住まいのコンシェルジュ

床下の湿気対策が知りたい! 業者に依頼する際の注意点も併せて解説


床下の湿気が気になっていても、対策が分からず、そのまま放置している方が多いと思います。けれども、床下の湿気対策をしっかり行っておかなければ、シロアリの被害に遭い、家全体の耐久性が下がってしまう可能性もあるのです。その結果、台風や地震などの自然災害に弱い家になってしまいます。

では、どうすればいいのか、本記事では、床下の湿気対策について解説しましょう。

  1. 床下の湿気対策が必要な理由
  2. 床下で湿気が発生する原因
  3. 床下の湿気対策にはどんな方法があるの?
  4. 床下の湿気対策を業者に依頼する際の注意点
  5. 床下の湿気対策に関してよくある質問

この記事を読むことで、床下を湿気から守るポイントが分かります。気になっている方はぜひ参考にしてください。

1.床下の湿気対策が必要な理由

最初に、床下の湿気対策が必要な理由をチェックしておきましょう。

1-1.害虫や菌が発生しやすくなる

床下は、湿気対策をきちんとしておかなければ、シロアリなどの害虫が発生しやすくなります。特に、床下でよくあるトラブルはシロアリ被害です。シロアリは土の中に生息しており、木材をエサにしています。床下にある柱などを食い荒らして、ボロボロにしてしまうのです。また、湿気が多い場所ほど菌がたまりやすく、不衛生な環境になってしまいます。雑菌が繁殖すると悪臭も発生するので、湿気対策は入念に行わなければなりません。

1-2.湿気で発生したカビが床上部分に浸食する

床下に発生したカビが、人が生活する床上部分にも浸食することがあります。いつの間にかカビがどんどん繁殖し、布団・カーペット・壁クロス・フローリングなどにもカビに侵されてしまうことになるでしょう。部屋中にカビの胞子が舞い上がっている状態で生活しなければなりません。人体にも悪影響を及ぼす恐れがあるため、カビ対策をしっかりと施す必要があります。

1-3.家の寿命が短くなる・耐久性が低くなる

前述したように、シロアリは木材をエサとするため、床下をどんどん食い荒らします。その結果、家の土台がボロボロになってしまい、直接ダメージを受けることになるのです。床下に発生する湿気は、特にシロアリ被害とカビによる木材の腐敗を同時に引き起こすので、家の耐久性が低くなってしまいます。木造住宅だけでなく、鉄骨住宅は湿気でサビが生じ、家の寿命を縮めてしまうのです。

2.床下で湿気が発生する原因

では、床下で湿気が発生する原因は、何があるのでしょうか。しっかりと原因をつかむことで、正しい対策ができるようになります。

2-1.地面から発生する水蒸気

床下は地面と建物の床の間にある空間なので、地面から発生する水蒸気の影響を受けることになります。特に、低い位置にあって雨が流れ込みやすい・住宅用地になる前は田んぼとして使われていた土地は、水はけが悪い傾向があるので、地面から水蒸気が発生しやすい点が特徴です。適切な湿気対策を行わないまま家を建ててしまうと、地面から発生する水蒸気で湿気がたまりやすくなってしまいます。

2-2.換気口が確保できていない

建築基準法で定める換気口には、基礎と土台の間にパッキンを埋め込むタイプ、基礎の立ち上がり部分に穴を開けるタイプの2種類があります。それぞれ壁面積に応じて設ける位置が決まっていますが、その数が不十分だったり、位置が適切でなかったりすると湿気を外に逃がすことができません。その結果、湿気がたまりやすくなってしまいます。換気口が確保できていないのは、施工業者のミスがほとんどです。

2-3.ほかにもさまざまな原因がある

床下の湿気が発生する原因は、ほかにも以下のようなケースがあります。

  • 地下水位が高い
  • 床下の土壌面が敷地よりも低い
  • 床下空間の高さが足りない
  • 増築している
  • 基礎の通気が妨げられている
  • 住宅の密集地で隣家との距離が接近している
  • 台風や洪水などの自然災害で床下に雨水が入り込んだ
  • 配管からの水漏れや雨漏りがある

床下の土壌そのものが湿気を含んでいるケースや、床下の通風がよくないケースがほとんどです。最後の2つはアクシデントですが、土壌の水分が多くなり湿気が増えてしまいやすい環境になります。悪化しないうちに早めの対策を施すことが大切です。

3.床下の湿気対策にはどんな方法があるの?

ここでは、床下の湿気対策の具体的な方法を解説します。

3-1.床下換気扇を上手に活用する

換気口が十分に確保できていない・通風がよくないケースにおすすめしたいのが、床下換気扇や拡散送風機の活用です。床下にたまった湿気や空気を強制的に排出し、新鮮な空気を取り入れることで床下の温度を下げることができます。長く使い続けるわけではありませんが、一時的な床下の湿気対策として活用できるでしょう。1階の床面積が30坪位までなら、2~4台でまかなえることができます。取り付け工事は、機種やメーカーによって異なりますが、10万~30万円程度で行うことができるでしょう。ただし、床下の状態によっては高くなる可能性があるので要注意です。

3-2.床下防湿シートを使う

土壌から発生する水蒸気や湿気を根本的に防止する方法として、防湿シートを使う手段があります。防湿シートは床下に敷くことになりますが、土間がコンクリートになっている建物の場合は、コンクリートの下に敷くことになるでしょう。また、厚さや素材によってさまざまな種類がありますが、一般的に広く使われているのは厚さが0.1~0.2mmのポリエチレンやEVA樹脂でできたものです。ただ、床下全面に施工する必要があるため、建物の面積によっては費用が高くなる可能性があります。

3-3.床下調湿材を取り入れる

防湿シートよりも徹底的に湿気を除去したい方は、床下調湿材がおすすめです。床下調湿材は、まわりの湿度が高いときに吸収し、まわりが乾燥していると湿気を排出する優秀なアイテムとなります。繰り返し吸放湿を行うことができるため、半永久に効果が期待できるでしょう。種類はたくさんありますが、主に使われているのはゼオライトなどの石系、木炭などの炭系といったものです。また、直接地面に敷き込むタイプと、不織布の袋に3~4kgずつ詰めたものを敷き込むタイプの2種類があります。

3-4.防湿皮膜形成工法

防湿皮膜形成工法は、より固い防湿皮膜を形成する工法です。処理層には防蟻(ぼうぎ)剤が含まれているため、シロアリの被害を未然に防ぐこともできます。土壌からの湿気を大幅に抑え、床下に発生するカビや腐敗を抑制するための工法です。シロアリの被害に悩んでいる方は、湿気対策もできる防蟻・防湿皮膜形成工法を取り入れてみてはいかがでしょうか。

4.床下の湿気対策を業者に依頼する際の注意点

床下の湿気対策を業者に依頼する際の注意点をいくつか紹介します。

4-1.リフォーム前に「現地調査」を行わない業者はNG

正確な床下の湿気対策を施すためには、どのような状況になっているのか調べる「現地調査」を受ける必要があります。ほとんどの優良業者では工事を行う前に、必ず現地調査を行っていますが、中には調査をせずにすぐ工事へ入るところもあるので要注意です。現地調査を行わない業者は、悪徳業者の可能性を疑ったほうがいいでしょう。依頼前に、しっかり調査をしてくれるか確認してください。

4-2.業者の言うことをうのみにしない

「床下のことは分からないから」と、すべてを業者任せにするのは危険です。業者の言うことをうのみにするのではなく、床下の湿気対策工事について知識を持っておくことが必要となります。知識を持っておかなければ、業者が「ここも湿気対策をしたほうがいい」と過剰な防湿対策をすすめてはお金をだまし取ろうとするのです。基本的に、床下換気扇を設置した場合、防湿シートや砂利の設置は必要ありません。それだけで十分に湿気対策となるため、過剰にすすめてくる業者には注意しましょう。

4-3.複数の業者の見積もりを比較する

床下の湿気対策で気になるのが費用ですが、複数の業者に見積もりを依頼し比較してみてください。3~4社の見積もりを比較することで、相場が把握できるでしょう。また、優良業者と悪徳業者を見極めやすくなるはずです。作業内容や費用を明確に提示してくれない・費用が安すぎる業者には注意しましょう。つい安く抑えられる業者に依頼しがちですが、安すぎる業者は後で高額な費用を請求したり、きちんと工事をしなかったりする可能性があります。

4-4.業者選びのポイントをチェック!

どの業者に依頼すべきか分からなくなったときは、以下のポイントに注目して選んでください。

  • 床下の湿気対策の実績が豊富か
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • どのような質問にも丁寧に答えてくれるか
  • 無料相談や無料見積もりを受けつけているか
  • 見積書の内容が具体的に記載されているか
  • 口コミや評判がいいか
  • 現地調査を行ってくれるか

少しでも不安要素があれば、依頼前にすぐ尋ねることが大切です。また、静岡・浜松・沼津を中心にリフォームを行っている株式会社テンイチでは、無料相談を受けつけています。床下の湿気にお悩みの方は、ぜひ1度ご相談ください。

5.床下の湿気対策に関してよくある質問

床下の湿気対策に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.床下の湿気対策をしたほうがいいケースは?
A.基礎の部分が腐敗している・木材のひび割れが起きている・断熱材の落下が多いなどのケースは、湿気対策を早めに行ったほうがいいでしょう。床下の点検は、年に1回行うのが理想と言われています。戸建ての場合は、1階のどこかに床下点検口があるはずです。そこから床下に入ることができるので、汚れてもいい格好で懐中電灯と軍手を必ず身につけて床下をチェックしてください。自分で点検できない場合は、業者に依頼することをおすすめします。

Q.リフォームの大まかな費用はいくらぐらい?
A.方法によって異なりますが、大まかな費用を以下にまとめたので、ぜひ参考にしてください。

  • 床下換気設備設置:約13万~22万円
  • 防水シート設置:約22万~52万円
  • 床下調湿材:約50万円~

高額な材料を使うほど費用が高くなりがちです。また、湿気対策を早めにしなかったせいで状況が悪化し、さらにお金がかかったというケースをよく耳にします。できるだけ費用を抑えたい方は、ひどくならないうちに対処するのがおすすめです。

Q.注意すべき業者の特徴は?
A.「今すぐに床下をリフォームしなければ危ないです」など、脅し文句でリフォームを迫る業者には注意したほうがいいでしょう。特に、依頼していないのに突然やってきては、無料だからと現地調査を行う業者です。押し売りを行う業者は、悪徳業者の可能性があります。「これもしたほうがいい」「外壁や屋根リフォームも行うべき」など、次から次へと工事をすすめる業者には依頼しないようにしましょう。

Q.DIYで床下の湿気対策はできるの?
A.調湿マットを自分で購入し、床下に敷き詰める簡単な作業ならDIYが可能です。床下に入るための床下点検口があれば、自分で湿気対策ができるでしょう。ただし、DIYをする場合でも、作業服・手袋・床下用マスク・ヘッドライトなど必要な道具を準備しなければなりません。また、調湿マットだけでは、床下の湿気を吸収しきれないこともあります。自分で行うよりも、専門業者に依頼したほうが安心です。

Q.シロアリ被害に遭ったときの対処法は?
A.早急にシロアリの駆除をしなければなりません。自分でも駆除はできますが、専門業者に依頼したほうが確実です。たとえ、点検時点でシロアリがいなくても、全体的に湿気が多く、床下の土が湿っている場合はシロアリが発生しやすい環境になっています。被害に遭ったら対処するのではなく、未然に被害を防ぐための対策が大事です。

まとめ

床下は空気の通り道が少なく、湿気がこもりやすい場所です。しっかりと湿気対策をしておかなければ、シロアリなどの被害に遭ってしまいます。毎日過ごす家だからこそ、床下の湿気対策は必須です。自分でできる対策もありますが、プロの業者に依頼したほうが、スピーディーかつ適切な対策ができるでしょう。ただし、業者の中には、不正を働くところもあるので注意が必要です。床下の湿気対策に詳しく、実績がある業者か確認してから依頼してください。