サイディングって何? 外装リフォームするなら覚えておきたいこと!


家の外装は常に紫外線や熱、雨風などにさらされています。しっかりと外装のメンテナンスやリフォームをしておかないと、家の寿命はどんどんと短くなっていってしまうでしょう。ですから、土壁やモルタルなどのもろい壁材からサイディングに交換したり、劣化した塗料を新しいものに変えたりすることが大切です。そこで、今回は外装リフォームに関する情報をご紹介していきます。

  1. 外装リフォームについて
  2. 外装リフォームの内容について
  3. 外装リフォームの方法
  4. 外装リフォームの業者選び
  5. よくある質問

この記事を読むことで外装リフォームの基礎知識を学ぶことができます。サイディングがどのようなものなのかなどもご紹介しているので、ぜひご一読ください。

1.外装リフォームについて

1-1.外装とは?

外装とは、建物の外から見える装飾・壁面仕上げ・屋根・外構(エクステリア)などの総称です。基本的に、建物の外側のものはすべてが外装だと考えておけば問題ありませんが、壁材や屋根材のことを指すこともあります。

1-2.外装リフォームとは?

外装部分に焦点を絞ったリフォームのことを外装リフォームといいます。たとえば、外壁塗装の塗り替えは外装リフォームの代表例です。そのほか、屋根材の変更や門の設置、アプローチの作成なども外装リフォームとなります。

1-3.どんな場合に必要か

新しく何かを設置したいときや作りたいとき、あるいは今ある設備や家の壁・屋根が老朽化してきたときなどに必要となるでしょう。外装は内装と違って普段の生活に大きな影響は及ぼさないため軽視されがちですが、家の寿命を延ばしたり生活の質を高めたりする上でとても重要です。

1-4.リフォームするメリット

外装は私たちにとって服やアクセサリーのようなものです。外装をしっかりと整備することで見栄えがよくなります。外装を充実させれば、人に自慢できる家になるはずです。
また、外壁・屋根の塗料を塗り替て劣化している部分を補修すれば、家を長持ちさせることにもつながるでしょう。さらに、最近では断熱性能を持つ塗料や空気清浄機能を持つ塗料など、住宅の価値や生活のクオリティを高めるメリットもあります。

2.外装リフォームの内容について

外装リフォームで最も多いのは外壁や屋根の工事です。そこで、この項目では外壁・屋根に焦点を当てて説明します。

2-1.主な壁材の種類

2-1-1.サイディング

サイディングは板状外壁材の総称で、最もポピュラーな壁材です。「窯業系(ようぎょうけい)」と「金属系」の2種類に大別されます。窯業系(ようぎょうけい)はセメントや繊維質などを主な原料として作られたもの、金属系は鉄やアルミニウムなどの板材を発砲系樹脂断熱材で覆ったもののことです。窯業系(ようぎょうけい)も金属系も耐久性・耐火性・断熱性などに優れ、工場生産のため品質が一定で、値段も比較的安いことから高い人気があります。

2-1-2.ALC

ALCは「autoclaved light weight concrete」の略で、軽量気泡コンクリートとも呼ばれています。コンクリート特有の高い耐火性・耐久性・対候性に加え、従来のコンクリートに比べて軽く断熱性も高いのが特徴です。ただし、初期費用が高いのがネックとなっています。

2-1-3.タイル

タイルは粘土と砂利を主原料として焼き固めた壁材です。防汚性・耐久性・耐候性が高いという特徴がありますが、その反面割れやすいという難点もあります。大きな地震などが発生するとひび割れたり剝がれ落ちたりする可能性があるでしょう。

2-1-4.モルタル

砂とセメントと水を混ぜて固める壁材です。固まるまでは液状なので、デザインなどを自由にできるのが特徴となります。ただし、耐久性や防汚性など、性能面では高くありません。

2-1-5.土塗り

粘土・土・藁(わら)すさなどを主原料とした外壁で、数十年前までは最も一般的な壁材でした。しかし、耐火性・耐震性・耐久性などが低いことから、近年ではめったに採用されることはありません。

2-2.主な屋根材の種類

2-2-1.日本瓦

粘土を主原料に焼き固めた日本古来の屋根材で、現在でも純和風の家などで使われています。強度が高く、50年という長い寿命も持ち合わせている屋根材です。その反面、とても重く家に負担がかかります。さらに、割れやすいので地震などが起きると被害が大きくなるのも難点です。

2-2-2.セメント瓦

セメントと砂を主原料として作られた瓦です。寿命が40年と日本瓦に比べて短いのですが、デザインや形状などが自由なのがメリットとなります。

2-2-3.化粧スレート

セメントと合成繊維を主原料とした屋根材で安価なことから、最も普及している屋根材の一つです。その代わり、強度はあまり高くなく、寿命も25年程度しかありません。

2-2-4.ガルバリウム鋼板

ガルバリウム鋼板はアルミニウム・亜鉛合金のメッキ鋼板です。金属製ですがトタンの6倍のさびにくさを持っています。寿命も50年以上と長くメンテナンスも必要ありません。さらに、非常に軽いため家の負担を最小限に抑えることができる、とても優れた屋根材です。ただし、硬度は高くないので、ほかの屋根材に比べてへこみやすいというデメリットがあります。

2-2-5.銅板

昔はよく使われていた屋根材です。現在では一般家屋では使用されなくなりましたが、歴史のある家屋や寺社仏閣などでは使われています。寿命が60年と長いのが特徴ですが、その反面へこみやすいのが難点です。

2-3.デザインや色について

最近は、需要もあってどの外装材も比較的自由なデザインや色を決めることができます。メーカーなどによっても違うので詳しくはメーカーホームページを参照してください。

2-4.最近の傾向

壁材であればサイディングが一番人気です。しかし、最近はALCも人気があります。屋根材なら化粧ストレートが人気です。

2-5.外装補修について

外装の補修もリフォームに含まれます。小さなひび割れ程度なら、塗料の塗り替えや補修材の充塡などで補修を行うのが一般的です。

3.外装リフォームの方法

3-1.リフォームの時期

リフォームの内容などによりますが、春や秋などに行うのが一般的です。たとえば、塗料の塗り替えの場合、夏は乾燥が早すぎてムラができることがあり、冬は乾燥不良を引き起こすことがあります。その点、春や秋は気温が高すぎず低すぎないのでちょうどよいのです。特に、秋は天候が安定しているのでおすすめします。

3-2.まずはどんなふうにしたいかを決めよう

リフォームを始める前に、まずはリフォームのコンセプトを決めることが大切となります。コンセプトを固めずに始めてしまうと、後から気にいらない点が出てきてしまうからです。たとえば、コスト面を一番に考えるのか、それとも性能を一番に考えるのか、あるいはデザインを一番に考えるのか、しっかりと考えておきましょう。

3-3.リフォームの流れ

  1. 見積もりの依頼
  2. 家の診断を行い見積もりを提示
  3. 契約
  4. 近隣への工事の説明
  5. 足場の組み立て
  6. 工事開始
  7. 工事完了
  8. お客様による仕上がりの確認
  9. 直し作業
  10. 足場の撤去
  11. 清掃
  12. 完了

3-4.費用相場

家の大きさやリフォーム内容によっても違いますが、たとえば外壁の塗り替えなどでも50~100万円程度かかるでしょう。しかし、金額が大きいからこそ、業者によって工費は万単位で変動します。複数の会社から見積もりを取って比較し、条件の良い業者を見つけましょう。

3-5.見積もりについて

業者にもよりますが、見積もりは無料です。たとえば、テンイチでは見積もりは無料ですし、見積もりの金額に納得がいかなければ断ることもできます。安心してご依頼ください。

4.外装リフォームの業者選び

4-1.選び方のポイント

4-1-1.対応がよいかどうか

できれば業者と直に会うのが一番ですが、できなければ電話で話してみることで対応の良しあしを把握できます。たとえば、質問に答えられなかったりはぐらかしたりする業者は避けたほうがよいでしょう。どんな質問にもしっかり答えてくれる業者は優良業者の可能性が高くなります。

4-1-2.アフターフォローやメンテナンスの有無

どれだけ条件のよい業者でも、アフターサービスがしっかりとしていない業者はおすすめできません。なぜなら、仕事を適当にされてしまったときに困ってしまうからです。泣き寝入りしないためにも、アフターサービスがどうなっているか必ず聞いておきましょう。

4-2.悪徳業者に注意しよう

たとえば、塗料を必要以上に薄めたり、壁・屋根材などを申告したものよりも安いものを使って偽装をしたりする悪徳業者がいます。業者ホームページを確認し、どのような業者なのかをしっかりと把握してから依頼しましょう。また、口コミを調べたり、業者のSNSやブログなどを見てみたりするのも一つの手です。
ちなみに、優良業者の多くは施工例を必ず写真付きでホームページに掲載しています。実際に仕事を見てもらえれば、自社を選んでもらえる自信があるからです。逆に、仕事に自信のない悪徳業者の多くは施工例を掲載していません。仮に掲載していても、文章だけだったりお客様の感想だけだったりします。業者を選ぶ際には、施工例が写真付きで掲載されているか確認してみてくださいね。

5.よくある質問

Q.一般住宅以外でも外装工事は依頼できますか?
A.工事の規模が大きすぎる場合、業者によっては請け負えない場合もあるでしょう。一般住宅と同程度の規模なら、商業施設などでも問題ありません。

Q.おすすめの外装工事は何ですか?
A.塗料の劣化や外壁のひびなどは、家の寿命に直結します。ですので、塗り替えや補修は特におすすめです。

Q.工事はどのぐらいかかりますか?
A.リフォームの内容にもよるでしょう。たとえば、塗装の塗り替え程度であれば1週間程度かかります。門の設置やアプローチの敷設などなら、1~3日で可能です。

Q.塗装はどのぐらいもつのでしょうか?
A.塗る塗料によって5~20年と大きく違います。寿命が長い塗料ほど、単価が上がるでしょう。ちなみに、高い塗料の中には空気清浄効果や断熱効果を持つものなどもあります。

Q.外壁塗装の塗り替えの目安はあるのでしょうか?
A.白亜化(チョーキング)といって、塗装の表面に白い粉が付着するようになると塗料が劣化しているサインです。塗料の性能がほとんど発揮されない状態になっているので、できる限り早く塗り替えたほうがよいでしょう。

まとめ

いかがでしたか? 今回が外装リフォームに関する情報をご紹介しました。私たちにとって最も大切な財産ともいえる家ですから、後悔しないようにしっかりとコンセプトを決めてからリフォームを行わなければいけません。ぜひ、今回の記事を参考にして、リフォームを検討してみてくださいね。


最長10年の工事保証付きで施工後も安心!