住まいのコンシェルジュ

今日から実践! 古い部屋をおしゃれにする5つの方法


おしゃれな部屋自分の部屋は古いからおしゃれなインテリアなんて無理…… そんな風にあきらめてはいませんか?
工夫次第で、古い部屋をおしゃれに演出できます。
今回は、そんなお部屋のインテリアの工夫についてお話ししましょう。

1. 色に統一感を持たせる

部屋全体の家具を統一させるには、家具を一新するほどの予算が必要です。
全家具の買い替えはなかなかできることではありませんよね。
そこで、ひとまずは色で統一感を持たせてみましょう。
絵に描いた部屋のように、全く同じ色で統一する必要はありません。
例えば、青を基調とするのなら、水色から紺色までを広くカバーしブルー系で統一するだけでも、見た目の印象は格段によくなります。

しかし、たったひとつの同系色で統一するのは単調な印象を受けるかもしれません。
カラーコーディネイトに慣れてきたら、少し踏み込んで色の幅を広げてみましょう。
例えば、上記の例にそって青基調の部屋であるのなら、青に少し別な色を混ぜたときの色、つまり緑や紫など、カラーパレットで隣り合う色も使ってみるのです。

さらに上級者向けになりますが、差し色として補色を使ってみるのも良いですね。
差し色はあまり割合を多くしてはいけません。
あくまでも、部屋全体を見たときに少しのアクセントとなるように使いましょう。

2. 色の選び方

配色センスに自信がない場合の強い味方は、白・黒・グレーです。
失敗知らずの白・黒・グレーでまとめられた部屋は、それだけで不思議とおしゃれに見えるもの。
また、部屋の配色として2系統の色を使いたい場合に、片方を白・黒・グレーのどれかにすると、もう片方の色にはどんな色をえらんでも相性良くまとまります。

ひとつの好きな色を基調としてまとめあげるときに気をつけたいのが「鮮やか過ぎる色は使い方が難しい」という点です。
赤が好きだとしても、鮮やかな原色の真っ赤よりも、少し暗めの赤や少しオレンジがかった赤など、変化を持たせるとおしゃれになります。
原色は子どもっぽい印象になってしまうことを逆手に取って、子ども部屋のインテリアに活用すると良いでしょう。

3. 照明を工夫する

おしゃれな部屋の照明といえば間接照明!
でも、部屋の壁を工事したりDIYでで間接照明を取り付けるのは少しハードルが高くなります。
そこで役立つアイテムが、電気スタンドです。
スタンドからのあかりで直接手元や部屋の中を照らすのではなく、あえて部屋の角に設置して壁を照らし、その反射光が部屋を照らすようなスタイルにすると良いでしょう。
また、天井からつるすタイプの照明器具は、ひもや鎖を長めにして低い位置まで下げるだけでもおしゃれな照明に変身します。
特に、キッチンの照明は食卓の真上から低めにつるして蛍光灯の明るさは少し落とすだけでも、おしゃれなカフェやレストランのような雰囲気が出るんですよ。

4. 壁をギャラリーに

広く開いた壁は写真や絵・ポスターなどでおしゃれに演出しましょう。
写真の飾り方にもさまざまなスタイルがあります。
例えば、糸を右左へ緩く張って、そこへクリップで留めつけて並べる飾り方は定番ですね。
クリップは木製のものを使えばさらにおしゃれ度が増します。
コルクボードをひとつ設置して、カラフルな押しピンで留めつける飾り方もまた定番として有名ですね。
このようなおしゃれインテリアグッズは、100円ショップなどでも購入できます。
おしゃれな部屋作りには費用がかかると思われがちですが、工夫次第で費用をかけずにおしゃれな演出もできるのですよ。

5. シンプルか雑多か方針を決めて

おしゃれな部屋とひとくちに言っても、さまざまな方向性がありますね。
無駄なものが全く置かれていない、機能美を追求したシンプルでおしゃれな空間。
逆に、何に使うのかわからない無駄なものが雑多に置かれていて、それが逆におしゃれに見える部屋。
どちらを目指すにしても、方向性を決めたら、とことん突き詰めましょう。
雑多なおしゃれを目指すのなら、半端なやり方ではただ散らかって見えるだけです。
場所を決めて、ここの空間はとことん雑多に片付ける、という方針を決めてください。
「雑多に片付ける」というと矛盾して聞こえるかもしれません。
例えば、本棚なら、通常は同じサイズの本をそろえてキレイに並べるところをあえてランダムに並べる、壁に写真を飾るのなら、整然と並べるのではなくランダム性を意識して配置する、などの工夫ができます。
雑多な方向性で簡単な方法が「無駄なものを置く」というものです。
使い道はないけれど、これが部屋にあるとおしゃれに見えるかも! そう思える雑貨を見つけたら、どんどん取り入れてみましょう。

おわりに

いかがでしたか?
今回は、古い部屋でもおしゃれに演出できるインテリア案についてお話ししました。
ここで紹介した以外にも、さまざまな工夫が考えられると思います。
あなたの個性が光る工夫で、あなただけのおしゃれな部屋を作り出してみてください。