誰もが安全で快適な住まいへ

バリアフリー

将来を見据えたバリアフリー化は、手すりの取り付けから段差の解消、ヒートショック対策まで内容はさまざま。住まいによって、快適な暮らしの実現に必要な対策や内容が変わってきます。テンイチが提案するのは、この先もずっと安全に暮らすためのリフォーム。現在だけでなく、今後障害に発展しかねない部分までを見逃さず、的確なプランを提案します。

icon

バリアフリーのリフォームポイント

段差解消

ドアや敷居部分の小さな段差や玄関まわりの大きな段差など、室内には多くの段差が存在し、つまづき、転倒の原因となります。
段差の解消や調整、スロープの設置など対策を検討しましょう。

手すりの設置

手すりの取り付け位置は、年齢や身体の状態、利き手の握力の変化により、高さ・左右・向きをその都度検討する必要があります。
使う人の状態を考え、安全で使いやすい位置に設置しましょう。

扉のリフォーム

開き戸のドアノブをレバーハンドルや大きなサイズのものに変更することで、ドアの開閉が楽になります。また、開き戸から引き戸に変更すると、車椅子や杖を使っている人が通行しやすくなります。

ヒートショック対策

床暖房の導入や、ペアガラスなど断熱効果が高い窓への変更、浴室の暖房機の設置等で、家全体の温度を均一に保つ工夫をすることで、ヒートショック対策を行うことができます。

滑り止め対策

玄関ポーチやスロープ、水周りなど、濡れると滑りやすくなる場所に対策を講じましょう。滑り止め効果が高い床材や、滑り止めシートの設置により、転倒を未然に防ぐことができます。