用途に合う機能を備えた部屋

寝室・和室・洋室

洋室・和室は、それぞれの用途やライフステージにあわせたリフォームを施すことで、使い勝手に大きな差がでます。
1日でもっとも長い時間を過ごす寝室には安眠できる環境、趣味部屋には防音設備や収納、仏間兼応接間には畳敷き(和室)など、優先条件はそれぞれに異なります。テンイチでは、不具合を解消するだけではない機能性に優れたプランを提案します。

icon

寝室・和室・洋室のリフォームポイント

空間づくり

一日の疲れを癒す場所でもある寝室などの個室。ゆったりとくつろげるよう、家族の好みや趣味、活用方法に合わせ、インテリアや空間づくりにもこだわりたい部分です。

内装材

それぞれの目的に合わせて、使用する素材を検討しましょう。一面だけクロスを変えるアクセントクロスもおしゃれです。カーペットや調湿素材をするのもお勧めです。

収納

衣類や寝具の量を踏まえ、収納スペースを考えましょう。大容量の収納が可能なウォークインクローゼットやビルトイン収納、空間をゆるやかに遮りながらおしゃれに収納するオープン収納などもあります。

ベッドを置く位置と、外気が入りやすい窓の位置関係を踏まえ、検討しましょう。寝室・個室は静かな時間を過ごしたい場所。
二重、三重ガラスや、防犯・防音性のあるサッシを採り入れてもよいでしょう。

照明

夜間時にリラックスするためには、明るすぎない照明がお勧めです。
調光機能があるものや、ダウンライト、ブランケット、間接照明など多灯分散照明を利用するとよいでしょう。

和室から洋室

和室を洋室に変えるリフォームも可能です。障子は、プリーツスクリーンやカーテンにするほか、障子を活かした和モダンな洋室にもできます。押入れをクローゼットにするとさらに便利になります。

和室

畳は吸放湿性・断熱性・防音性に優れています。手入れが簡単で、縁がなくカラーも選べる琉球畳もお勧めです。床下収納、押入のデザインクロス使用など、機能的で現代的な和室も人気です。

寝室・和室・洋室のリフォーム事例 WORKS

施工事例をもっとみる