住まいのコンシェルジュ

ゴーヤ以外にもたくさんあった! 緑のカーテンを作れる植物あれこれ。


緑のカーテン

眩しすぎる日差しを防ぎ、断熱効果があるとしてすっかり浸透した緑のカーテン。
今年も庭先やベランダだけでなく、学校や役所などの公共施設の窓辺にも涼しげな緑を見ることができるでしょう。
緑のカーテンといえばゴーヤが代表的ですが、それ以外にも緑のカーテンを作れる植物はたくさんあります。
今回はゴーヤ以外の緑のカーテンにおすすめな植物たちをご紹介しましょう。

つる植物なら基本的に何でもOK

緑のカーテンに必要な条件はただひとつ、つる植物であること。
ネットに絡みながら成長できるものであれば何でもよいのです。
なかにはスイカで緑のカーテンを作ってみた、という人もいますよ。
植物によって日陰を好むもの、日当たりを好むもの、虫がつきやすいもの、つきにくいものなど様々な特徴があります。
緑のカーテンを作りたい場所の土地柄や周りの環境などをよく考えたうえで植物を決めるとよいでしょう。

美しい花を咲かせる植物

アサガオ
初心者にも育てやすい強い植物。日当たりのよい場所に植えるとぐんぐん育ちます。
セイヨウアサガオ・二ホンアサガオ・宿根アサガオなどの種類があるので、お好みに合わせて選びましょう。
虫も付きにくいので、マンションでの生育もおすすめです。

ユウガオ
古典文学にも登場する植物ですが、緑のカーテンにお勧めなのは北米のフロリダ原産のものです。気温の上昇とともにグングン成長して夜から朝にかけて白い花を咲かせます。
育てやすく、虫も付きにくいですが、良い花を咲かせるには多めの肥料が必要です。 ユウガオ

トケイソウ
美しい花を咲かせるので人気がある植物ですが、成長がやや遅めで立枯病などの病気に注意する必要があります。
何度か緑のカーテンを作ってみて、今年はちょっと変わったものに挑戦したいと思っている方におすすめです。
トケイソウ

家計節約にも!! 食べられる実がなる植物

キュウリ
夏野菜の代表のひとつ。
サラダに、冷やし中華にと夏の食卓では大活躍です。
しかし病気にかかりやすくアブラムシがつくことが多いので、庭があ る一戸建て向けです。

ササゲ
おひたしから煮物、スープと幅広い食べ方ができる野菜です。
成長が早く病気にもなりにくいので初心者にもおすすめ。
アブラムシなどが付きやすいので見かけたら早めに退治しましょう。

ツルムラサキ
独特の粘りを持つ植物、サラダやかき揚げなどにおすすめです。
成長が早く病気に強く害虫も付きにくいですから、初めての方にもおすすめです。

いかがでしたでしょうか。ここでご紹介したのはほんの一部。
まだまだ緑のカーテン向けの植物はたくさんあります。
今はホームセンターなどにも苗や種が充実していますし、必要なものがセットになった緑のカーテンキットなども売られています。
今回紹介した植物たちは今から五月下旬くらいまでが種まきに最適のころです。
今年はいつもとちょっと違う緑のカーテンに挑戦してみませんか?