住まいのコンシェルジュ

風呂の蛇口が水漏れする原因を紹介! 修理を依頼すべきケースは?


「風呂の蛇口から水漏れしている」とお困りではありませんか? 蛇口の水漏れを見つけたら慌ててしまう人がほとんどだと思います。しかし、水漏れの原因によっては自分で直すことも可能なため、まずは冷静に判断しましょう。

この記事では、風呂の蛇口から水漏れが起こる原因や対処法などをご紹介します。

  1. 風呂の蛇口から水漏れが起こる原因
  2. 水漏れを放置する問題点を紹介
  3. 自分で修理できるケースは?
  4. 専門業者に修理を依頼すべきケースは?
  5. 業者に依頼する際のポイント3つ
  6. 蛇口の水漏れに関するよくある質問

この記事を読むことで、蛇口の水漏れ修理を業者に依頼する判断基準や、修理業者選びの注意点などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.風呂の蛇口から水漏れが起こる原因

まずは、風呂の蛇口から水漏れが起こる原因をご紹介しましょう。

1-1.パッキンの劣化

蛇口の部品と部品のすき間を埋めるパッキンが劣化していると水漏れの原因になります。パッキンは時間とともに古くなり、ゴムが固くなってくるのです。すき間をうまくカバーできなくなり、水が漏れるようになってしまいます。

1-2.バルブの故障

水栓がレバータイプの場合、お湯と水を切り替えるバルブが入っています。このバルブが故障すると水をしっかり止めることができなくなり、水漏れを起こすようになるのです。

1-3.部品の破損

パッキンやバルブ以外の細かい部品が破損して水漏れを起こすこともあります。部品の破損は、経年劣化や外部からの衝撃が主な原因です。部品が売っていない場合は蛇口本体ごと交換しなければなりません。

2.水漏れを放置する問題点を紹介

蛇口の水漏れを放置するとどのような問題が起こるのでしょうか。

2-1.水道使用量が増えてしまう

水漏れが起こっていると常に水を使用している状態になるため、水道代が高額になってしまいます。少量の水漏れでも24時間水が出ている状態だと水道使用量は大幅に増えるでしょう。

2-2.カビが発生する

水漏れが起きていると家の中に湿気がたまり、カビが発生しやすくなります。壁や天井などにもカビが生えてしまうと見た目が悪くなるだけでなく、悪臭やアレルギーの原因にもなるでしょう。

2-3.階下に影響が及んでしまう可能性も

マンションやアパートなどの集合住宅では、水漏れの影響が階下の住人にも及んでしまう可能性があるでしょう。天井や壁・家具・家電が水漏れの被害にあい、損害賠償請求されたケースもあります。

3.自分で修理できるケースは?

自分で修理できるのは以下のようなケースです。

3-1.水漏れの原因が分かっている場合

自分で修理するのは、水漏れの原因が分かっていることが前提になります。蛇口のどこから水漏れしていて、どの部分に問題があるのか分かっていれば、自分で修理できる問題かを判断できるでしょう。

3-2.パーツ交換だけで済む場合

パッキンやバルブ・そのほかの部品などが劣化・故障して水漏れが起きている場合は、パーツを新しいものに交換すれば直る可能性があります。パーツを交換する程度の簡単な修理であれば、自分でできるケースも多いでしょう。

3-3.失敗すると高額な修理費用がかかる可能性がある

水漏れを自分で修理しようとして失敗すると、かえって高額な修理費用がかかってしまう可能性もあります。「部品を壊してしまった」「分解したら元に戻せなくなった」という例も多いため、十分注意してください。

4.専門業者に修理を依頼すべきケースは?

以下のようなときは、専門業者に修理を依頼しましょう。

4-1.原因箇所が分からない

水漏れの原因箇所が特定できない場合は、業者に修理を依頼すべきでしょう。どこから水漏れしているのか分からないまま蛇口を分解するのは危険です。問題のない部分まで壊してしまい、大がかりな修理が必要になってしまう可能性もあります。

4-2.水漏れの量が多い

水漏れの量が多いときも、すぐ業者に連絡すべきです。自分で修理しようとすると時間がかかってしまい、大量の水が流れっぱなしの状態になってしまいます。水道代金が大幅に上がってしまう可能性があるため、注意してください。

4-3.道具がそろっていない

自分で修理するために必要な道具がそろっていないときも、業者に依頼したほうがよいでしょう。道具を買いにいっている間にも水漏れは続くため、被害が大きくなってしまいます。

5.業者に依頼する際のポイント3つ

専門業者に修理を依頼する際、知っておくべきポイントをご紹介しましょう。

5-1.24時間・365日対応の業者がおすすめ

水漏れは素早く修理する必要があるため、24時間・365日対応の業者に依頼するのがおすすめです。夜間や土日は対応できない業者だと、水漏れの被害が大きくなってしまいます。修理業者を選ぶ際は、対応できる日時を必ず確認しましょう。

5-2.料金相場を把握しておく

水漏れ修理にかかる費用は、業者によって異なります。相場を把握しておくために、複数の業者に無料見積もりを依頼するとよいでしょう。その内容を比較することで大まかな相場を把握できるはずです。相場と比較して高すぎる業者や安すぎる業者は候補から外すことをおすすめします。

5-3.優良業者を見極める

安心して修理を依頼できる優良業者を見極めるために、以下のポイントを参考に業者選びをするとよいでしょう。

  • 豊富な実績があるか
  • 料金体系が分かりや
  • 無料見積もりを受け付けているか
  • 丁寧でスピーディーな対応か

6.蛇口の水漏れに関するよくある質問

「風呂の蛇口から水漏れしているので何とかしたい」という人が感じるであろう疑問とその回答をまとめました。

Q.風呂の蛇口にはどのようなタイプのものがあるのでしょうか?
A.シングルレバー混合水栓・ツーハンドル混合水栓・サーモスタッド混合水栓などのタイプに分かれます。

Q.パッキンの交換が必要かどうか、どう判断すればよいですか?
A.ゴムが固くなっていて、触ると手が黒く汚れる場合は交換が必要になるでしょう。

Q.自分で水漏れを修理する前に確認すべきことは何ですか?
A.必要な道具がすべてそろっているか・水道の元栓が閉まっているかを必ず確認しましょう。

Q.水漏れ修理を業者に依頼した場合の費用相場はどのくらいですか?
A.軽度な水漏れなら4,000~5,000円前後が相場となっています。水栓本体の交換が必要な場合は30,000~50,000円ほどかかることもあるでしょう。

Q.風呂の蛇口は何年ぐらいで寿命を迎えるのですか?
A.一般的には10~15年といわれています。

まとめ

風呂の蛇口から水漏れが起こる原因や修理を依頼すべきケースなどを詳しくご紹介しました。水漏れを発見したときは、慌てずに原因を突き止めることが大切です。原因が分からない場合や自分で対処できない場合は、早めに業者へ連絡しましょう。