生活の中心をちょうどよく

リビング・ダイニング

リビング・ダイニングは、家族全員がくつろぎ団欒する、生活の中心となる場所。
出産・子供の自立による生活者の増減に合わせた空間デザインの変更、老朽化対策、冷暖房設備の導入など、生活の中心になる場所だからこそ、「家族の今」にマッチする手直しが必要です。
収納から間取りまで、「ちょうどよい」を叶えるプランを提案します。

icon

リビング・ダイニングのリフォームポイント

空間づくり

家族が集い、来客も多いリビング。誰もが心地よく感じる空間づくりを考えるとよいでしょう。
ドアや内装材、照明など、素材とコストを踏まえ、家族で相談しながらコーディネートしてみましょう。

内装材

床・壁・天井に使用する素材は、クロスや、木・漆喰などの自然素材、塗装などさまざま。デザインや雰囲気に合わせて選びましょう。また、調湿・防湿効果がある素材もあるので合わせて検討しましょう。

収納

人が集まる場所は、散らかりやすい場所でもあります。片付けやすく、すっきりとした印象になる収納を心がけましょう。
収納量を考え、将来を見据えて+αの収納を考えるとよいでしょう。

リビングは、明るく開放的な雰囲気にしたいものです。採光や通風、景観も考え、最適なサイズを選びましょう。
アクセントになる出窓・小窓のほか、断熱性・防音性・防犯性も検討しましょう。

照明

照明は、明るさだけではなく、効果的な照明プランは空間の雰囲気に彩りを加えてくれます。シーリング、ダウンライト、ブランケットライト、間接照明など暮らしに合わせたプランを考えましょう。

リビング・ダイニングのリフォーム事例 WORKS

施工事例をもっとみる