住まいのコンシェルジュ

サイディングの補修にはどんな方法があるの? 補修業者選びのポイントも


ひび割れが起きたり、コーキングが剝がれたりしている場合、サイディングが劣化している可能性があります。サイディングの劣化を放置すると下地にまで影響を受けてしまい、修繕工事が大がかりなものになってしまうでしょう。修繕工事にかかる費用も割高になります。なるべく早めに修繕するには、サイディングの劣化サインを把握しておかなければなりません。

そこで、本記事では、サイディングの劣化や補修などについて詳しく説明します。

  1. サイディングが劣化・破損する原因は?
  2. サイディングを補修する方法
  3. サイディングの補修を依頼する際の注意点
  4. サイディングの補修業者を選ぶポイント
  5. サイディングの補修に関してよくある質問

この記事を読むことで、サイディングの補修方法やポイントなどが分かります。気になっている方はぜひ参考にしてください。

1.サイディングが劣化・破損する原因は?

まずは、サイディングが劣化・破損する原因をチェックしておきましょう。

1-1.コーキング(シーリング)の劣化

コーキングの劣化がサイディングの破損につながる原因となります。コーキングとは、シーリング材で埋めて防水してある箇所のことです。少しずつ技術が進歩しているので、従来よりもサイディングの寿命は大きく延びていますが、コーキングの寿命は約7~10年と短めとなっています。そのため、サイディングよりも経年劣化が早く、5~10年でシーリング材がどんどん縮み、コーキングが傷んでしまうのです。傷んだコーキングを放置すると、そこから雨水が染み込んでしまい、下地に悪影響をおよぼしてしまうでしょう。

1-2.経年劣化によって塗膜が風化する

サイディングが劣化・破損する主な原因は、経年劣化です。すべての外壁材は永久的なものではありません。前述したように、サイディングの寿命は年々延びてはいるのですが、それでも経年劣化を防ぐことはできないのが現状です。特に、サイディングの色あせやチョーキング現象が目立ってくるでしょう。サイディングに触れると白い粉がつくことをチョーキング現象といいますが、これは紫外線が最大の原因となります。経年劣化によって塗膜が風化し起こる現象です。

1-3.施工不良が原因になることも

業者の施工不良が原因で、サイディングが劣化したりボード自体が反ったりすることがあります。たとえば、釘の打ち忘れ・金具の飛び出しが原因でサイディングにも影響が出てくるケースです。経年劣化でサイディングが破損するケースが多いのですが、悪徳業者が増えてきていることから施工不良が原因のケースも増加しています。特に、新築時の施工のあまさによってサイディングに不具合が起きるケースが増えているようです。

2.サイディングを補修する方法

ここでは、サイディングを補修する方法について解説します。

2-1.シーリング・サイディングの補修

シーリングやサイディングのひび割れが発生している場合、それらを補修する必要があります。サイディングの中で1番に劣化しやすいのがシーリングです。シーリングのひび割れ、またはシーリングがサイディングから剝がれているなどの症状は、新しいシーリングを打ち替える補修方法になるでしょう。また、サイディング自体にひび割れが起きている場合は、ひび割れ部分にシーリングを施す方法があります。ただし、これはあくまで応急処置にすぎません。状態がひどい場合は、新しいサイディングに張り替える必要性も出てくるでしょう。

2-2.塗装のメンテナンス

チョーキング現象が起きている場合は、塗装をしてメンテナンスを行う必要があります。チョーキング現象はサイディングの表面に塗装している塗膜が劣化している証拠です。塗膜の劣化を放置するのは危険ですので、すぐに塗装を行う必要があります。できれば、塗装は劣化してから行うのではなく、10年に一度を目安に行ってください。定期的に塗装のメンテナンスを施すことで、より丈夫できれいな外壁に仕上げることができます。劣化症状を未然に防ぐこともできるのでメンテナンスはとても大切なことです。

2-3.張り替え工事

サイディングの反りが発生していたり、劣化症状があまりにもひどかったりする場合は、新しいサイディングに張り替える工事が必要になるでしょう。張り替え工事は補修方法の中でも大がかりで費用も割高になってしまいます。けれども、大きな亀裂は建物の耐久性にも関わることですので、早めの補修が必要です。なお、張り替え工事は新しいサイディングボードを張り替えることになりますが、既存のサイディングに重ね張りをする方法もあります。

3.サイディングの補修を依頼する際の注意点

ここでは、サイディングの補修を依頼する際の注意点をいくつか紹介します。

3-1.2回目の塗装は塗料に要注意

サイディングの補修を依頼する際は、塗料に注意しておかなければなりません。特に、2回目の塗装を行う場合、前回のサイディングの塗装にどのような塗料を使ったのか調べておく必要があります。たとえば、水性塗料を使用していた場合、10年経過して再塗装する場合でも同じ塗料を選ばなければなりません。前回の塗料とはまったく違う塗料を使ってしまうと、サイディングの劣化が進行してしまう恐れがあります。その点を十分に気をつけた上で塗装を行いましょう。

3-2.外壁の状態を入念にチェックする

サイディングの補修を行う前に、外壁がどのような状態になっているのかしっかりと確認しておく必要があります。状態をきちんと把握していないのに補修をしてしまうと、間違った方法を採用してしまいがちです。その結果、サイディングがすぐに破損したり、施工不良が起きたりすることになってしまいます。サイディングの寿命を延ばすためには、外壁の状態を入念にチェックし、その状態に合わせた方法で補修することが大切です。

3-3.補修費用の相場を把握する

サイディングの補修にかかる費用は、外壁の状態によって大きく異なります。あくまで目安となりますが、補修方法ごとの費用相場は以下のとおりです。

  • サイディング補修(ひび割れ・欠け・剝がれなど):約1万~5万円
  • シーリング補修(打ち替え):約700~1,200円/m
  • シーリング補修(増し打ち):約500~700円/m
  • サイディングの交換:約4,000~8,000円/㎡
  • 足場代:約700~900円/㎡

3-4.悪徳業者に要注意!

サイディングの補修を依頼する際は、依頼先である業者選びにも注意が必要です。外壁補修やメンテナンスを行っている業者の中には、不正を働く悪徳業者が存在しています。たとえば、費用相場よりも高い費用を請求したり、いい加減な方法で補修をしたりするなどです。実際に、悪徳業者とトラブルになって失敗したというケースも増えています。外壁補修やメンテナンスはだましやすい作業の1つですので、業者選びは慎重に行ったほうがいいでしょう。

4.サイディングの補修業者を選ぶポイント

ここでは、サイディングの補修業者を選ぶポイントについて説明します。

4-1.見積書の内容が細かく記載されているか

業者選びの際は、見積書の内容にチェックしてください。見積書をしっかりと確認していなかったせいで悪徳業者とトラブルになったケースがよくあります。きちんと書面に記載してくれない・見積書に具体的な金額が書かれていないといった業者は悪徳業者の可能性が高いといえるでしょう。優良業者は、どのような作業にいくらかかるのか、見積書に詳細を記載しているものです。また、追加費用が発生するケースも念のために尋ねておくと安心できるでしょう。

4-2.サイディング補修や外壁塗装の実績があるか

サイディングの補修や外壁塗装・メンテナンスの実績があるかも確認しておきたい業者選びのポイントです。悪徳業者の多くは素人が作業をしており、正しい方法で補修を行うことができていません。よって、施工不良が起きてしまうのです。高額な費用を支払ったのに、すぐ不具合が起きてしまうとまた工事を行わなければなりません。適切な方法で補修を行うためにも、業者のホームページで実績をチェックしてください。これまでどのような工事を請け負ってきたのか、施工事例を確認するといいでしょう。

4-3.スタッフの対応が丁寧でスピーディーか

スタッフの対応やスピーディーさも、業者選びで押さえておきたいポイントです。対応が悪かったり、返信が遅かったりすると、それだけ信用できなくなってしまいます。サイディングの補修は建物の耐久性にも関わることですので、信用できる相手に依頼したいものです。安心して任せることができるように、信用できるスタッフかどうか見極めてください。対応が丁寧で、どのような質問でも分かりやすく説明してくれる業者は、安心して依頼できるでしょう。

4-4.無料診断を行ってるか

きちんとしている補修業者は、無料診断や無料相談を受け付けています。無料診断とは、外壁や屋根の状態をチェックすることです。プロの業者が調査をすることで、素人では分からなかった不具合や劣化が見つかったり、より最適な方法で補修したりすることができます。逆に、きちんとサイディングの状態を確認せずに、すぐ補修を行うところは悪徳業者の可能性が高いので注意しましょう。外壁塗装や外壁塗装工事を行っているテンイチでは、無料診断や無料相談を受け付けています。サイディングの劣化・補修で悩んでいる方はぜひご相談ください。

5.サイディングの補修に関してよくある質問

サイディングの補修に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.サイディングが劣化しているサインは?
A.主な劣化のサインとしては、以下のような症状があります。

  • 色あせ
  • チョーキング現象
  • コーキングの劣化
  • カビ・コケの発生
  • サイディングの反り・浮き
  • 外壁のひび割れ
  • 爆裂・凍害

少しでもサイディングに上記の症状が見られた場合は、早めに専門業者へ相談することをおすすめします。見た目はそこまでひどい状態だと思わなくても、下地が傷んでいる可能性があるからです。

Q.サイディング補修はDIYできるのか?
A.1箇所に軽度の劣化症状が出ている程度であれば、DIYでの補修が可能です。コーキング剤やコーキングガン・パテなどDIYに必要な道具を準備することで、業者に依頼するよりも費用を最小限に抑えられるでしょう。けれども、DIYは多くのデメリットがあることも把握しておかなければなりません。素人が補修を行うと失敗してしまい、余計にサイディングの劣化が進行してしまう恐れがあります。リスクを考えると、専門業者に依頼して補修してもらったほうが安心です。

Q.窯業系サイディングが変形するのはなぜか?
A.雨水の吸収によって、膨張と収縮をくり返すことが1番の原因だといわれています。サイディングは雨水を吸収すると膨張する点が特徴です。水分を含んだサイディングが乾燥すると収縮し、少しずつ反ったり浮いたりと変形してしまうことになります。このような特徴があるため、窯業系サイディングには雨水の染み込みを防ぐように塗装されているものです。

Q.サイディングの劣化を放置するとどうなるのか?
A.小さいひび割れがどんどん大きくなり、下地に雨水が入り込んでは傷んでしまうことになります。サイディングの傷みは防水効果がなくなっている証拠であり、水分が含んでしまうのです。その結果、シロアリがやってくることになります。シロアリは水分を含んだ木材に住みつきやすいため、サイディングの劣化は絶対に放置してはいけません。

Q.コーキングの打ち替えと増し打ちの違いは?
A.コーキングを一度すべて外して新しく施工するのが打ち替え、既存のコーキングを補修するのが打ち増しです。打ち替えは現在のコーキングをすべて剝がすことになるので、手間がかかってしまいます。一方、増し打ちは使用するコーキング剤が少なく、コストを最小限に抑えることができるでしょう。

まとめ

サイディングをしっかりと補修することで、見た目がきれいになるだけでなく、丈夫な建物になります。逆に、サイディングの劣化を放置してしまうとシロアリ被害に遭ったり、雨水が含みやすくサイディングの反りや膨張が発生しやすくなったりするのです。少しでもサイディングの劣化サインが見られた際は、専門業者に依頼することをおすすめします。専門業者の中には、無料診断を行っているところもあるのでぜひチェックしてみてください。