住まいのコンシェルジュ

マンションリフォームの注意点は? トラブル防止に役立つ3つのポイント


マンションリフォーム「中古マンションを購入して自分好みにリフォームしたい」
「古くなったマンションをきれいにリフォームしたい」
最近はこのように考える人が増えているようですね。
あなたも現在マンションリフォームを検討中ですか?
もしマンションリフォームを検討中なら、その注意点をよく知っておく必要がありますよ。何も知らずにリフォームをはじめると近隣住民やマンションの管理会社とトラブルになる場合もあるのです。

マンションリフォームの注意点。その具体的なポイントを知りたいと思いませんか?
この記事ではマンションリフォームの注意点を3つご紹介致します。あなたのマンションリフォームをトラブルなく行なうために是非お役立てください。

1.リフォームできない部分がどこなのかを知っておく

マンションには自由にリフォームできる部分とそうでない部分があります。ご存知ですか?
マンションリフォームが不可能な「共有部分」を勝手にリフォームしてしまうとマンションの管理会社や近隣住人との間に問題が起きることでしょう。

マンションの共有部分にはエレベーターや廊下が含まれていますが、実は部屋の窓やベランダも共有部分になっている場合があるのです。知らずにリフォームするとマンションの規約違反になる場合がありますよ。
マンションリフォームをする前に契約書をしっかり読み、注意点を理解してからリフォームを始めましょう。

2.近隣住民への配慮を忘れない

マンションリフォームの注意点は契約内容を守ることだけではありません。近隣住民に対する配慮も忘れないようにしましょう。
マンションは一戸建てとは違い、壁を挟んだ隣は他人の住居です。そのためリフォームに伴う騒音や建材の置き場所、匂いなどが原因でトラブルになるケースもあります。ですから、必ずリフォーム前にご近所へ挨拶に行ってください。
最低でも両隣・真上3件・真下3件・管理会社にはリフォーム前の挨拶をしておきましょう。

3.「共有部分」のリフォーム時期と重ならないようにする

マンションでは管理会社が「共有部分」を定期的にリフォームします。そのリフォーム時期とあなた個人のリフォーム時期が重なってしまうなら資材の搬入や業者の出入りなどで問題が起きる可能性がありますよ。
あなた個人のマンションリフォームをする前に「共有部分」のリフォーム時期を確認し、工事日程が重ならないように注意してください。

まとめ

いかがでしたか?
この記事では、マンションリフォームの注意点を3つご紹介しました。

  • 注意点その1:リフォームできない部分がどこなのかを知っておく
  • 注意点その2:近隣住民への配慮を忘れない
  • 注意点その3:「共有部分」のリフォーム時期と重ならないようにする

マンションリフォームをする時にはこれら3つの点に注意しましょう。マンションを正しくリフォームして快適なマンションライフを楽しむために是非お役立てください。