丁寧な診断で希望を叶える

外装

通常の生活では不便を感じにくい外壁の劣化。しかし、劣化した外壁は雨風や紫外線の影響を受け、住まいの寿命を左右します。老朽化・劣化が激しい場合や耐火性能を向上させたい場合は、外壁の張り替えがオススメです。知識のある担当者が、外壁素材それぞれの特徴と住まいの状況を踏まえ、最適な素材を提案。熟練の職人による施工で住まい全体を守ります。

icon

外装のリフォームポイント

補修

外壁は、住宅を雨風や紫外線から守る大切な役割を担っています。建物本体の寿命を延ばすためにも、外壁の定期的なメンテナンスが大切です。劣化を見つけたら、早めに部分的な補修を行いましょう。

塗装

塗料の種類には、アクリス系、ウレタン系、シリコン系、フッ素系などがあります。耐用年数や遮熱・断熱性の違いがあり、汚れがつきにくいもの、ひび割れしにくいものなど、それぞれに性質があります。

新調

既存の外壁の素材を取り外し、新しい材料に張り替えるほか、既存の外壁の上からサイディングボードを重ねて貼るといったカバー工法があります。耐久性や費用が異なるので、最適な工法を検討しましょう。