中古マンションのリフォームはお任せ! リノベーション成功のコツは?


理想のマンションを手に入れたいと思うなら、中古マンションをリフォームすることを考えてみましょう。中古マンションは新築マンションに比べて価格が安いため、立地条件などが有利になります。ただし、中古マンションのリフォームには、コツやセンスが必要です。しかし、実際にどんな工事を依頼するといいのか、どこに相談するべきかなど、知らないことも多いでしょう。そこで、今回は、中古マンションのリフォーム・リノベーションについて詳しく解説します。

  1. 中古マンションのリフォームについて
  2. リフォームしやすい中古マンションとは?
  3. 中古マンションのリフォーム方法
  4. 中古マンションリフォームの費用や工期
  5. 中古マンションのリフォームでよくある質問

この記事を読むことで、中古マンションのリフォームについて詳しく分かります。まずは、記事をじっくり読んで参考にしてください。

1.中古マンションのリフォームについて

最初に、中古マンションのリフォームについて詳しく解説します。

1-1.中古マンションのリフォームやリノベーションとは?

手頃な価格で中古マンションを購入し、リフォームやリノベーションで理想の住まいを実現する人が増えています。理想の条件を求めて賃貸物件を転々とするよりも、思いきって中古マンションを購入してリフォームやリノベーションを行うほうがいいという考えです。部分的にリフォームするだけでなく、壁を取り払って本格的な間取り変更をする大型リフォームを行う例も増えています。

1-2.中古マンションのリフォームの魅力や特徴

中古マンションのリフォームの魅力や特徴は、以下のとおりです。

  • 自由にリフォームやリノベーションができる
  • 新築物件の購入より安い

2.リフォームしやすい中古マンションとは?

リフォームしやすい中古マンションを選ぶのにも、いくつかのコツがあります。

2-1.中古マンションのチェックポイント

価格が安くても、条件が悪い中古マンションを購入するのでは後悔します。以下のチェックポイントを参考に、リフォームしやすい物件を選んでください。

  • 耐震性は十分にあるか
  • 水回りに不備はないか
  • 管理規約はどうなっているか

特に忘れがちなのがマンションの管理規約のチェックです。せっかく購入しても規約によってリフォームに制限があるのでは困ります。

2-2.リフォーム前に決めておくことや準備

中古マンションのリフォーム前には、以下のことを決めておきましょう。

  • 予算(調達方法を含む):リフォーム予算はいくらまで用意できるか
  • リフォームの範囲:全体か部分的か
  • リフォームの時期:購入と同時か・購入後期間が空(あ)くか
  • リフォームの内容:具体的にどこをどんなふうにリフォームするか
  • リフォーム業者の選定:どの業者に依頼するか

2-3.立地条件や周辺環境もチェック

リフォームのしやすさを重視するだけでなく、立地条件や周辺環境についてもきちんと調べておきましょう。理想的な住まいを手に入れることができたが、通勤が大変になって毎日疲れてしまうといった例もあります。閑静な住宅街でゆったり過ごせる反面、夜は人どおりが少なくてひとり歩きが怖いとデメリットもあるでしょう。リフォーム前の印象と実際に住んでからのギャップが大きいと、せっかくリフォームしても満足度が下がってしまいます。

3.中古マンションのリフォーム方法

中古マンションのリフォーム方法について、全面リフォーム・部分リフォーム・目的別リフォームに分けて解説します。

3-1.全面リフォーム

物件を丸ごとリフォームする方法で、ほとんど元の物件とは別ものになることが特徴です。全面リフォームには、以下のような種類があります。

  • スケルトンリフォーム:住宅の外枠だけを残して全面リフォームすること
  • リノベーション:単にリフォームするだけでなく、新たな機能性を追加すること

3-2.部分リフォーム

中古マンションでも、気になる部分を中心にリフォームすることもできます。手軽にできて予算を抑えられるのがメリットです。たとえば、以下のような部分をリフォームするケースが多いでしょう。

  • キッチンの入れ替え
  • 水回りのリフォーム
  • 和室から洋室への交換(もしくは逆のパターン)
  • 子ども部屋の制作
  • 床や壁のリフォーム
  • 収納の制作

3-3.目的別リフォーム

そのほかにも、以下のような目的でリフォームすることもできます。

  • バリアフリーリフォーム:高齢者や体が不自由な人が暮らしやすくする
  • エコリフォーム:光熱費の削減し、省エネ化を目的としたリフォーム

4.中古マンションリフォームの費用や工期

中古マンションリフォームの費用や工期について解説します。

4-1.中古マンションのリフォーム工事の流れ

中古マンションのリフォーム工事の流れは、以下を参考にしてください。

  • 資金計画を立てる
  • 中古マンションの物件探し
  • 物件の売買契約を結ぶ
  • 住宅ローンの申し込み・審査・契約
  • リフォーム業者選び・契約
  • リフォーム内容の打ち合わせ・決定
  • リフォーム工事開始
  • リフォーム工事終了

4-2.中古マンションのリフォーム費用の相場・工期

中古マンションのリフォーム費用の相場は、以下を参考にしてください。実際にかかる費用については、業者に見積もりをもらって確認しておきましょう。

  • キッチンの入れ替え:40~100万円程度
  • 風呂のリフォーム:40~80万円程度
  • トイレのリフォーム:10~30万円程度
  • クロスの張り替え:1㎡につき1,500円程度~
  • 床の張り替え:1㎡につき6,000円程度~
  • 収納の制作:50万円程度~
  • 子ども部屋の制作(間取り変更):10~20万円程度

部分的なリフォームの場合は、1日で終わることもあります。ただし、複数の場所のリフォームや全面リフォームになると数週間~数か月程度かかることが多いので業者に確認してください。

4-3.中古マンションのリフォーム業者選びのポイント

中古マンションのリフォーム業者は、以下のポイントを基準に選ぶといいでしょう。

  • 中古マンションのリフォーム・リノベーションで多数の実績がある
  • 依頼者の希望に添ってセンスのいい提案ができる
  • 担当スタッフが親切で丁寧な対応をしている
  • 見積もりは無料
  • リーズナブルな費用設定
  • 希望の工期を最大限考慮してくれる
  • 利用者からの評判がいい
  • 手厚い保証制度がある
  • アフターフォローがしっかりしている

なお、当テンイチでも中古リフォームのご相談をお受けしています。まずは、お気軽にご連絡ください。

5.中古マンションのリフォームでよくある質問

最後に、中古マンションのリフォームでよくある質問に回答します。それぞれ役立つので参考にしてください。

Q.中古マンションのリフォームで大きなワンルームにすることは可能?
A.物件によります。外枠だけにして耐震性が下がる場合や、上下階と共通の柱がとおっている場合などは、撤去が難しいこともあるので業者に相談してみてください。

Q.中古マンションのリフォームは長持ちしないのでは?
A.物件の状態やリフォームの方法によっても違います。築年数が古い中古マンションの場合は、マンション自体の寿命が短いことも影響するでしょう。

Q.将来再リフォームをするためにやっておくといいことは?
A.業者に相談し、将来再び変更しやすい間取りにリフォームしておくといいでしょう。また、今は子ども部屋がほしいけど、将来は夫婦2人で住みやすいようにしたいなど、理想のプランを考えておいてください。

Q.日当たりの悪さが気になる物件は避けたほうがいい?
A.日当たりの悪さは、生活の質に大きく影響するので避けたほうがいいでしょう。立地や価格の条件がいいのに安い物件によくあるパターンです。洗濯物が乾きにくい・カビが発生しやすい・気分が滅入(めい)るなど、リフォームをしてもデメリットをぬぐいきれない可能性があります。

Q.中古マンションでもリフォームすれば売りやすくなる?
A.必ずしも売りやすくなるとは限りません。中古マンションが売れるためには、買う人にとって立地・環境・価格・間取りなどの条件が整っている必要があります。もしも将来転売を考えているのなら、多くの人が気にする水回りを中心にしっかりリフォームするといいでしょう。

まとめ

今回は、中古マンションのリフォームについて詳しく解説しました。中古マンションも、リフォームを工夫することで理想の住まいを手に入れることができます。まずは、理想を実現するためにどんなリフォームが必要か具体的に考えてみましょう。ただし、条件によっては希望どおりにできないこともあるものです。実際には、実績豊富な業者に相談しながら進めることをおすすめします。親切でセンスがいい業者なら、実例を例示しながら理想の実現に協力してくれることでしょう。


最長10年の工事保証付きで施工後も安心!