住まいのコンシェルジュ

壁紙をリフォームしたい人は必見! 壁紙の選び方や注意点を解説!


「そろそろ新しい壁紙にリフォームしたいので、選び方のポイントを詳しく知りたい」とお考えではありませんか? 壁紙は、室内の印象に大きく影響するため、じっくり考えてリフォームしたいですよね。しかし、実際に壁紙を選ぶときにどんなポイントをチェックすべきか、どんな方法でリフォームすべきかなど、よく分からないこともあるでしょう。

そこで今回は、壁紙のリフォームについて詳しく解説します。

  1. 壁紙をリフォームする前に確認すべきこと
  2. 壁紙を選ぶポイント
  3. 壁紙をリフォームする流れ
  4. 壁紙のリフォーム業者を選ぶときの注意点
  5. 壁紙のリフォームに関するよくある質問

この記事を読むことで、壁紙をリフォームするポイントがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.壁紙をリフォームする前に確認すべきこと

最初に、壁紙をリフォームする前にどんな点を確認しておくべきか、詳しく見ていきましょう。

1-1.どんな場所の壁紙をリフォームするか

まずは、どんな場所の壁紙をリフォームするか確認してください。リフォームする場所によって、適する壁紙の条件が異なるからです。たとえば、リビングや寝室の場合は防水機能がなくても構わない一方で、防汚機能や消臭機能が役立つことがあります。また、キッチンやトイレなど水回りの壁紙には、防汚機能や消臭機能に加え、防水機能があることが望ましいでしょう。

1-2.いつまでにリフォームする必要があるか

壁紙のリフォームをいつまでに行う必要があるかについても、きちんとチェックしましょう。単に壁紙の傷みが気になってきた、部屋の雰囲気を変えたいなどの理由でリフォームするなら、余裕を持って対応できるはずです。しかし、子ども世帯と同居することになったなどの理由の場合は、特定の日までにリフォームを終える必要があります。

1-3.どんな方法でリフォームするか

どんな方法で壁紙をリフォームするかも、よく考えてみてください。普段からDIYが得意で作業する時間が十分にあるのなら、自分でリフォームしてもよいでしょう。しかし、壁紙のリフォームで満足する仕上がりにするのは、意外と難しいものです。きちんと貼り付けたつもりでも、ずれていたりシワになってしまったりしやすいので注意しましょう。壁紙のリフォームは、信頼できる業者に依頼したほうが確実かつキレイに仕上げることができておすすめです。

1-4.どんな雰囲気の仕上がりを希望するか

壁紙のリフォームでは、どんな雰囲気の仕上がりを希望するかも考えておくべきでしょう。壁紙の選び方によっては、理想の雰囲気から遠ざかってしまうことがあります。たとえば、ナチュラルで明るい雰囲気にしたい場合と、モダンで落ち着いた雰囲気にしたい場合では、適する壁紙の色などが異なるからです。壁紙をリフォームする場所の目的なども考えて、どんな雰囲気に仕上げたいのかハッキリさせておきましょう。

1-5.賃貸物件の場合は契約違反にならないか

賃貸物件の壁紙をリフォームするときは、契約違反にならないか注意してください。貸し主の許可なく壁紙をリフォームすると、場合によっては契約違反と判断され、退去を求められることがあります。賃貸物件では、多くの場合、貸し主に無許可でリフォームができない契約になっているものです。もしも、賃貸物件で壁紙をリフォームしたい場合は、貸し主に相談してみてください。なお、経年などの理由により壁紙の傷みや汚れが激しい場合などは、貸し主の判断でリフォームしてもらえることがあります。

2.壁紙を選ぶポイント

壁紙を選ぶときの主なポイントを、詳しく解説しましょう。

2-1.デザインや色

まずは、壁紙のデザインや色に注目しましょう。壁紙のデザインや色によって、仕上がりの雰囲気がガラッと変わるからです。ただし、好きなデザインや色であっても、壁紙としてふさわしいかどうかは別の話になります。また、同じ色でも無地とデザインありでは、随分雰囲気が変わるので注意してください。

2-2.素材

壁紙を選ぶときは、素材にも注目しましょう。壁紙の素材には、主に以下のようなものがあります。それぞれにメリット・デメリットがあるので、業者に相談してアドバイスをもらうとよいでしょう。

  • ビニール
  • 木質系
  • 無機質系

また、最近では、オレフィン壁紙も人気です。オレフィン壁紙は、ビニールクロスと同様の耐久性を確保しつつ環境に優しい壁紙として、注目を集めています。

2-3.価格

壁紙のリフォームでは、価格もチェックすべきポイントです。壁紙のグレードが上がれば、当然価格も高くなります。また、予算に余裕があれば、幅広い種類の壁紙から選ぶことができ、理想の仕上がりを実現しやすくなるでしょう。しかし、予算が限られているのなら、予算内でベストの壁紙を探す必要があります。なお、壁紙自体が安くても業者の工賃が高いと意味がないことがあるため、注意が必要です。

2-4.機能性

壁紙を選ぶときは、機能性にも注目してください。壁紙によっては、以下のような機能が付加されてることがあります。

  • 防水
  • 防汚
  • 抗菌
  • 消臭
  • 難燃

リフォームする場所の特徴に合わせて選ぶと、実用性の高いリフォームになります。

2-5.天井・床・インテリアなどとの相性

天井・床・インテリアなどとの相性も、壁紙を選ぶときのポイントです。壁紙を単体で見たときには特に問題なくても、実際にリフォームしてみると、天井・床・インテリアの色合いや雰囲気と合わず、ちぐはぐな印象になってしまうことがあります。天井・床・インテリアとの相性を考えて、理想の雰囲気を実現できる壁紙を選びましょう。

3.壁紙をリフォームする流れ

壁紙をリフォームする流れを、主な手順に沿って見ていきましょう。

3-1.信頼できる業者を選ぶ

最初に、信頼できる業者を選ぶことから始めましょう。信頼できる業者に依頼することが、壁紙のリフォームで満足度の高い仕上がりを手に入れるポイントです。業者選びが適当だと、仕上がりなどで何かと不満を残しやすいので注意しましょう。実際にどんな業者を選ぶべきかは、この記事の「4.壁紙のリフォーム業者を選ぶときの注意点」を参考にしてください。

3-2.現場視察と見積もりの依頼

信頼できる業者を選んだら、業者に連絡して現場視察と見積もりを依頼してください。都合のよい日時と場所を指定すると、業者がやってきて現場視察を行い、顧客からの要望を考えて見積もりを作成します。業者から見積もりが届いたら、以下のポイントをチェックしてみてください。

  • 依頼内容に沿って作成されているか
  • 特に理由もなく高額な請求になっていないか
  • 不明な項目で費用計上していないか
  • 見積もりの作成年月日・有効期限・担当者名・社名などにもれがないか
  • 正式なフォーマットで発行されているか

上記の内容をチェックし、不明な点や不審な点があるときは、業者に説明を求めると共に、必要に応じて差し替えを依頼しましょう。なお、複数の業者に見積もりを依頼している場合は、内容をじっくり比較してベストな見積もりを出してきたところを選ぶと間違いがありません。

3-3.業者と正式に契約する

見積もりに問題がなければ、業者と正式に契約しましょう。契約書は、必ず最後まで目をとおし、納得してから署名・押印してください。今後、何かあったときに、契約書の内容がポイントになるからです。なお、契約書の内容に問題がある場合は、業者に説明してもらった上で差し替えてもらいましょう。たとえ小さな記載ミスであっても、後日大きなトラブルになることがあるので注意してください。

3-4.リフォーム前の説明

壁紙のリフォームに入る前に、業者から作業内容について説明があります。依頼内容に行き違いがないか確認するためにも、きちんと聞くことが大切です。このとき、少しでも不安に感じたり違和感を覚えることがあったりしたら、業者に確認してください。業者からの説明を聞いて特に問題がない場合は、作業に移ってもらいましょう。

3-5.室内の養生

壁紙のリフォームを始める前に、室内の養生を行います。壁紙を貼り替える際、室内に汚れが付着したり傷が付いたりしないようにするためです。信頼できる業者ほど、室内の養生をしっかり行ってもらえます。なお、特に大切な家具や家電などは、養生前にできるだけ別の場所へ移動しておくとよいでしょう。

3-6.古い壁紙の除去と壁の補修

室内の養生が終わったら、古い壁紙を除去します。古い壁紙をきちんと除去することが、新しい壁紙をキレイに仕上げるためのポイントです。このとき、壁にへこみなどのダメージがある場合は、補修作業を行います。補修作業が必要な場合は、見積もりで提示された金額にオプション費用が上乗せされることもあるでしょう。

3-7.新しい壁紙の貼り付け

いよいよ、新しい壁紙の貼り付けです。位置がずれないよう、また、シワにならないよう気を付けながら、壁紙を丁寧に貼っていきます。壁紙を美しく貼り付けるのは難易度が高く、業者の技術力によって仕上がりに大きく差が付くものです。すべての貼り付け作業が終わったら全体をチェックし、問題がないことを確認して終了となります。

3-8.養生の取り外しや片付け

壁紙の貼り付けが完了したら、養生の取り外しや片付けを行います。信頼できる業者では、最後まで気を抜くことなく、丁寧に作業してもらえるのが特徴です。養生を丁寧に取り外したら、周辺を片付けてすべての作業が終了となります。

3-9.リフォーム内容の確認と清算

最後に、依頼者と業者でリフォーム内容の確認を行います。特に問題がなければ、すべての作業は完了です。業者が指定する方法で、リフォーム費用を清算しましょう。なお、業者によって、支払い方法が異なります。その場で現金支払いになるか、期日までに指定口座に振り込みすべきかなど、事前に確認しておくとよいでしょう。

4.壁紙のリフォーム業者を選ぶときの注意点

壁紙のリフォームは、信頼できる業者に依頼することが大切です。ここでは、信頼できるリフォーム業者の選び方などを詳しくご紹介します。

4-1.壁紙のリフォームで豊富な実績がある

まずは、壁紙のリフォームで豊富な実績があることを確認しましょう。豊富な実績がある業者は、あらゆるパターンを経験しているため、相談などにも的確なアドバイスをしてもらうことが可能です。なお、当テンイチも、壁紙のリフォームを数多くお受けしてご好評をいただいています。まずは、無料の現場視察や見積もりからご依頼ください。

4-2.高い技術力と高品質な仕上がりで定評がある

壁紙のリフォームを依頼するなら、高い技術力と高品質な仕上がりで定評のある業者を選びましょう。信頼できる業者は豊富な実績があるだけでなく、高い技術力を持つスタッフが多数在籍しており、高品質な仕上がりでも定評があるものです。壁紙のリフォームは、一見して簡単そうに見えますが、テキパキと作業して美しく仕上げるには豊富な経験と高い技術力が必要になります。満足度の高い仕上がりを手に入れるためにも、高い技術力と高品質な仕上がりで定評がある業者に依頼してください。

4-3.現場視察や見積もりは無料

現場視察や見積もりは無料であることも、信頼できる業者の特徴です。信頼できる業者では、現場視察や見積もりを無料にして、顧客が気軽に依頼できるようにしています。本来なら現場視察や見積もりだけでも数千円程度は請求したいところを、顧客の立場になって考え、あえて無料にしているのです。実際に、無料で現場視察や見積もりを行った後で正式な依頼につながることが多い点からも、賢い判断ができる業者といえるでしょう。

4-4.リーズナブルかつ分かりやすい料金システム

信頼できる業者は、例外なくリーズナブルかつ分かりやすい料金システムがあります。壁紙のリフォームは、壁紙の種類やグレード・貼り付け面積・補修作業の有無などにより、実際の金額が大きく異なるものです。そのため、一律でいくらと断言することは難しいといえます。しかし、信頼できる業者では、顧客が不安にならないよう分かりやすい料金システムを設定しているので安心です。また、リーズナブルな点でも助かります。

4-5.希望の日時に作業してもらえる

希望の日時で作業してもらえることも、重要なチェックポイントです。壁紙のリフォームは屋内での作業になるため、顧客は基本的に在宅している必要があります。そのため、業者側に都合のよいスケジュールを指定されると、何かと不便です。また、何らかの理由で特定の日までに壁紙のリフォームを終えたいこともあるでしょう。その点、信頼できる業者では顧客が都合のよい日時に合わせて作業してもらえるので安心です。

4-6.スタッフの対応が丁寧で感じがよい

信頼できる業者は、スタッフの対応が丁寧で感じがよいことも特徴の一つです。スタッフの対応が丁寧で感じがよいのは、業者の社員教育が行き届いている証拠と判断できます。また、スタッフが壁紙のリフォームに関する専門知識を豊富に持っていることも、安心して依頼できるポイントです。スタッフの質が高い業者は、待遇面や教育面でスタッフを大切にしていることが伺えることから、信頼できると判断してよいでしょう。

4-7.顧客からの評判がよい

顧客からの評判がよいことも、必ずチェックしておきましょう。高品質な仕上がりをうたっていても、リーズナブルな価格を提示していても、顧客からの評判が悪い時点で信用できません。顧客は正直なので、本当に満足した業者だけによい評価を付けるものです。もちろん、すべての顧客から満点をもらうのは難しいでしょう。しかし、多くの顧客が高評価を付けていれば、安心して契約できます。

4-8.保証やアフターサービスが手厚い

信頼できる業者には、手厚い保証やアフターサービスがあります。壁紙のリフォームが終わっても、何らかの理由で不具合が発生することもあるでしょう。また、追加のリフォームを相談したいこともあるはずです。そんなときでも、手厚い保証やアフターサービスがあれば、安心できます。当テンイチでも、すべてのリフォームに手厚い保証とアフターサービスをお付けしていますので、ぜひご検討ください。

5.壁紙のリフォームに関するよくある質問

最後に、壁紙のリフォームに関する質問に回答します。それぞれ役立ててください。

Q.壁紙のリフォームは何年ごとに行うべきか?
A.特に決まりはありませんが、5~10年程度を目安に検討してみるとよいでしょう。5~10年程度経過すると、壁紙に傷みや汚れ・色あせが目立つようになるからです。

Q.賃貸物件でも気軽に使える壁紙があると聞いたのですが?
A.はい。最近は、貼った後でも簡単にはがすことができる壁紙があります。壁にダメージを与えずにはがすことができるので、賃貸物件におすすめです。ただし、壁の素材によっては、はがしたときに跡が残ることもあるので、目立たないところ試してみてから使用するとよいでしょう。

Q.壁紙の傷みが目立つ部分だけリフォームするメリット・デメリットは?
A.以下を参考にしてください。

メリット

  • リフォーム費用が安く済む
  • 短時間で仕上がる
  • ごく狭い範囲ならDIYで補修することもできる

デメリット

  • 現在の壁紙と同じものでリフォームするのが難しいことがある
  • リフォームした場所と周囲とで新旧の差が目立つことがある

Q.壁紙をリフォームしたばかりなのにすぐはがれてしまったのですが?
A.まずは、業者に連絡して現場視察を依頼しましょう。明らかに業者の落ち度によるものであった場合は、業者から謝罪があるほか、すぐにやり直してもらえます。

Q.サンプルで見た壁紙の色と実際に仕上がった色の印象が異なるのですが?
A.サンプルはごく小さなものであるため、広い面積に使用した場合は、色の印象が異なることがあります。特に、ハッキリした色や濃い色は、広い面積に使用すると想定よりインパクトが強く、圧迫感を覚えることがあるので注意してください。

まとめ

今回は、壁紙のリフォームについて詳しく解説しました。壁紙の傷みが目立ってきたり部屋の雰囲気を変えたりしたいときは、壁紙をリフォームするとよいでしょう。最適な壁紙を選ぶには、色・デザイン・素材・価格・機能性などを総合的に考えることがポイントです。なお、壁紙のリフォームは、信頼できる業者に依頼すると満足度の高い仕上がりを手に入れることができます。この記事を参考にしてさまざまなポイントから信頼できる業者を選び、よく相談してみることがおすすめです。