キッチンが変われば、奥さまの1日が変わる

キッチンリフォーム

キッチンは20年ごとの見直しがおすすめ。設備の老朽化による不具合の解消だけでなく、暮らしの変化にフィットするリフォームを施すことで調理の効率を向上することができます。
料理や片付けの時短、子供と料理を作りたい、本格料理を極めるためなど、求めるキッチンの形はさまざま。たくさんのこだわりを詰め込んだ、家族の理想が叶うプランを提案します。

icon

キッチンのレイアウトからみる、おすすめポイント

アイランド型キッチン

シンクや調理器を壁から独立した位置に、島(アイランド)のように配したキッチン。複数人で作業がしやすいのでホームパーティーが好きな方にお勧め。存在感があり、空間を華やかに演出します。

ペニンシュラ型キッチン

シンクや調理器を壁から突き出した半島(ペニンシュラ)のように配置することで、オープン、もしくはセミオープンキッチンにできます。対面になるので、家族の様子を気にかけながら作業ができます。

U型・2列型キッチン

U字型にシンク、調理器、調理スペースを配置することで、広い作業・収納スペースを確保できます。作業効率が高いので料理好きの人にお勧め。一部をキッチンカウンターにすると、配膳もラクになります。

L型キッチン

L字型にシンク、調理器、調理スペースを配置したキッチン。動線が三角になるので、効率よく作業をすることができます。複数人での作業もしやすく、収納場所も確保しやすいのが特徴です。

I型キッチン

L字型にシンク、調理器、調理スペースを配置したキッチン。動線が三角になるので、効率よく作業をすることができます。複数人での作業もしやすく、収納場所も確保しやすいのが特徴です。