住まいのコンシェルジュ

マンションのキッチンをリフォームする際のポイントと注意点は?


マンションのキッチンリフォームにはさまざまな種類があります。まずは、何のためにリフォームをするのか、目的を明確にすることが大切です。また、理想のキッチンにできるか否かは、リフォーム業者の腕にかかっているところもあります。しかし、どの業者にリフォームを依頼すべきか、事前に確認すべきことは何なのか疑問に感じる方は多いでしょう。

そこで、本記事では、マンションのキッチンリフォームについて必要なポイントを解説します。

  1. マンションのキッチンリフォーム前に確認すべきこと
  2. マンションのキッチンリフォーム〜種類〜
  3. マンションのキッチンリフォーム〜費用相場〜
  4. マンションのキッチンリフォームはどこに依頼すべきか?
  5. マンションのキッチンリフォームに関してよくある質問

この記事を読むことで、マンションのキッチンリフォームに必要なポイントや注意点などが分かります。気になっている方はぜひ参考にしてください。

1.マンションのキッチンリフォーム前に確認すべきこと

最初に、マンションのキッチンリフォームを行う前に確認すべきことを解説します。

1-1.リフォーム目的を明確にする

キッチンのリフォームといってもさまざまな種類があるため、まずは何のためにリフォームを行うのか目的をハッキリさせることが大切です。たとえば、たくさんの調理器具を整理したいなら収納スペースを増やすリフォームがあります。今のキッチンで何が使いづらいのか・どこに不満を抱えているのか、問題点に注目するといいでしょう。問題点が分かれば、改善できるリフォームプランが見つかるはずです。改めて、現在のキッチンの使いづらさや不便な点をピックアップしてください。

1-2.大まかな予算を決める

リフォームの目的と併せて、大まかな予算を決めることも大切です。キッチンリフォームの範囲やプランは多種多様だからこそ、予算内で抑えられるように優先順位を決めましょう。あれもこれもと工事を依頼した結果、予算オーバーしてしまったという失敗談がよく耳をします。予算オーバーをせず、できるだけ費用をかけたくない方は家族で話し合い、優先順位を決めてください。そうすれば、取り決めた予算内でリフォームできるようになります。

1-3.大家または管理会社に確認する

マンションの多くは賃貸物件なので、自分の判断でキッチンをリフォームすることはできません。特に、水まわりのリフォームは、大家または管理会社に事前の連絡が必要となります。マンションの管理規約には、リフォームに関する条件が細かく設定されているのが一般的です。好きなようにリフォームができない箇所がたくさんあるので、事前に規約内容を把握しておかなければなりません。勝手にリフォームしないように注意してください。

2.マンションのキッチンリフォーム~種類~

マンションのキッチンリフォームには、どのような種類があるのでしょうか。

2-1.間取りやレイアウトを変える

マンションの規約がそこまで制限されていない場合、間取りやレイアウトを大きく変えることができるでしょう。キッチンリフォームの中でも、大がかりな工事となります。たとえば、I型キッチンから対面キッチンまたはアイランドキッチンに変更するなどです。間取りやレイアウトを大きく変える場合、壁の設置や撤去・排水管やガスの移動・電気工事などが必要になるでしょう。マンションのキッチンは種類やグレードによって異なるため、費用の確認が必要です。

2-2.キッチンの収納を増やす

マンションのキッチンリフォームで多いのは、キッチンに収納を増やすリフォームです。システムキッチンを入れ替えるだけでなく、収納だけを増やす場合は食器棚など収納家具の増設が効果的でしょう。水まわりのリフォームと違い配管工事の必要がないので、施工費用が安く期間も短くなります。ただし、マンションの場合は床下に空間がないため、床下収納の増設ができません。構造によっては床下収納ができるケースもありますが、事前に確認する必要があります。

2-3.換気扇・レンジフード・食器洗いなどの部分リフォーム

最小限に費用を抑えたい方は、換気扇・レンジフード・食器洗いなどの部分リフォームがおすすめです。部分リフォームするなら、ほとんどのマンションで可能になるでしょう。すでに、設置されている設備を新しくするだけなら、水道管にも影響を及ばさないので簡単にリフォームが可能です。また、ワンルームの部屋にあるようなミニキッチンの交換なら、部分リフォームとして行うことができるでしょう。キッチンがコンパクトサイズであるほど、費用も安くなります。

3.マンションのキッチンリフォーム~費用相場~

ここでは、マンションのキッチンリフォームがいくらかかるのか、費用相場を解説します。

3-1.平均費用は約50万~150万円

キッチンリフォームのプランや使用する素材などによって異なりますが、費用の目安は約50万~150万円です。マンションは一戸建てと違い、可能なリフォームが制限されているので費用もそこまで高くはありません。50万円以内でできるリフォームもあれば、150万円以上になるリフォームまで幅広くそろっています。一般的に、マンションのキッチンリフォームなら50万~100万円以内の範囲で十分に行うことができるでしょう。次に多い価格帯は、100万~150万円となっています。

3-2.50万円以内でできるキッチンリフォームを紹介

50万円以内でできるキッチンのリフォームとしては、部分的な工事が基本となります。たとえば、コンロ・レンジフード・食洗機の交換や設置などです。設備を新しいものに交換するだけなら、30万円以内で収まることができるでしょう。ただし、最新の設備にしたり、高価な素材を使ったりする場合は30万円以上になる可能性があります。部分的なリフォームといっても使用する素材と設備によって大きく異なるため、そこまで配慮することが大切です。

3-3.50万~150万円でできるリフォーム

キッチン全体を交換する工事は、平均費用の約50万~150万円で済ませることができます。新しく導入するシステムキッチンのサイズ・性能・グレード・壁紙・床材も張り替える必要があるか、どんな素材を使うのかによって費用が上下することになるでしょう。また、キッチンの位置変更に関しても、費用が割高になる恐れがあります。マンションの場合は、水道管の位置が決まっているのでその点もしっかりと考えてプランを練らなければなりません。

3-4.150万円以上になるキッチンリフォーム

水道・ガス・電気など大規模な配管工事が必要になるキッチンリフォームの場合は、150万円以上になる可能性があります。マンションの場合、あまりありませんが、キッチンを1階から2階に持っていく場合は200万~250万円を見積もったほうがいいでしょう。マンションがメゾネットタイプの場合、2階部分にミニキッチンを増設したいというケースがあります。その場合も新しく水道管を引かなければならなくなるので配管工事が必要となり、費用が高くなるでしょう。また、特注品や高級品を採用したり、広範囲で内装補修を行ったりする場合も150万円以上になる可能性があります。

4.マンションのキッチンリフォームはどこに依頼すべきか?

では、マンションのキッチンリフォームはどこに依頼すればいいのでしょうか。

4-1.リフォーム業者に依頼しよう

基本的に、リフォーム工事を行っている専門業者へ依頼することになります。さまざまなリフォーム業者がありますが、マンションのリフォーム工事に長(た)けている業者を選ぶのがポイントです。リフォーム業者の中には、きちんと正しい工事をせずに高額な費用を請求するという悪質な業者が存在しています。リフォームは手抜きしやすい工事だといわれているため、慎重に信頼できるリフォーム業者を選ぶことが大切です。理想のキッチンに仕上がるか否かは、業者の腕にかかっているといえるでしょう。

4-2.リフォーム業者選びのポイントをチェック!

どのリフォーム業者に依頼すればいいのか分からない場合は、以下のポイントに注目してください。

  • 施工事例がホームページ等に記載されているか
  • さまざまなリフォームプランを展開しているか
  • 無料相談や無料見積もりを行っているか
  • 実際に依頼した人の口コミや評判がいいか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • どのような質問にも分かりやすく説明してくれるか
  • 親身に相談にのってくれるか
  • 見積書の内容が具体的に記載されているか

上記のポイントを踏まえた上で、複数の業者を比較することが大切です。比較することで、悪徳業者が見極められるようになるでしょう。静岡県を中心にリフォーム業を展開している株式会社テンイチでは、無料相談を受けつけています。キッチンリフォームで悩んでいる方は、ぜひ1度ご相談ください。

4-3.訪問系のリフォーム業者に注意しよう!

リフォーム業者の中には、「今なら格安です」といった謳(うた)い文句で急に家にやってきてはリフォームをすすめる業者が存在しているので注意してください。訪問系のリフォーム業者は、悪徳業者の可能性があります。また、きちんと現場を確認せずにリフォームの提案をする業者にも要注意です。優良業者の多くは、しっかりと現在のキッチンを確認してから適切なリフォームプランを提案します。現場の状況をチェックせずにいきなり工事を始めようとする業者は疑いを持ちましょう。

5.マンションのキッチンリフォームに関してよくある質問

マンションのキッチンリフォームに関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.マンションのキッチンをリフォームするポイントは?
A.キッチンは家庭内で最も作業の時間が長いスペースとなるため、利用者の生活動線を第一に考えることが大切です。見栄えをよくしたい・コストをできるだけ削減したいとさまざまな要望があると思いますが、まずは生活動線を考えましょう。また、リフォーム業者との打ち合わせを入念に行うのも大切なポイントです。理想と仕上がりに差が生まれないためにも、しっかりと希望を伝えましょう。

Q.システムキッチンとセパレートキッチンの違いは?
A.システムキッチンは1枚の天板(ワークトップ)で流し台・調理台・収納・加熱器具といったパーツが組み合わさっているものです。1枚の天板でつながっているので、どのパーツも同じ高さとなります。一方、セパレートキッチンは各調理スペースが台ごとに独立しているのが特徴です。そのため、調理台や加熱器具の高さも別々で、それぞれ使いやすい高さに調節できます。

Q.キッチンリフォームにかかる時間はどれくらいか?
A.工事の内容によって異なりますが、簡単なリフォーム内容なら約1週間で終わるケースがほとんどでしょう。キッチンを新しいものに入れ替えたり、部分的にリフォームしたりするだけなら数日~1週間で工事が終わります。しかし、I型キッチンからアイランドキッチンに変える場合は約2週間、間取りを変更する大規模工事なら1~2か月かかる可能性があるので要注意です。もちろん、工事中はキッチンが使えなくなります。

Q.システムキッチン選びの注意点は?
A.マンションの場合、一戸建てよりもスペースに制限があるのでシステムキッチンのサイズに注意が必要です。大手メーカーならマンション用に小さめのサイズが用意されています。また、中には、組み替えることである程度、サイズを調整できるものもあるでしょう。サイズを間違えないように、現在のキッチンがどのくらいの大きさなのか、きちんと測ることが大切です。また、内装に関しても、キッチンは水滴が床や壁に飛び散ってしまうので防水タイプの床材を利用することをおすすめします。

Q.リフォーム工事中に注意すべき点は?
A.前述したように、リフォームは手抜きしやすい工事といわれているため、工事中もしっかりと作業を行っているか確認する必要があります。できれば、リフォーム前の状態と工事中の様子を写真に残しておくといいでしょう。後々のトラブルに対処できるはずです。

まとめ

マンションのキッチンリフォームには、さまざまなプランが用意されています。まずは、何のためにリフォームを行うのか目的を明確にすることが大切です。目的がハッキリすれば、最適なリフォームプランを選ぶことができるでしょう。また、リフォームは手抜きしやすい工事といわれているため、安心して依頼できるリフォーム業者を選ぶのも大切なポイントです。マンションのリフォーム実績があるか・丁寧で親身に話を聞いてくれるかなど、業者選びのポイントを押さえてくださいね。