住まいのコンシェルジュ

システムキッチンの選び方は? 知っておきたい種類や形状を徹底解説


システムキッチンは毎日使うものだからこそ、こだわって選びたいですよね。とはいえ、さまざまな種類があるため、選び方で迷うことがあるでしょう。システムキッチンの種類や選び方のポイントなどをご紹介します。

  1. システムキッチンを選ぶ前に確認しておくこと
  2. システムキッチンにはどんな種類がある?
  3. システムキッチンの選び方に関するポイント
  4. システムキッチンの施工会社を選ぶポイント
  5. システムキッチンの選び方でよくある質問

システムキッチンは、使い勝手だけでなく、インテリアになじむよう色選びも重要となります。新築やリフォームをきっかけに、システムキッチンの導入を検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

1.システムキッチンを選ぶ前に確認しておくこと

まず、システムキッチンを選ぶ前に確認しておきたいことをご紹介します。

1-1.高さ

システムキッチンは、身長に見合う高さを選ぶことが大切です。身長÷2+5cmで算出した高さが適切とされています。低すぎると姿勢が悪くなり、高すぎると作業に支障をきたすものです。実際にショールームに足を運び、高さを体感してみるといいでしょう。

1-2.ウォールキャビネットの収納サイズ

システムキッチンは、ウォールキャビネットの収納サイズを選ぶことができます。収納力を求める場合は、ロングサイズのキャビネットを選びましょう。キッチンはすっきりとした印象にしたいという場合は、ショートサイズのものがおすすめです。

1-3.キッチンの間口

システムキッチンを導入する際に重要なのは、キッチンの間口です。間口サイズを測っておき、適切な長さのものを選びましょう。また、間口サイズを知ることで、形状を選ぶ際の参考になります。

2.システムキッチンにはどんな種類がある?

システムキッチンの種類についてご紹介します。

2-1.形状

システムキッチンには、大きく分けて3つの形状があります。I字型・L字型・対面型です。I字型は最もベーシックな形状で、低予算で導入できるメリットがあります。L字型は収納量がお多いのに加え、作業スペースが広いのが魅力です。対面型はおしゃれなデザインで、リビングとの一体感が生まれます。家族とコミュニケーションを図りながら、調理を楽しみたい方に人気があるデザインです。

2-2.メーカー

システムキッチンは、メーカーによってそれぞれ特徴が異なります。国内主要メーカーは、リクシル・パナソニック・クリナップ・タカラスタンダード・TOTOなどです。カタログなどで比較し、求める機能や色などがあるメーカーを選択する方法もあります。

2-3.ワークトップの素材

作業スペースとなるワークトップは、ステンレス・人工大理石・セラミックなどの素材が使われています。お手入れのしやすさや耐久性などに違いがあるため、特性を理解して選ぶことが大切です。

2-4.機能もそれぞれ異なる

システムキッチンは、それぞれ機能が異なるため、ニーズに見合う機能が搭載されたものを選びましょう。熱源はガスもしくは電気から選ぶことができます。オール電化住宅では、電気を選ぶケースが多いでしょう。水栓はシャワーヘッドがついているものなら、掃除の際にも便利です。また、浄水器一体型のものもあります。家事の時短を優先したい場合は、食器洗い乾燥機が搭載されたシステムキッチンがおすすめです。

3.システムキッチンの選び方に関するポイント

システムキッチンを選ぶときのポイントをご紹介します。

3-1.作業スペースを考える

システムキッチンは作業スペースがしっかり確保されていることが大切です。調理だけでなく、盛りつけの際にお皿を置くスペースがあるかなど、普段の使い方を想像しながら選びましょう。また、2人で使う場合でも狭くならないよう、カウンター内に十分な空間があることもポイントとなります。

3-2.通路の邪魔にならない

システムキッチンの形状を選ぶ際は、通路の邪魔にならないものを選びましょう。現状だけで判断せず、車椅子などを使うことになっても、スムーズに行き来できる空間を残しておくことが大切です。

3-3.食器棚や冷蔵庫などを考慮する

システムキッチンを選ぶときは、食器棚や冷蔵庫などを考慮し、サイズや配置を考えましょう。食器棚や冷蔵庫はなるべく近くに置き、スムーズに作業ができるようにすることが大切です。また、システムキッチンの収納開閉時に、食器棚や冷蔵庫にぶつからないように注意してください。

3-4.ほかのインテリアと色味を合わせる

システムキッチンは、カラーバリエーションが豊富です。ほかのインテリアと色味を合わせるか、飽きのこないスタンダードな色を選ぶことをおすすめします。色は、実際にショールームに足を運び、自分の目で確認しましょう。

4.システムキッチンの施工会社を選ぶポイント

システムキッチンを導入する際は、施工会社選びも大切なポイントとなります。どのような点に注意して選べばいいのでしょうか?

4-1.現地調査をしっかり行ってくれる

システムキッチンの導入は、現地調査がとても大切です。間口サイズ・通路の幅・動線などを確認してもらい、適切なアドバイスをしてもらいましょう。

4-2.実績が豊富な業者

リフォームや注文住宅にシステムキッチンを数多く導入し、実績が豊富な業者なら安心です。過去の事例を交え、さまざまな提案をしてもらえます。色やデザインで迷った際も、相談に乗ってくれるでしょう。

4-3.アフターフォローがしっかりしている

システムキッチンの導入後は、不具合やトラブルなどが心配です。アフターフォローがきちんとしている業者なら、施工後のトラブルがあっても、保証期間内なら無償対応してくれるでしょう。アフターフォローの内容や期間は、業者によって異なります。契約前に確認し、充実した保証を用意しているところを選びましょう。

5.システムキッチンの選び方でよくある質問

システムキッチンの選び方に関する質問を集めました。

Q.システムキッチンを導入後のイメージが知りたい場合は?
A.業者に相談し、パソコンでシミュレーションしてもらいましょう。デザインだけでなく、作業スペースや導線などを確認する資料になります。シミュレーション後に、メーカーやデザインを変更することも可能です。

Q.ダイニングキッチンにシステムキッチンを導入する場合、空間が狭くならないか心配な場合は?
A.壁につけて配置するタイプを選びましょう。システムキッチンが空間を圧迫せず、広々と使うことができます。ダイニングキッチンの広さに合わせ、長さを考えることも大切です。

Q.システムキッチンのパーツをカスタマイズでオーダーすることは可能か?
A.メーカーによっては可能です。使い勝手がいいパーツに交換することで、機能が向上します。食器洗い乾燥機の位置変更などができる場合もあるでしょう。業者に希望を伝え、ニーズに見合う提案をしてもらいましょう。

Q.施工会社では、見積もりや現地調査に費用がかかるのか?
A.業者によって異なります。相談は無料で受けつけている場合がほとんどです。複数の業者を検索し、電話で問い合わせてみましょう。株式会社テンイチでは、相談窓口を設置しています。ホームページのメールフォームを利用し、お気軽にご相談ください。

Q.予算が決まっている場合は事前に伝えるべきか?
A.予算に上限がある場合は、見積時に伝えましょう。予算に応じたデザインをピックアップしてもらえます。また、複数の業者から見積もりを出してもらい、比較検討することが大切です。ただし、費用の安さだけでなく、アフターフォローなどにも目を向けて業者を選びましょう。

まとめ

システムキッチンは、作業スペースや動線などを考慮し、使い勝手がいいデザインを選ぶことが大切です。また、メーカーごとに特色が異なるため、事前にしっかりリサーチしておきましょう。実際にショールームに足を運び、デザイン・色・高さなどを確認してください。施工会社は、実績豊富でアフターフォローが万全なところが安心です。複数の業者を比較し、良心的な業者を選びましょう。