住まいのコンシェルジュ

収納が足りない問題を解決したい! 収納を増やすリフォームなどを紹介


「収納が足りない問題をどのようにすれば解決できるのか」「収納を増やすリフォームにはどんな方法があるの?」など、収納に関してさまざまな問題を抱えていると思います。リフォームを行う場合、工事に入る前に押さえておくべきポイントをしっかりと把握しておけば、理想の収納空間を作ることができるでしょう。

そこで、本記事では、収納を増やすリフォームの内容やポイントなどについて解説します。

  1. 収納が足りない問題を解決するには?
  2. 収納を増やすリフォームを紹介!
  3. リフォームの際に押さえておくべきポイント
  4. リフォーム会社選びのポイント
  5. 収納とリフォームに関してよくある質問

この記事を読むことで、収納を増やすリフォームのポイントなどが分かります。気になっている方はぜひ参考にしてください。

1.収納が足りない問題を解決するには?

まずは、収納が足りない問題を解決する方法をいくつか紹介します。

1-1.要らないもの・使っていないものを処分する

簡単にできる解決策としては、要らないものや使っていないものを処分することです。収納が足りないと思ったときは、まず、収納場所に何が入っているのか見渡してみてください。もしかすると、その中にはすでに必要のないものが含まれているかもしれません。1回、入っているものを全部取り出して、そこから要らないものと必要なものに仕分けていきましょう。要らないものや使っていないものをある程度処分することで、収納スペースに余裕が生まれます。

1-2.トランクルームを利用する

収納を増やす方法としては、トランクルームを利用する方法もあります。トランクルームといえば、外に設置されているコンテナをイメージするかもしれませんが、最近では屋内型も増えてきました。屋内のトランクルームを利用すれば、衣類や靴など湿気に弱いものでも安心して保管できます。大切なものを保管する場合、24時間の換気システムや防犯設備が整っているところを選びましょう。トランクルームの利用は毎月の使用料がかかりますが、もう1つの収納場所を作ることができるメリットがあります。

1-3.収納を増やすリフォームも

家の収納スペース自体を増やしたいと思っている方は、収納を増やすリフォームも選択肢の1つです。収納が足りない場合、収納する家具を購入する方が多いと思いますが、家具を置くことで空間はどんどん狭くなってしまいます。また、形や色が空間にマッチしていないと、さらに狭い空間になってしまうでしょう。そのようにならないためには、リフォームで収納を作る方法が1番です。リフォームで収納を作ることは、無駄に空間を狭くしないことにもつながります。

2.収納を増やすリフォームを紹介!

ここでは、収納を増やすリフォームについて解説します。

2-1.個室のクローゼットを増やす

収納を増やすリフォームとして、寝室や子ども部屋など個室のクローゼットを増やす方法があります。クローゼットを広く作り直せば、収納スペースを増やすことができるでしょう。特に、マンションの場合は個室に一部クローゼットが配置されているだけで、容量的に足りないケースがほとんどです。その場合は、窓が干渉しない壁面一面を収納する方法があります。壁面一面を収納にするのはもったいないと感じるかもしれませんが、収納量が足りなくなると家具を置いてしまうので同じことです。ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

2-2.キッチンの背面に収納を増やす

キッチンスペースの収納を増やしたい場合は、背面に収納を増やす方法があります。背面には家電収納や食器棚を置いている方が多いと思いますが、それでは自分の使いやすい形に自由にアレンジすることができません。また、大きなサイズになればなるほど、食器棚や家電収納は高価になります。そのため、背面に収納を増やすリフォームをしたほうが、使い勝手のあるキッチン収納を作り出すことができるのです。食器の量や持っている家電の種類を踏まえて、レイアウトを考えながら収納を増やすのがポイントとなります。

2-3.玄関の収納を増やす

玄関は、デッドスペースが多い箇所でもあるため、収納を増やすリフォームを行うには絶好の場所です。既存の玄関収納を天井までの玄関収納に作り替えるだけでも、十分なスペースを生み出すことができます。家族が多ければ多いほど靴が増えますし、子どもの部活動の道具や遊び道具などの置き場所になっているでしょう。足元から天助までの高さのある玄関収納であれば、無駄なく収納できます。また、中の棚を可動式にすることで、靴の高さに合わせて収納できるでしょう。

2-4.納戸をウォークインクローゼットにする

納戸のスペースがあれば、そこをウォークインクローゼットにリフォームするのも選択肢の1つです。たとえば、パイプハンガーを取りつけることで衣類がかけられるようになりますし、足元の空いているスペースは収納ケースなどを利用することで整理整頓できます。また、季節もののコートや普段は着ることがないスーツ・ワンピースなどのアイテムの収納場所にぴったりと言えるでしょう。各個室で収納する量も減るので、ゆとりが生まれます。

3.リフォームの際に押さえておくべきポイント

ここでは、リフォームの際に押さえておくべきポイントを解説します。

3-1.収納扉の選び方に要注意!

収納を増やすリフォームで押さえておきたいポイントは、収納扉の選び方です。収納扉には、引き戸・開き戸・折れ戸・観音開きなどさまざまな種類があります。場所によって選び方を間違えると、扉がベッドや体にぶつかったり、完全に開くことができなかったりする恐れがあるのです。収納を増やすためにリフォームを行ったのに、収納しづらい空間となってしまいます。リフォームを失敗しないためにも、狭い場所なら引き戸にて通行の邪魔を防いだり、中を見渡したいならフルオープンの折れ戸にしたりするなど、扉選びに気をつけましょう。

3-2.収納容量をギリギリにしない

収納を増やすリフォームでよくあるのが、最初から収納容量ギリギリの収納にすることです。最初からギリギリの収納容量でリフォームをしてしまうと、後になって収納できない状態になってしまいます。収納リフォーム直後には余裕があったとしても、数年経過すればギュウギュウ詰めになっているかもしれません。リフォーム直後にはスカスカな状態になっているのがちょうど良いくらいです。最初から余裕のある収納容量でリフォームをするように心がけてください。

3-3.どこに何を収納するのか把握する

どこに何を収納するのか、リフォーム前にきちんと把握することも大切なポイントです。たとえば、玄関に収納するものが多ければ、その分の収納スペースを確保しておかなければなりません。よく使う場所ほど収納スペースを必要とするため、事前にどのくらいの量を収納するのかチェックしておきましょう。だいたいの目安で構いませんので、「このくらいあれば大丈夫」と思う程度よりもスペースを多めに取ることがポイントです。

4.リフォーム会社選びのポイント

ここでは、リフォーム会社選びのポイントを紹介します。

4-1.収納リフォームなどの業績が豊富か

リフォーム業者を選ぶ際にぜひ注目してほしいポイントが、収納リフォームなどの実績が豊富かどうかです。さまざまなリフォームを扱っている・実例を持っている業者ほど、急な対応にも迅速に対応してくれます。顧客がどのようなものを求めているのかヒアリングで受け取り、その求めに応じたプランを提案してくれるところは、良いリフォーム業者と言えるでしょう。リフォーム業者のホームページなどをチェックし、実際に施工した例を確認してください。また、打ち合わせの際には、実際に施工した家を見せてもらうのも良いでしょう。

4-2.過去の顧客から評判や口コミが良いか

過去に、リフォーム業者を利用した顧客の評判や口コミが良いかどうかも、業者選びの際にチェックしておきたいポイントです。何らかのトラブルが起きたり、顧客側に不満が残ったりした場合、悪い評判や口コミがついているでしょう。ホームページで業者名を検索してみると、さまざまな評判や口コミが出てくるはずです。また、近くに実際に依頼した人がいれば、感想を聞いてみるのも良いかもしれません。「ここがいい」「ここは依頼しないほうがいいよ」など、リフォーム業者の情報が得られるでしょう。

4-3.担当者との相性が合うか

リフォーム業者選びの際は、担当者との相性が最も大切なポイントとなります。無料相談や無料見積もりを行っているところが多いのですが、そこで対応してくれる担当者との相性をチェックしてください。相手がどのような接し方をしてくれるのか、どのような質問にも丁寧に答えてくれるかなど、対応を細かいところまでチェックすることが大切です。優良業者は対応が丁寧かつスピーディーな傾向がありますが、悪徳業者は対応が悪い特徴があります。相性が合わなかったり信用できないと思ったりした場合は、依頼しないほうがいいでしょう。

5.収納とリフォームに関してよくある質問

収納とリフォームに関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.余裕のある収納スペースを維持し続けるコツは?
A.収納スペースに詰めるものを、全体の8割程度に収めることです。よく収納スペースをギュウギュウ詰めにしている方が多いのですが、その状態ではすぐに収納できなくなってしまいます。また、必要なものを取り出したくても、わざわざ奥のほうから引っ張ってきたり、必要ないものまで取り出してしまったりと手間がかかるものです。全体の8割程度に収めておけば、収納スペースに余裕が生まれるので整理整頓しやすい環境になるでしょう。

Q.リフォーム費用はいくらぐらいか?
A.どこをどのようにリフォームするかによって異なりますが、主な費用は以下のとおりです。

  • 壁面収納を作る:約30万~60万円
  • ウォークインクローゼットにする:約35万~50万円
  • 階段の下部分にスペースを作る:約7.5万~10万円
  • 屋根裏の空きスペースに収納を作る:約19万~32万円
  • 玄関の収納を増やす:約20万~50万円
  • キッチンの床下に収納を作る:約10万~15万円

具体的な費用に関しては、リフォーム業者に無料見積もりを依頼してください。

Q.マンションなど賃貸物件をリフォームする際の注意点は?
A.賃貸物件をリフォームする場合は、管理会社または管理人に事前連絡する必要があります。あくまで借りている状態なので、持ち主である管理会社や管理人に連絡しなければなりません。リフォームに関する規約が定められているため、その規約に違反しないか確かめながらリフォームプランを立てましょう。勝手にリフォームしてしまうと規約違反になるので気をつけてください。

Q.収納リフォームの実例は?
A.個室を減らして収納力を2倍にしたり、個室だったスペースを玄関からつながるウォークスルークローゼットにしたりするなど、さまざまな方法があります。リフォームをする際は、生活を考えながらどのようなスペースが必要なのか・どこをどうすれば収納が増えるのかなど、考えることが大切です。リフォーム業者の担当者と打ち合わせを重ねながら、快適な収納スペースを作りましょう。

Q.おすすめのリフォーム業者は?
A.静岡県を中心にさまざまなリフォームを展開している株式会社テンイチがおすすめです。テンイチは、2019年度において、9年連続で静岡県内成約件数1位を獲得しました。収納リフォームはもちろん、キッチンや水まわりなどあらゆる場所に対応しているため、より要望に合ったリフォームプランが提供できます。無料相談や無料見積もりも受けつけているので、悩んでいる方はぜひ1度ご相談ください。

まとめ

収納が足りない場合、要らないものを処分したりトランクルームを利用したりするなどのさまざまな方法がありますが、おすすめは収納リフォームです。快適な空間を作り、自分たちの生活に合った収納スペースを作ることができます。収納リフォームと言っても方法は多種多様なので、現在の状況を踏まえながらリフォーム業者の担当者と打ち合わせを重ねてください。優良業者なら、意見や要望を聞き入れながらもより良いリフォームプランを提案してくれるでしょう。理想の収納場所を作るためには、リフォーム業者選びも大切なポイントです。