものを選びましょう。

1-2.無垢(むく)材(単層フローリング)

複合フローリングに対して単層フローリングと呼ばれるものがあります。単層フローリングは無垢(むく)材と呼ばれるものです。
単層フローリングは、切り出した天然木の1枚板を加工したもの。樹種によって異なりますが空気を含むことで保湿性・断熱性が高いのが特徴です。また、梅雨などの季節は湿気を吸収します。また、乾燥しがちな季節は調湿作用があるのです。夏は足がべたつかず、冬は静電気を抑える魅力があります。
しかし、湿度の変化に伴って膨張・収縮を繰り返すため反(そ)りや割れが発生するのです。最近では、耐久性や寸法の安定性を図るため特殊な加熱処理を施しています。また、床暖房に適したタイプもあるのです。
この単層フローリングは「緑甲板」と呼ばれて昔から使われています。それほど歴史が古く種類も豊富です。また、無垢(むく)材は経年変化を楽しめる素材となっています。
短所としては、複合フローリングよりも高価であることが多いです。また、手入れが必要で水に弱いこともあるのを知っておきましょう。

2.フローリング以外の床材

床材には、フローリング以外にもたくさんの種類があります。ここでは、フローリング以外の床材について紹介しましょう。

2-1.コルクタイル

コルクタイルは、コルク樫(かし)の樹皮を粉砕して圧縮・加熱したものをブロック状にして裁断したものです。主成分がスベリンというシロアリに強い性質を持っています。
強固で耐久性が高いのが特徴。また、断熱性も高いです。
コルクタイルは、適度な弾力性があるため足腰への負担も少なくできます。また、転倒しても衝撃を和らげてくれるのも特徴です。高齢の方や子ども部屋、寝室などに向いています。
無塗装なものやワックス、ウレタン塗装仕上げのものがあり性能はさまざま。また、ナチュラルな色合いを基本にカラーバリエーションも豊富です。表面仕上げによっては、水にも強いためキッチンや洗面室にも使えます。
加熱や温度、時間変化によって表面の色を変えることができるのも特徴です。しかし、時間と共に変化が大きいのを知っておきましょう。

2-2.タイル・天然石

耐久性・耐水性が高いタイルです。色やデザインが豊富でキッチンや玄関に使われます。
タイルは耐久性・耐水性が高いため浴室やトイレでも使われているのです。今では、リビングの一角に取り入れられたりペットの床材として使われたりします。
目地の汚れ、足触りの冷たさや硬さ、滑りやすさに注意しましょう。最近では、色目地を使うことで汚れを目立たないようにすることも可能です。また、滑りづらいものや床暖房にも対応しています。

2-3.クッションフロア

クッションフロアとは、模様を印刷したシートを透明シートで挟み込むようにして作られた塩化ビニルの床材です。クッションフロアはCFシートとも呼ばれています。
プリントされる柄は多く複合フローリングや大理石のような雰囲気も演出できるのです。また、耐水性に優れているのでトイレや脱衣所などで使われます。さらに、抗菌など雑菌対策にも向いているのが特徴です。
しかし、見た目は少し安っぽくなります。また、独特の臭いがあったり汚れが付きやすかったりするのも知っておきましょう。
さらに、熱に弱いためキッチンなどでは使えないです。

2-4.畳

畳は、昔から日本にある馴染(なじ)み深い床材となっています。畳床には、天然素材の稲わらを用いた本畳以外に天然木質繊維やポリスチレンフォーム板を用いたものがあるのです。最近では、畳表に和紙、床、草木を用いた商品もあります。
また、カラーバリエーションも豊富で使い分けができるのです。畳独特の肌触りや温かみ、香りを楽しめるのは畳だけとなっています。また、吸湿性の高さも特徴です。
畳は色あせるため、定期的に交換が必要となります。また、擦れに弱く表面が傷つきやすい特徴があるのです。さらに、ダニやほこりが畳内部に入って取れないこともあるのを知っておきましょう。

3.床材の選び方

床材を選ぶときには、しっかりと特徴をつかんで選ぶ必要があります。そこで、床材を選ぶときに注意したいポイントについて知っておきましょう。

3-1.自分の考えるスタイルから選ぶ

床材は、部屋のイメージに対して大きな影響を与えます。部屋のイメージに近づく色やデザインをしっかり見極めましょう。
ダイニングなどは、基本的にフローリングを選ぶのがおすすめです。アクセントとしてタイルやコルクを使ってみるといいでしょう。

3-2.用途から選ぶ

床材にはそれぞれ特徴があります。その特徴に合わせて床材を選びましょう。
耐水性が高いものならば浴室。抗菌性が高いものはトイレなどという形で床材を使い分けましょう。堅いタイルをリビングに敷き詰めると生活もしんどいです。

4.まとめ

いかがでしたか?
この記事では、床材について紹介しました。最後に、床材にかんする情報についてまとめておきましょう。

  • 床材にはそれぞれ特徴がある。
  • フローリング材には2種類ある。
  • 床材は各場所に適するものを選ぶ。
  • 自分の思い描くデザインになる床材を選ぶ。

床材の種類はさまざまです。しかし、その特徴をしっかり押さえておかないとすぐ傷んだり汚れたりします。床材の特徴とデザインを踏まえて生活しやすい環境を整えましょう。