屋根のリフォームはお早めに! 屋根材の種類や工法について徹底解説


屋根のリフォームには、さまざまな工法があります。工事を依頼する前は、それぞれの工法と特徴を把握しておき、自分の家はどれが最適な工法なのかを知ることが大切です。また、工事を安心して進めるためには、屋根のリフォームを依頼する業者の見極め方もポイントになります。今回は、屋根のリフォームに関する情報です。

  1. 屋根のリフォームについて
  2. 屋根の劣化事例
  3. 屋根のリフォーム・種類
  4. 屋根のリフォーム工事について
  5. 屋根のリフォームでよくある質問

この記事を読むことで、屋根のリフォームについてよく分かります。屋根は経年劣化が起こるため、定期的なメンテナンスが必要です。屋根のリフォームを検討している方は、工事を依頼する前にご一読ください。

1. 屋根のリフォームについて

屋根のリフォームとはどのようなものか、リフォームするメリットなどを解説します。

1-1.屋根リフォームとは?

屋根は紫外線や風雨にさらされる場所です。劣化が進みやすく、ひび割れや塗膜のはがれが生じると、雨漏りなどを起こす場合があります。屋根の劣化を防ぐため、塗料の塗り替えや葺(ふ)き替えなどリフォームが必要です。近年は、軽量でカラーバリエーションが豊富なスレートや、耐用年数の長いガルバリウムに人気が集まっています。

1-2.屋根リフォームの必要性・メリット

既述したとおり、屋根は劣化が進みやすい場所です。定期的に屋根のメンテナンスを行うことで、雨漏りなどの被害に遭うことなく、家を守り続けることができます。屋根のリフォームは、家の美観を取り戻し、快適な住環境にすることができるのもメリットです。劣化が進む前に対処しておけば、補修範囲も少なく、出費を抑えることができるでしょう。そのためには、屋根材の耐用年数を知ることが大切なのです。

1-3.耐用年数について

屋根の材質により、耐用年数には差があります。たとえば、スレートなら15〜25年、ガルバリウムなら30〜50年、瓦なら50年が平均的な耐用年数です。しかし、メンテナンスの目安は耐用年数より短めに見ておき、劣化やトラブルが起こる前にきちんとリフォームを行うようにしましょう。また、定期的な点検も必要です。

1-4.リフォームする時期について

豪雨や強風は、屋根に大きなダメージを与えます。台風や春一番などの風災が予想される前に、必ず点検を受けるようにしましょう。傷んでいる箇所をチェックしてもらい、本格的な台風シーズンや強風時期にあたる前にリフォームを終えるのが理想です。

2.屋根の劣化事例

屋根の材質別に、劣化の事例を見ていきましょう。

2-1.スレート

スレートで起こりやすいのは、コケやカビの発生です。スレートは色あせなども併発するため、屋根の見栄えが大きく損なわれます。カビは内部まで侵食する場合が多いので、躯体(くたい)への影響も考慮し、早めにリフォームを検討しましょう。スレートとコロニアルは同じ種類のもので、スレートは主に工場や倉庫の屋根に用いられることが多いシンプルな色合いのものです。

2-2.トタン

トタンはもともと耐用年数が10〜20年と短めです。経年劣化でトタンそのものが朽ちてしまうことが多くなっています。トタンは金属でできているため、サビの発生リスクも高いでしょう。サビなどは雨漏りの原因となるため、建物まで影響がおよぶ前に修繕をするようにしてください。

2-3.ガルバリウム

ガルバリウムはサビに強いとされています。しかし、ガルバリウムもトタンと同様に金属でできているため、風雨・潮風・キズなどの影響を受けることが原因で、劣化した箇所からサビが発生するので注意してください。

2-4.コロニアル

コロニアルはクボタが販売を開始したスレートです。カラーバリエーションが豊富なのが特徴となっています。経年劣化に弱く、ひび割れが生じやすい材質です。屋根材表面だけの傷みなら、モルタルやコーキングを使った補修方法を行う場合が多いでしょう。しかし、屋根材の下まで被害がおよんでいる場合は、葺(ふ)き替えが必要になるケースもあります。

2-5.リフォームすべき症状

雨漏りが起きたら、すぐにリフォームを行いましょう。わずかな雨染(じ)みでも、見つけた場合は業者による点検と診断を受けてください。雨漏りはカビの発生を招くばかりではなく、建物の躯体(くたい)が劣化や、木材などが腐敗する場合があるため、早急な対応が求められます。小さな雨染(じ)みでも、内部まで浸水していることを示すサインなので、放置しないことが大切です。

3.屋根のリフォーム・種類

屋根のリフォーム工法をご紹介します。

3-1.葺(ふ)き替え

屋根の葺(ふ)き替えは、既存の屋根を撤去し、新たな屋根材を設置する工法です。葺(ふ)き替え時は、雨どいなどの付帯物の撤去も必要になります。瓦からガルバリウムやスレートへの変更も可能です。傷み具合によっては、基盤となる野地板の交換も行います。既存の屋根を撤去して新しい屋根を設置するため、屋根が軽量で建物への負担が少ないのがメリットです。しかし、同じ材質での葺(ふ)き替え工事の場合は、屋根材の重量は変わりません。

3-2.カバー工法

現在主流となっているのは、カバー工法です。スレートやコロニアルなどの平板屋根材の上から軽量の屋根材を貼りつける方法で、重ね葺(ぶ)きとも呼ばれています。既存の屋根を撤去する費用を削減できるのがメリットです。また、屋根材が2重構造に仕上がるため、断熱効果が上がるのも魅力でしょう。

3-3.防水工事

防水工事には、シート防水・塗膜防水・アスファルト防水の3種類があります。塩化ビニール樹脂のシートかゴムシートを貼りつけるのが、シート防水です。塗膜防水にも2種類あり、ウレタン防水とFRP防水があります。ウレタン塗料の塗膜で覆うのがウレタン防水、ガラス繊維プラスチックで5層の防水層を作るのがFRP防水です。アスファルト防水は、アスファルトを合成繊維不綿布に含まて、コーティング済みのシートを重ねて防水膜を作る工法となっています。

3-4.リフォーム内容の決め方

屋根のリフォームは、屋根の状態・依頼者の希望・予算によって、工法が変わってきます。特に、現状の把握が工法を決めるためにとても重要なポイントで、重度のダメージを受けている場合は、葺(ふ)き替えなど大がかりな工事を要する場合もあるでしょう。予算や希望を伝え、業者とよく相談しながら工法を決めることが大切です。また、屋根の材質によって耐用年数が異なるため、メンテナンスの間隔やお手入れのしやすさも考慮して屋根材を選びましょう。

3-5.業者のアドバイスをよく聞くこと

屋根のリフォーム時は、費用面が気になってしまうと思います。しかし、業者による診断を受け、傷み具合などをしっかり確認してもらい、家の構造や強度に見合う工法を提案してもらうことが大切です。屋根のリフォームで納得できる仕上がりにするためには、自分の希望も伝えつつ、業者のアドバイスもよく聞き入れるようにしてください。

4.屋根のリフォーム工事について

屋根のリフォームを行う業者の選び方や、費用を抑えるコツなどをご紹介します。

4-1.業者の選び方

業者によって得意分野があるため、屋根のリフォームに力を入れている業者を選ぶようにしましょう。リフォームの実績が豊富で、専門知識をしっかり持っている業者なら、安心して依頼することができます。屋根のリフォームは、建物の劣化を防ぐ重要な工事です。そのため、現地調査で現状を把握し、適切な工法を見抜く技術が問われます。業者の実績などを見て、納得できる仕上がりかどうかを確認してください。現地調査や見積もりを無料で行う業者が多いので、担当者の対応なども見て判断するといいでしょう。

4-2.リフォーム費用の相場

屋根のリフォーム費用は、使用する屋根材・施工範囲・工法などによって変動があります。そのため、見積もりで費用を比較することが大切です。業者によって屋根材の単価が違う場合もあります。また、費用削減ができるポイントもまちまちなので、よく見比べて相場を探るようにしましょう。

4-3.費用を抑える方法

屋根のリフォーム費用を抑えるコツは、複数の見積もりを比較し、工事費用の安い業者に依頼することです。とはいえ、安すぎる業者は、手抜き工事をする場合があります。サービス内容と費用を含めて、納得できる料金かどうかを考えることが大切です。費用面ばかりに気を取られず、アフターフォローなど施工後のサービス面もきちんと確認して決めましょう。

4-4.火災保険の適用について

台風や強風などの風災被害で屋根のリフォームが必要になった場合、火災保険で修繕を行うことができます。火災保険の申請をするときは、加入している保険会社の申請用書類(保険金請求書・事故状況説明書)に必要事項を記入して提出するだけです。代理店をとおすより、自分で申請したほうが時間が短縮できていいでしょう。業者に作成してもらった修理見積書と被害状況写真を、保険会社の申請書類に添付し提出してください。また、風災被害による修繕を要した場合、被害に遭った日から3年以内に申請すれば、保険金を受け取ることができます。3年を過ぎて無効とならないよう、早めに申請するようにしましょう。

4-5.屋根のリフォーム工事について

屋根のリフォーム工事は、工法や規模によって工事期間が異なります。あらかじめ業者としっかり打ち合わせをし、工事の手順や期間を把握しておくようにしてください。また、工事期間が長引くケースなどの説明も受け、工事が始まってから慌てないようにしましょう。

5.屋根のリフォームでよくある質問

屋根のリフォームに関する質問を集めました。依頼前にご一読ください。

Q.屋根の塗り替えはDIYでできないのか?
A.屋根の塗り替えは、傷んでいる箇所の修繕など技術を要する作業であるため、DIYでの施工は避けましょう。ひび割れなどを埋めずに塗った場合、雨漏りが改善されません。そのため、改めて業者に依頼するなど、二度手間となることが考えられます。無駄な労力を費やすより、確かな技術を持った業者に依頼したほうが安心です。

Q.雨漏りが原因でシロアリが発生することもあるのか?
A.雨漏りによる被害は、浸水だけではありません。雨水が天井から壁に伝い、柱など家全体の腐食を引き起こします。ジメジメした環境は、シロアリが繁殖しやすいため、対処が遅れると家が倒壊することもあるでしょう。雨漏りを見つけたら、必ず業者に相談してください。

Q.避けたほうがいい業者とは?
A.現地調査を終えた後、契約を急ごうとする業者は避けるべきです。技術力のある業者は、他社と比較してから決めてもらうなど、依頼者に考える時間を与えてくれます。契約を迫られても慌てず、複数の業者を比較して検討してください。

Q.カバー工法は、防水面で心配はないのか?
A.はい、問題ありません。既存物の上から防水処理をし、新しい屋根を貼りつけます。劣化部分の補修もしっかり行ってから施工するため、浸水などの心配はありません。

Q.リフォーム費用に大きく影響するものとは?
A.リフォーム費用に影響するのは、人件費です。安い業者の場合、職人の人数が少ない場合があります。人手が少なければ、1日でできる作業範囲が限られてしまうため、工事期間が長引く可能性もあるでしょう。人件費は必要経費として捉(とら)えてください。

まとめ

いかがでしたか? 雨漏りや風災があったときは、建物の劣化を防ぐため、早期に屋根のリフォームをしなければなりません。屋根は常に紫外線や風雨の影響を受け、特に劣化が進みやすい場所です。屋根材ごとの耐用年数を理解し、耐用年数を迎える前に、屋根のリフォームを考えるようにしましょう。リフォーム業者は、現地調査をしっかり行い、的確なアドバイスをしてくれるところを選ぶことが大切です。費用面ばかりを見て決めず、技術力や対応などが優れている業者を見極めてください。


最長10年の工事保証付きで施工後も安心!