住まいのコンシェルジュ

外壁塗装が失敗する原因は? 満足度100%で仕上げるポイントを伝授!


「外壁塗装は失敗しやすいと聞いたけど、具体的にどんな例があるのだろう」「外壁塗装で失敗しないためのポイントを詳しく知りたい」とお考えではありませんか? 外壁塗装は、建物の外観イメージを大きく左右するだけでなく、建物を風雨や紫外線などから守る役割を持っているため、とても重要といえます。しかし、実際には、外壁塗装で失敗してしまうケースも多くあるものです。

そこで今回は、外壁塗装の失敗について詳しく解説します。

  1. 外壁塗装の失敗例
  2. 外壁塗装で失敗してしまう原因
  3. 外壁塗装で失敗しないポイント
  4. 外壁塗装の失敗に関するよくある質問

この記事を読むことで、外壁塗装の失敗を防ぐポイントがよく分かります。外壁塗装の予定がある人は、記事を読んでみてください。

1.外壁塗装の失敗例

最初に、外壁塗装の失敗例を具体的に見ていきましょう。

1-1.想定していたイメージと異なる

外壁塗装の失敗例としてよくあるのが、想定していたイメージと異なるというものです。たとえば、理想の色合いをイメージして外壁塗装で使用する塗料を決めたものの、実際に仕上がってみると印象が異なることがあります。業者から提示されるサンプル色と実際の外壁塗装では、塗装面積の違いや自然光と室内光の違いなどにより、同じ色でも印象が異なるものです。

1-2.外壁塗装後すぐに施工不良が見つかった

外壁塗装の失敗例として、外壁塗装後すぐに施工不良が見つかったというケースを挙げることができます。外壁塗装は、多くの工程を丁寧に積み重ねて仕上げていくものです。しかし、業者が手抜き工事をしたり職人の技術が未熟だったりすると、施工不良が発生することがあります。また、雨天時に塗装工程を決行すると、乾燥不足により施工不良につながることもあるでしょう。

1-3.想定より高額な費用を請求された

想定より高額な費用を請求されたというケースも、外壁塗装の失敗でよくある例といえます。信頼できる業者では、見積もりで提示された金額と外壁塗装完了後に支払う金額が同じか、ほとんど変わりません。しかし、適当な業者に依頼した場合などは、見積もりでは安い金額だったのに、実際には何かと理由を付けて高額請求されるケースもあります。

1-4.工期が予定より大幅に遅れた

外壁塗装の失敗例として、工期が予定より大幅に遅れてしまうケースも多く見られます。よくあるのが、モデルケースの工期をそのまま参考にしてしまうパターンです。業者が提示するモデルケースは、特に問題なくスムーズに工程が進んだことを前提にしているので注意しましょう。ギリギリの日程で設定すると、少しでも作業が遅れたり何らかの理由で中止になったりすると、工期が予定より大幅に遅れてしまいます。

1-5.近隣住民からクレームが入った

外壁塗装では、近隣住民からクレームが入ることがあります。よくあるのが、以下のような内容です。

  • 塗料の臭いで頭痛がしたり気分が悪くなったりした
  • 塗料が飛び散って近隣の車や家などに付着した
  • 工事の騒音や振動が気になってイライラする
  • 業者の工事車両が駐車していて車が通行できない
  • 業者のマナーが悪い(雑談の声が大きい、タバコのポイ捨てをしているなど)

また、外壁塗装のために足場を組んだり養生を行ったりする場合は、治安に不安がある、視界が遮られる、業者に家をのぞかれないか心配になるといった内容もあります。

2.外壁塗装で失敗してしまう原因

外壁塗装で失敗してしまうのにはどんな原因があるか、詳しく見ていきましょう。

2-1.すべて業者任せにする

外壁塗装で失敗する原因の一つに、すべて業者任せにしてしまうことが挙げられます。特に、外壁塗装を依頼したことがない人は、どんな塗料や塗装方法で進めるべきかよく分からないのも仕方がありません。しかし、すべて業者任せにすることで、後から「イメージと異なる仕上がりになった」となることが多いのも事実です。

2-2.業者のアドバイスを無視して進める

業者のアドバイスを無視して進めるのも、外壁塗装で失敗する原因といえます。すべて業者任せにするのもいけませんが、信頼できる業者の提案には耳を傾けることも必要でしょう。実績が豊富な業者は、数多くの実例を元に、最適な塗料や塗装方法を教えてくれます。こうした有益な意見を無視すると、思わぬ失敗につながるので気を付けましょう。

2-3.ギリギリの工期で依頼する

ギリギリの工期で外壁塗装を依頼すると、失敗しやすくなります。外壁塗装は、下地や塗料を乾燥させる工程があり、余裕を持った工期が必要です。しかし、ギリギリの工期で依頼すると、業者にプレッシャーがかかり、作業が雑になったり十分に乾燥させずに次の工程に移ってしまったりする原因になります。すると、工期に間に合ったとしても、低品質な仕上がりになりやすいのです。

2-4.適当な業者に依頼してしまう

適当な業者に依頼してしまうと、外壁塗装で失敗するリスクが高まるので注意してください。たとえば、予算を抑えたいために激安さだけを重視して業者を選んだ結果、仕上がりが悪い、工期が大幅に延びたなどの失敗が起こりやすくなるでしょう。外壁塗装が安く済んだように見えても、すぐにやり直す必要があるのでは、結局高く付いてしまいます。

3.外壁塗装で失敗しないポイント

外壁塗装で失敗しないポイントを、詳しくご紹介しましょう。

3-1.信頼できる業者に依頼する

外壁塗装は、信頼できる業者に依頼することが一番のポイントです。具体的には、以下のポイントに当てはまる業者に依頼すると安心でしょう。

  • 外壁塗装の実績が豊富にある
  • 丁寧な作業と仕上がりのよさで定評がある
  • 現場視察と見積もりは無料
  • 分かりやすくてリーズナブルな料金システム
  • 希望の工期に合わせてもらえる
  • スタッフが親切で感じがよい
  • 保証やアフターサービスが充実している

なお、当テンイチでも、外壁塗装で長年の実績があり、ご好評をいただいています。まずは、お気軽にお問い合わせください。

3-2.なるべく多くの実例を参考にする

外壁塗装で満足度の高い仕上がりを手に入れるには、なるべく多くの実例を参考にするといでしょう。親切な業者なら、たくさんの実例を提示しながら、どんな外壁塗装がよいかアドバイスしてもらえるはずです。最初はぼんやりとしていたイメージも、実例を多く目にすると、好みの傾向がハッキリしてきます。最終的に、最も気に入ったパターンを元に、業者とよく相談してみるとよいでしょう。

3-3.疑問や不安をそのままにしない

業者とのやり取りで疑問や不安があったら、そのままにしないことも大切です。自己判断で都合のよい解釈をしてしまうと、思わぬ行き違いにつながることがあります。外壁塗装の色・塗装方法・工期・費用などで疑問や不安が発生したら、すぐ解決しておきましょう。評判のよい業者であっても、ケアレスミスが起こる可能性はあります。外壁塗装が仕上がってから後悔しないよう、慎重に進めていきましょう。

3-4.余裕を持った工期で依頼する

外壁塗装の失敗を防ぐには、余裕を持った工期で依頼することも必要です。工期に余裕があれば、多少の遅れが発生しても、また、雨天などで中止になっても、予定どおり完成させることが可能になります。特に、店舗のオープンなど、外壁塗装を必ず仕上げておきたい日にちが決まっているのなら、早めに着手してもらえるように手配しましょう。

3-5.近所に挨拶しておく

外壁塗装の前に、近所に挨拶しておくことも忘れないようにしましょう。近所からのクレームの多くは、外壁塗装の日程を事前に知らせておくことで防ぐことが可能です。外壁塗装の日程が決まったら、なるべく早く近所へ知らせておきましょう。伝えるべき内容は、以下を参考にしてください。

  • 外壁塗装の日程
  • 作業時間
  • 作業内容
  • 影響が考えられる内容
  • 問い合わせ先の電話番号

また、問い合わせやクレームには速やかに対応することで、問題が深刻化するのを防ぐことができます。

4.外壁塗装の失敗に関するよくある質問

最後に、外壁塗装の失敗に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.外壁塗装に適した時期はいつ?
A.比較的空気が乾燥していて雨が少ない時期です。ただし、梅雨や長雨になりやすい時期を除けば、雨を完全に避けることは難しいので、工期に余裕を持って依頼しましょう。

Q.高価な塗料を選べば失敗しない?
A.いいえ。高価な塗料を選んだだけで失敗を回避できるわけではありません。高価な塗料を使用しても、色選びが悪い、職人の技術不足などの理由で、低品質な仕上がりになることもあります。

Q.知人から紹介された業者なら安心して外壁塗装を依頼できる?
A.実際に知人が外壁塗装を業者に依頼したことがあるのなら、ある程度信頼できるといえます。しかし、単にネットで調べただけ、うわさを聞いただけで紹介してくる場合は注意が必要です。中には、紹介料を得るためにすすめてくることもあるので、自分できちんと調べてから判断したほうがよいでしょう。

Q.外壁塗装で原色に近い色を選ぶのはダメ?
A.ダメではありませんが、いくつか注意すべきことがあります。原色に近い色は退色しやすい、汚れが目立ちやすい、周囲の建物から浮きやすいなどがデメリットです。

Q.「今だけキャンペーンで外壁塗装が半額」というチラシが入っていたのですが?
A.悪質業者の可能性が高いため、信用してはいけません。悪質業者の多くは、根拠のない激安さを前面に出してアピールしてくるからです。たとえ激安で外壁塗装することができても、低品質な仕上がりだったり十分な保証やアフターサービスが受けられなかったりするなど、何かと不満が残ることが多いので注意してください。

まとめ

今回は、外壁塗装の失敗について詳しく解説しました。外壁塗装の失敗を防ぐには、どんな原因で失敗しやすいかを知っておく、すべて業者任せにしない、実例を多く参考にするなどの方法があります。中でも、外壁塗装の失敗を避けるのに大切なのは、信頼できる業者に依頼することです。まずは、この記事を参考にして信頼できる業者を選び、よく相談して進めていくとよいでしょう。