【必見】雨漏りを即座にSTOP!雨漏りの原因・修理方法とことん解説!


「大雨や台風が来るたびに、雨漏りが心配」「屋根や壁にしみができたけど、雨漏りしている?」など、雨漏りに悩んでいる人は多いことでしょう。家は、何らかの原因で雨漏りが発生することがあります。雨漏りがあると、家中が湿気(しっけ)やすくなるだけではありません。カビや害虫が発生する原因にも、なるでしょう。特に、梅雨(つゆ)や台風のシーズンは、早めに雨漏り対策をする必要があるのです。

  1. 雨漏りについての基礎知識を学ぼう
  2. 雨漏りがあったときの対処方法を伝授
  3. 雨漏りの修理方法を理解しよう
  4. 雨漏り修理を依頼する業者の選び方
  5. 雨漏り修理で疑問に思う内容にお答えします!

今すぐ雨漏り修理をして、雨が降っても快適で安心な暮らしを手に入れてください。記事には、雨漏り修理に必要な知識がたくさん書いてあるので役に立ちますよ。

1.雨漏りについての基礎知識を学ぼう

雨漏りの対策をしっかり行うためには、雨漏りについての正しい知識を身に付けることが大切です。まずは、雨漏りについて基本を学びましょう。

1-1.雨漏りする場所について

雨漏りしやすい場所について、それぞれ確認をしておきましょう。家には、意外と雨漏りをする場所が多いのです。

1-1-1.屋根

雨漏りで最も多いのが、屋根からのものです。特に、台風や大雨の後の雨漏りに悩んでいる人もたくさんいるでしょう。屋根は家の上部にあるため、雨漏りがすると部屋の中に水滴が落ちることが特徴です。

1-1-2.壁

壁からも雨漏りがすることを、ご存じでしょうか。実は、外壁塗装が何らかの原因でひび割れたりはげたりすることで、雨漏りをすることがあるのです。特に、大雨のときや雨が斜(なな)めに降ってきたときに雨漏りがしやすいでしょう。外壁塗装のメンテナンスをしていないために、起こりやすい雨漏りのパターンですね。

1-1-3.屋上

マンションやアパートの最上階に住んでいる場合は、屋上部分から雨漏りがすることがあるでしょう。屋上部分は、一般的にコンクリートで整備していることが多いですよね。コンクリートは、経年変化でひび割れがしやすいことでしょう。ひび割れを修復しないことにより、雨漏りが発生することになるのです。

1-1-4.ベランダ

ベランダがある家では、ベランダから雨漏りすることもあります。ベランダ部分は家から出ている形になるため、雨の影響を受けやすい部分と言えるでしょう。特に大雨が降った後は、ベランダ部分に大量の雨水が溜(た)まることがあります。また、ベランダはコンクリートでできていることが多く、経年変化でひびが入るなど劣化するでしょう。ひびから、雨水がしみて雨漏りとなるのです。

1-1-5.窓

窓からも、雨漏りすることがあります。窓と壁の間にすき間ができていると、雨水が浸入して雨漏りとなるでしょう。また、窓ガラスが窓枠と合っていないときにもすき間から雨漏りします。窓の周辺や下側にカビが発生した場合は、窓から雨漏りしていることが多いでしょう。

1-2.雨漏りでよくある原因を考えてみよう

雨漏りになる原因として、よくあるものを考えてみましょう。

  • 屋根材の劣化ですき間ができた
  • 台風や地震があって屋根瓦(がわら)がずれた
  • 屋根や外壁の塗装が劣化してひびが入った
  • 何らかの衝撃を受けて屋根や壁などが損傷した

屋根や外壁は、1年中太陽光線と雨風を受けています。いずれにしても、太陽光線の中の紫外線や雨の中の酸性成分・強風などが、屋根や外壁にダメージを与えることが、雨漏りを引き起こす原因と考えると良いでしょう。

雨漏りの基礎について、色々な情報を知ることができました。
正しい対策をしっかり行うためには重要な情報ですので覚えておいてくださいね。

2.雨漏りがあったときの対処方法を伝授

実際に雨漏りがあったときの対処方法について、伝授します。雨漏りのチェック方法などを学びましょう。

2-1.雨漏り修理について

雨漏りと判断した場合は、修理が必要になります。実際に修理するときは、雨漏りがある部分を正確に判断する必要があるでしょう。雨漏りの場所を確定することができない場合は、修理が不完全になります。その前に、雨漏りのチェック方法について確認してください。

2-1-1.自分で雨漏りをチェックする方法

自分で雨漏りをチェックすることも、可能です。たとえば、以下のようなポイントをチェックすると良いでしょう。

  • 目視で瓦がずれていたり割れていたりしないか
  • 屋根材やコーキング部分が劣化してはげている部分は無いか
  • 壁から雨漏りする場合は外壁にひび割れが無いか
  • 窓・ベランダなどのコーキング部分が劣化していないか

外壁など、わずかな修理で問題が無くなりそうな場合はDIYショップに売っているコーキング剤や修復グッズを購入して自分で直すこともできるでしょう。ただし、あくまでも応急処置と認識しておいてください。

2-1-2.業者に依頼した方がいい場合はどんな状態か

屋根のずれや壁のひび割れが広範囲に及んでいるなど、自分では対応が難しい場合も多いでしょう。また、修理するにも屋根に登る必要がある場合や、高いところでの作業は危険を伴います。確実に雨漏り修理を行うためにも、業者に依頼した方が良いでしょう。自分で修理するのは、ごく狭い範囲で手の届く位置だけにしてください。業者に依頼することで、雨漏り修理をしっかりと行ってくれますよ。

2-2.雨漏り調査について学ぼう

雨漏り調査について、学びましょう。雨漏り調査は、どこからどんな原因で雨漏りがしているかを調べることです。

2-2-1.雨漏り調査をするメリット

雨漏り調査をするメリットは、雨漏りの原因が正確にわかることです。原因がはっきりを判明することで、適切な対応を取ることができるでしょう。また、原因が判明することで安心もできますよね。また、雨漏り修理を依頼する前に原因を明らかにすることは、無駄な修理や工程を省くことにもつながるでしょう。

2-2-2.雨漏り調査の方法

では、雨漏り調査は実際にどのような方法で行っているのでしょうか。現在行っている雨漏り調査の方法で、主なものは下記の3つとなります。

  • 雨漏りが疑わしい部分に水を掛けてみる
  • 赤外線調査で雨漏りをしている部分を探す
  • 雨漏りが疑わしい部分に特殊な塗料を混ぜた水を掛ける

特殊な塗料とは、紫外線を当てると発光する塗料です。単に水を掛ける方法よりも、確実に原因を特定できるでしょう。

2-2-3.雨漏り調査の料金について

雨漏り調査の料金は、どの方法を選ぶかにもよります。しかし、目安として10万円から20万円と考えておくと良いでしょう。ただし、下記のようにサービスで雨漏り部分を調査してくれるところもあるので、参考にしてください。

テンイチの屋根診断:http://www.10-1.co.jp/service/roof/index.html

雨漏り調査なんていうのがあるんですね。
修理前に雨漏りの原因が正確にわかれば無駄が省けます。

3.雨漏りの修理方法を理解しよう

では、雨漏りの修理用法を解説します。どのように修理を行って雨漏りを直すのか、理解してください。

3-1.雨漏りの修理方法を学ぼう

雨漏りが起きた場所別に、主な修理方法を学びましょう。場所によって、修理方法が異なることを理解してください。

3-1-1.屋根が雨漏りしたときの修理方法

屋根が雨漏りしたときは、まず、屋根に登って雨漏りしている部分を探します。問題の部分を発見した後は、雨漏りがしないように瓦のずれを直したり屋根材のひび割れを直したりする作業に入るでしょう。屋根の修復をすることで、雨漏りもしなくなります。大掛かりな作業になる場合は、応急処置としてブルーシートなどで雨をしのぐこともあるでしょう。

3-1-2.壁が雨漏りしたときの修理方法

壁が雨漏りしたときは、外壁をチェックして雨漏りしている部分を特定します。多くの場合で、外壁のひび割れや損傷がみつかることでしょう。雨漏りを修理するには、損傷部分をコーキング剤や外壁材で修復することで雨水の浸入を防ぎます。

3-1-3.屋上が雨漏りしたときの修理方法

屋上が雨漏りしたときの修理方法は、ひび割れていたりずれが起きていたりする部分のコンクリート補修を行います。コンクリート補修が完了することで、雨漏りの悩みも解消するでしょう。ただし、屋上から雨漏りがしている場合は表面だけで無く奥まで問題が広がっていることがあります。場合によっては、大規模な修理となるでしょう。

3-1-4.ベランダが雨漏りしたときの修理方法

ベランダが雨漏りしたときは、どの位置から雨漏りしたかによって対応が異なります。ベランダ本体部分のひび割れや劣化によって雨漏りが起こっている場合は、ベランダの補修を行うことになるでしょう。ひび割れた部分を補修材で埋(う)めたり、劣化した部分を取り換えたりすることになります。また、家とのつなぎ目の部分から雨漏りをしている場合は、ベランダ部分と同時に家の外壁を修理する可能性もあるでしょう。

3-1-5.窓が雨漏りしたときの修理方法

窓が雨漏りしたときは、窓枠と壁との間のコーキング剤が劣化している可能性があります。コーキング剤が劣化していた場合は、コーキングのやり直しをすることになるでしょう。また、窓ガラスと窓枠にずれがあってすき間がある場合は、窓ガラスの交換となります。窓が雨漏りした場合は、周辺の壁にも影響があることが多いでしょう。場合によっては、窓部分だけで無く、周辺の壁の修理も必要になります。

3-2.雨漏りの事例を紹介

雨漏りの事例を、いくつかご紹介します。雨漏りになるきっかけとして、どんな事例があるのか学んでください。

3-2-1.台風の後に瓦がずれて大量の雨漏りがあった

台風は、大雨も困りますが強風の方が問題でしょう。強風を受けることで、屋根瓦がずれたりコーキング剤にひびが入ったりして大量の雨漏りがあった、という話はよく耳にします。大きな台風の後に、雨漏り修理が殺到するのは道理と言えるでしょうね。

3-2-2.テレビ用のアンテナ工事で屋根瓦がずれた

テレビ用のアンテナ工事のときに、作業者が瓦を破損してしまったため、雨漏りが発生した例。実は、何らかの作業のために屋根の上に人が乗ったことで、瓦が損傷してしまうことはよくあるのです。きちんとずれた瓦を修復しないことで、雨漏りにつながってしまったのでしょう。アンテナ工事を依頼した業者に、賠償(ばいしょう)を求めても良い案件ですね。

3-2-3.古いトタン屋根が錆(さ)びて穴が開いていた

古い家では、屋根材にトタンを使っていることもあります。トタン屋根は、経年変化で錆(さ)びやすいでしょう。トタン屋根の錆(さ)びが進んで穴が開いたことで、雨水が浸入して雨漏りになったという例ですね。トタン屋根の家は減ってきているものの、まだ古いトタン屋根の家に住んでいる人は、屋根の劣化に気を付けるべきでしょう。

3-2-4.自分で塗った外壁塗装が劣化して雨漏りの原因になった

DIYが趣味の夫が、自分の家の外壁塗装を行った後に、劣化して雨漏りの原因になったという例です。塗装に使用した塗料が、防水効果に乏しいものであることと塗り方にむらがあったことが原因でしょう。大小のひび割れが多数発生して雨水が浸入したことで、壁から雨漏りを見ることになりました。外壁塗装は、外部から室内を守るためにも重要な部分です。趣味で外壁塗装を行うよりも、プロに任せた方が良い例でしょう。

3-3.雨漏り修理用の防水塗料や素材の種類

雨漏り修理用の防水塗料や素材についても、知識を身に付けておきましょう。雨漏り修理用としては、防水効果に優れた塗料や素材である必要があります。DIYショップにも、雨漏り補修用の防水塗料や補修材を売っていることでしょう。また、すき間を埋(う)めるためのコーキング剤も雨漏り補修用として、よく使用するものになります。

3-4.雨漏り修理の耐用年数について

雨漏り修理にも、経年変化による寿命があります。ひとたび雨漏り修理をしたところは、5年から10年程度と考えて良いでしょう。ただし、直射日光がそのまま当たる屋根は紫外線による劣化が進みやすいのも事実です。また、台風や地震・大雨などの自然災害が起きたときは、耐用年数が短くなりますので覚えておいてくださいね。

3-5.雨漏り修理のときに足場は組むか

雨漏り修理のときに足場を組むかという点については、雨漏りをしている状況によります。たとえば、外壁の上部など作業員の安全を確保しながら修理を進める必要がある場合や、家に損傷を与えないように保護をする必要がある場合は、足場を組むことになるでしょう。足場を組む必要があるかどうかは、業者との打ち合わせのときに改めて確認してください。

3-6.雨漏り修理に必要な日数の目安

雨漏り修理に必要な日数は、たとえば、屋根の雨漏り修理の場合、半日から7日間程度となります。外壁やベランダなど、ほかの部分からの雨漏りも数日は必要になるでしょう。少しのひび割れなどをコーキング剤で補修するだけなら、半日でできる場合もあります。しかし、広範囲の修理が必要な場合は数日掛かるでしょうね。また、途中で雨が降ると修理が延期になります。雨漏りの修理は、雨が降っていないときに行うことが原則であることを覚えておきましょう。

3-7.雨漏り修理に必要な費用

雨漏り修理に必要な費用については、目安として下記を見ていただくと良いでしょう。

  • 屋根の雨漏り:部分的な修理で5万円程度、屋根全体で40万円から150万円程度
  • 外壁の雨漏り:10万円から100万円程度
  • 屋上の雨漏り:25万円から50万円程度
  • ベランダの雨漏り:5万円から25万円程度
  • 窓の雨漏り:5万円から15万円程度

上記は、あくまでも目安と考えてください。雨漏り部分だけを最低限修理する場合と、全体的に修理する場合では、費用が大きく異なります。

3-8.雨漏りの保険についても知っておこう

雨漏りをカバーする保険も、あります。たとえば、火災保険ですね。火災保険と聞くと家事だけを保証するのでは無いか、と思うことでしょう。しかし、実際には風災(ふうさい)と呼ぶ損害補償に当てはめることができるのです。もしも、皆さんが家の火災保険に加入している場合は、契約内容を確認してください。ただし、雨漏りでも強風を伴っていることや20万円以上の修理費用が掛かるなど、加入している保険によっては条件をクリアする必要があります。雨漏りがあった場合で、保険が適用になるかどうかは加入してる火災保険会社に連絡を取って確認してください。

場所によって修理の仕方も変わってくるものなんですね。
半日で済むものから1週間ほどかかるものまであるので、目安として覚えておきましょう。

4.雨漏り修理を依頼する業者の選び方

雨漏り修理を業者に依頼すると決めた場合、業者選びを行う必要があります。良い業者を選ぶためにも、ポイントを覚えてください。

4-1.業者の選び方はこのポイントをチェック

雨漏りの修理は、業者の選び方しだいで満足度が変わります。良い業者を選ぶためには、下記のポイントをチェックしてください。

  • 雨漏りの修理にかんして豊富な実績と経験を持っている
  • 現地視察や見積もりなどの対応が早い
  • 修理費用が良心的な価格になっている
  • 見積もりから契約までを急(せ)かすことをしない
  • 説明や対応がわかりやすく感じが良い
  • すぐに雨漏り修理に取り掛かってくれる

良い業者は人気があるので、すぐに修理に入ることが難しい場合もあります。しかし、できるだけ早く修理ができるように最大限の努力をしてくれることでしょう。なお、雨漏り修理にかんしては、下記の業者がおすすめになりますので参考にしてください。

テンイチ:http://www.10-1.co.jp/

4-2.プロならではのメリットを知っておこう

雨漏り修理をプロに依頼することは、メリットがたくさんあります。プロならではのメリットを、知っておきましょう。

  • 雨漏りの原因をプロの目で調べてくれる
  • 雨漏りの原因に適切な対策をしてくれる
  • 雨漏り修理に必要な時間や労力を節約できる
  • 屋根など危険な場所に行かなくて済む
  • 雨漏りに対する不安や疑問を解消してくれる

雨漏り修理は、豊富な経験と知識が必要な修理です。評判の良い雨漏り修理業者なら、皆さんも満足することでしょう。

4-3.雨漏りの相談窓口や見積もりの知識を持とう

雨漏りにかんする相談窓口は、修理業者の多くが持っていることでしょう。雨漏り修理は、経験が必要な分野となります。多くの実績を持つ業者に、連絡をしてみましょう。また、雨漏りの相談をした後、修理の話題に移ることになるはずです。いきなり契約をするのでは無く、見積もりをもらって検討することがベストでしょう。すぐに直してしまいたい気持ちもわかりますが、修理費用や内容に納得してから契約するべきです。見積もりをもらったら、以下の点をチェックしてください。

  • 見積もりの総費用が高過ぎないか
  • 不明な項目で費用を計上していないか
  • 業者の名前や住所・日付・印鑑などの基本情報が載っているか
  • 見積もりの有効期間の記載があるか

見積書は、契約にかんする参考資料と覚えておきましょう。見積もり内容がわかりやすく、対応が丁寧なことも良い業者のポイントですからね。

4-4.雨漏り修理はアフターフォローの内容も大切

雨漏り修理を行うときは、アフターフォローの内容もしっかりチェックしてください。雨漏り修理は、通常晴れかくもりの日に行うことになります。修理を完了しても、次に雨が降るまでは修理が成功したかどうか判別できません。もしも、雨漏り修理が不完全であった場合は、保証期間内なら無償で直してもらえることも多いです。また、数か月の間はメンテナンス期間として手厚い保証を受けることができる業者もあるでしょう。雨漏り修理は、目先の安さだけで無くアフターフォローの良さも重要なのです。

4-5.雨漏り修理を業者に依頼するときの注意点

雨漏り修理を業者に依頼するときは、きちんと修理内容の説明を受けることが大切です。悪い業者や経験の少ない業者は、雨漏りの原因を追及することなく適当に言う場合もあるでしょう。依頼者にわかりやすく丁寧で、かつ、納得できる理由を提示した説明ができる業者に修理を依頼しましょう。修理内容の説明がわかりやすく親切な対応ができる業者は、総じて修理費用もリーズナブルです。結果的に満足な修理結果となるので、覚えておきましょう。

業者選びのポイントが具体的にわかってタメになりました。
費用の安さも気になるとは思いますが、親切な対応・アフターフォローの良さも重要です。

5.雨漏り修理で疑問に思う内容にお答えします!

雨漏り修理にかんする疑問や質問など、皆さんからよくある内容についてお答えしていきます。内容をしっかり読んで、頭に入れておいてください。

5-1.実際に雨漏りをしている部分の上に原因があるのでしょうか?

雨漏りをしている真上の部分に原因があるとは、限りません。家の構造によっては、ほかの部分から流れてきて、雨漏りを起こしていることもあるでしょう。屋根の上を調べていたら、雨漏りの部分とは離れたところに原因があったということはよくあります。現場を見ないで雨漏りの原因部分を特定することは、簡単なことでは無いのです。

5-2.雨漏りを放置するとどのようなデメリットがありますか?

雨漏りを放置することは、さまざまなデメリットをもたらします。ひとつには、屋根などにしみを作ってしまうことでしょう。また、雨水が室内に入ることで湿気(しっけ)たりカビが発生したりする原因にもなります。湿気が多くて、カビが発生している環境では、健康被害も心配になるでしょう。また、雨漏りの水が落ちた部分によっては、家具などに損害を与えることもあります。

5-3.雨漏りがしにくい家の特徴は?

雨漏りがしにくい家は、定期的に屋根や外壁塗装などのメンテナンスを行っていることが特徴と言えます。メンテナンスをこまめに行うことで、屋根材のずれや外壁のひびなども見つけやすく、修繕する機会があるからでしょう。反対に、家の構造に不備があったりメンテナンスを行っていなかったりする場合は、雨漏りのリスクも高まります。雨漏りに悩むことが無いように、家のメンテナンスはこまめに行いましょう。

5-4.雨漏り修理をした後も再度雨漏りをする可能性はありますか?

雨漏り修理を行った部分は、基本的には雨漏りの心配は無くなると考えて良いでしょう。しかし、修理した部分でも何らかの力が加わったり年数が経(た)ったりすると劣化します。雨漏り修理を行った部分でも、将来雨漏りがすることもあるでしょう。

5-5.雨漏り修理を行った後に気を付けることはありますか?

雨漏り修理を行った後は、修理をした部分に問題が無いかチェックをしてください。雨漏り修理をしたつもりでも、実際には雨が降ったときに雨漏りしたという例もあります。原因は、修理した部分ではなくほかの部分に雨漏りの原因があるから。すぐに業者に連絡して状況を説明し、再度雨漏り修理を行ってもらいましょう。

疑問に思っていたことがすべて解決したので安心しました。
雨漏りをそのままにしておくことは良くないことだらけです。参考にして雨漏りをしっかり修理してくださいね。

まとめ

雨漏りで困るのは、その場かぎりではありません。雨漏りを放置することは、家が傷む原因となったり家族の健康に悪影響があったりするでしょう。雨漏りは、見つけたらすぐに修理をすることが大切です。今雨漏りに悩んでいる人は、記事を読みしだい原因を考えてすぐに対応してください。仕上がりの品質や耐久性を見た場合、雨漏りの修理業者に依頼した方が安心です。さあ、雨の日でも安心・快適に過ごすことができるように、確実に対策をしていきましょう。


最長10年の工事保証付きで施工後も安心!