住まいのコンシェルジュ

【保存版】洗面台のリフォームはこうする!洗面台の交換ならお任せ!


洗面台「そろそろ洗面台のリフォームをしたい」「洗面台の交換をしたいけどどうすれば良いだろう」など、洗面台のリフォームについて考えている人もいるでしょう。清潔で使いやすい洗面台は、衛生を保(たも)つためのほか美容のためのお手入れも楽しくなりますよね。今回は、洗面台のリフォームや交換にかんして、知っておきたい基礎知識から実際の交換方法・業者の選び方などさまざまな点を解説していきましょう。

  1. 洗面台の種類について学ぼう
  2. 洗面台のリフォームについて
  3. 洗面台のリフォーム費用を確認しよう
  4. 洗面台のリフォームの事例を紹介
  5. 洗面台のリフォーム工事について確認しよう
  6. 洗面台選びのコツを学んで理想のリフォームを!
  7. 洗面台のリフォームにかんする質問に回答します!

洗面台の交換で失敗したくない人は、記事を読んでください。皆さんに今必要な知識を、全部身に付けることができますよ。

1.洗面台の種類について学ぼう

皆さんは、どんな洗面台があるか具体的にご存じでしょうか?理想のリフォームを実現するためにも、まずは洗面台の種類について学んでください。

1-1.洗面台とはどういうもの?種類は?

洗面台とは、顔を洗ったり歯みがきをしたりするための洗面ボウル・水道設備・鏡を組み合わせたものを呼びます。収納場所や照明設備が付いたものも、あるでしょう。中でも、洗面ボウルがあるものを洗面台と呼ぶと覚えておいてください。洗面台に洗髪用のシャワー機能が付いたものは、洗面化粧台と呼ぶこともあります。

1-1-1.ユニットタイプの洗面台

ユニットタイプの洗面台とは、洗面ボウル・水道設備・鏡がひとつになったタイプの洗面台です。さらに、収納場所や照明設備が付いたものもあるでしょう。洗面所の広さが確保できない場合でも、ユニットタイプの洗面台を選ぶことで必要な機能を取り入れることができます。ただし、サイズを自由に変更することはできません。でも、ユニットタイプの洗面台は、コンパクトながらも機能性が高いと言えるでしょう。

1-1-2.システムタイプの洗面台

システムタイプの洗面台とは、洗面ボウル・水道設備・鏡・収納設備を組み合わせて設置できるタイプとなります。洗面台のスペースに合わせて自由に組み合わせることができるのが、大きな特徴と言えるでしょう。洗面所のスペースを有効に活用したい場合は、システムタイプの洗面台をおすすめします。

1-1-3.カウンタータイプの洗面台

カウンタータイプの洗面台もシステムタイプの場合と同じように、洗面ボウル・水道設備・鏡などを自由に組み合わせることができます。システムタイプと異なる点は、オリジナルな洗面台を作りやすい点と言えるでしょう。特に、洗面台の高さと幅が自由に変更できる点が最大のメリットとなります。おしゃれにこだわった空間を演出したい場合は、カウンタータイプの洗面台も考えてみましょう。

1-1-4.そのほかのタイプの洗面台

介護用に、車いすに乗った状態でも使いやすい洗面台もあります。具体的には、車いすでも自分で洗面ができるように、下部に車いすが入りこむスペースがあるタイプとなるでしょう。そのほか、デザイナーにデザインを特注して作るタイプもあります。特別なタイプの洗面台は、一般的な洗面台と比べて設置場所に制限があることが多いため、導入には丁寧な打ち合わせが重要になるでしょう。

1-2.収納タイプ別で洗面台を考える

洗面台の収納スペースタイプ別としては、キャビネットタイプと、鏡の裏に収納スペースがあるタイプを挙げることができるでしょう。キャビネットタイプで、収納力が高いものは大量のタオルや着替え・掃除用具の収納に便利です。また、鏡の裏に収納スペースがあるタイプは、化粧品や洗顔料・歯ブラシなどの収納に役立つでしょう。いずれにしても、収納スペースの多さと使い勝手の良さは、洗面台を選ぶポイントとして外さないでください。

1-3.目的別で洗面台を考える

そのほか、目的別の洗面台としては、洗髪ができる機能が付いた洗髪洗面台や、車いすの利用者向けの設計をしたものなどがあります。通常の洗面台に加えて、特定の機能を付加したタイプと言えるでしょう。利用者の要望やライフスタイルの変化に合わせた洗面台は、今後も需要が伸びると予想できます。

2.洗面台のリフォームについて

では、洗面台のリフォームについて見ていきましょう。洗面台をリフォームするタイミングや、リフォームを行うべきときはどんなときか、学んでください。

2-1.洗面台の耐用年数を知っておこう

洗面台の耐用年数は、約15年となります。15年と聞くと長期間のように感じる人も、いるでしょう。しかし、子どもが誕生してから中学を卒業する間と考えると案外短いものです。15年経過した洗面台は、素材が劣化したり汚れが取れにくくなっていたりすることでしょう。リフォームを行うタイミングとしては、適当な時期と言えますね。

2-2.洗面台のリフォームをした方が良い場合

洗面台のリフォームをした方が良い場合は、以下のとおりです。

  • 汚れやカビがひどくて衛生を保(たも)つことが難しくなったとき
  • 洗面ボウルが水漏(も)れするとき
  • 水が出にくいなど水道設備に不具合が出ているとき
  • 鏡が割れてしまったとき
  • 新規購入から15年経過しているとき
  • 家族構成や健康状態が変化したとき

洗面台に不具合があって使い勝手が悪くなったときは、リフォームをした方が良いでしょう。洗面台に不具合があると毎日の洗顔や歯みがきに支障が出るため、早めにリフォームを考えてください。

2-3.洗面台が故障したとはどんな状況か

洗面台が故障したとは、以下のような状況になります。

  • 洗面台から水もしくはお湯が出ない
  • 洗面ボウルのひびや割れのために水漏(も)れがする
  • 洗面ボウルから排水ができない
  • 備え付けの照明が点灯・消灯しない
  • 鏡が割れてしまって危険なとき

何らかの不具合で洗面台としての機能を果たすことができないときを、故障したと定義して良いでしょう。

2-4.洗面台のリフォームで変わること

洗面台のリフォームで変わることは、洗面や歯みがきなど毎日の身だしなみを整えることが楽になることでしょう。また、使い勝手が良くなることも外すことはできません。新しい洗面台に交換した場合は、清潔な設備を使うことで気分も良くなることでしょう。洗面台のリフォームは、生活の質を向上する良い方法なのです。

3.洗面台のリフォーム費用を確認しよう

洗面台のリフォームには、どのくらいの費用が掛かるのでしょうか。目安となる費用について、確認しておきましょう。

3-1.洗面台のリフォーム費用の内訳を見てみよう

洗面台のリフォーム費用の内訳は、下記を参考にしてください。

  • 新しい洗面台の費用
  • 新しい洗面台の取り付け工事費用
  • そのほかのオプション費用
  • 古い洗面台の引き取り費用

リフォーム費用を大きく左右するのは、やはり新しい洗面台の費用になるでしょう。予算と目的をしっかり考えて、適切なタイプを選んでください。

3-2.洗面台の料金の目安

洗面台の料金は、種類や品質によって大きな差があります。ここでは代表的な洗面台の料金について、目安をご紹介しましょう。

3-2-1.ユニットタイプの洗面台の目安価格

ユニットタイプの洗面台は、比較的安く設置できるでしょう。目安としては、諸経費込みで数万円程度からと覚えておいてください。ユニットタイプの洗面台は、シンプルで低価格で済むことがポイントです。予算は少ないけど、シンプルで機能的な洗面台を低価格で実現したいときは、ユニットタイプの洗面台が良いでしょう。

3-2-2.システムタイプの洗面台の目安価格

システムタイプの洗面台は、数万円から30万円まで幅広いことが特徴です。使用している材質や品質によって、さまざまなタイプから選びやすいとも言えるでしょう。ユニットタイプよりは価格が高くなりますが、収納スペースを多く欲しい場合はシステムタイプがおすすめです。

3-2-3.カウンタータイプの洗面台の目安価格

カウンタータイプの洗面台は、おおよそ20万円程度からとなるでしょう。カウンタータイプの洗面台は、大型で高級仕様のものが多いです。価格も、激安とはいかないことが多いでしょう。しかし、価格は高くてもおしゃれなデザインや機能を考えると満足度の高いタイプと言えます。

3-3.洗面台の工事費用はどのくらいか

洗面台の工事費用だけに注目した場合、目安としては2万円からとなります。ユニットタイプに比べて、システムタイプやカウンタータイプなど大型のものなるとより多くの費用が必要になるでしょう。また、新しい洗面台を購入した場合は、サービスとして標準工事費用を含んでいることがあります。

3-4.そのほかオプション工事はどうなるか

洗面台のオプション工事について、どのくらいの費用が必要になるか見ていきましょう。洗面台でも、一部ユニット交換だけの場合は、数千円から数万円になります。また、洗面台だけでなく同時に床の壁紙や洗面所のリフォームを全部行った場合は、100万円以上必要なこともあるでしょう。  洗面台をリフォームするときは、一部だけ行うのか洗面所スペースを広く行うのかも、予算を見つつ検討してください。

3-5.工事費用を安く抑えるためのコツ

洗面台のリフォームで工事費用を安く抑えるためのコツは、複数の業者から見積もりをもらって比較検討することです。また、知り合いの業者に依頼することができる場合は、値引きをしてくれる可能性もあるでしょう。知り合いに業者がいない場合は、良心的な工事価格を設定している業者と相談して無駄なものを省略することが、基本となります。また、洗面台をホームセンターなどで購入後、DIYで洗面台のリフォームを行うことも可能です。水周りの専門知識を持っている人限定ですが、DIYで済ますことが最も安上がりと言えるでしょう。ただし、DIYでリフォーム工事をした場合は、保証がありませんので注意してくださいね。

4.洗面台のリフォームの事例を紹介

洗面台のリフォームの事例を、ご紹介します。さまざまな事例を検討することで、皆さんが理想とする洗面台のリフォームがイメージしやすくなるでしょう。

4-1.新型洗面台への交換リフォーム

古い洗面台から新型洗面台への交換リフォームをする例が、増えています。たとえば、古い洗面台は水道設備の蛇口が古い形で使いづらかったり、お湯を出す機能が無かったりなど不便なこともあるでしょう。洗面台も、進化し続けています。10年以上使い続けた洗面台から、おしゃれで新しい洗面台に変更するだけでも使い勝手がよくなっていることでしょう。また、掃除で落としきれなかった汚れやカビの悩みを無くすこともできますよ。

4-2.キャビネットの交換リフォーム

洗面台に十分な収納スペースが無かったり、使いづらかったりする場合は、キャビネットの交換リフォームが人気です。家族が増えると、洗面台に大容量の収納スペースがあった方が便利でしょう。また、必要なものをスッキリと収納できた方が見た目も美しい位だけでなく掃除もしやすいので清潔です。キャビネットを交換することは、洗面所の整理整頓(せいとん)を進めることにもなるでしょう。

4-3.洗面ボウル・鏡・照明などのプチリフォーム

洗面台を丸ごと交換しなくても、洗面ボウル・鏡・照明だけを変更するプチリフォームもあります。予算が限られている場合は、全面交換ではなくプチリフォームを考えても良いでしょう。部分的に新しくなるだけでも、随分と変化するものです。プチリフォームでも、不満を解消して洗面台の快適さを増すことができるでしょう。なお、プチリフォームの場合は、業者に依頼しないでDIYで行う人もいます。水周りのことに詳しい人は、DIYで行っても良いでしょう。ただし、きちんとした専門知識が無いと失敗しがちなので注意してくださいね。

4-4.介護・バリアフリーのためのリフォーム

介護・バリアフリーのために、洗面台のリフォームを行う場合があります。高齢者や体に不自由な人が快適に使用するためには、洗面所の構成から洗面台の選び直しまで必要になるでしょう。特に、車いすの生活になると広い洗面所と使いやすい洗面台に変更することが大切です。介護・バリアフリーの目的で理想の洗面所にリフォームしたい場合は、介護福祉士やケアマネージャーなど、介護の専門職の意見も聞いてください。

5.洗面台のリフォーム工事について確認しよう

では、洗面台のリフォーム工事について確認していきましょう。実際に、どのような工事を行うのかを学んで、業者に依頼できるようにしてください。また、業者選びのコツも学びましょう。

5-1.洗面台のリフォーム工事の流れ

洗面台のリフォーム工事の流れについては、おおよそ下記のとおりになります。

  1. 業者が洗面所を視察する
  2. 業者と依頼者で工事内容を相談
  3. 依頼内容に沿って業者が見積もりを作成
  4. 依頼者が見積もりに納得した場合はリフォーム契約を結ぶ
  5. 指定期日にリフォーム工事を行う
  6. リフォーム工事と同時に古い洗面台を引き取る。

洗面所の視察は、洗面台リフォームには欠かすことができないことです。業者もしっかり視察をしないことには、的確なアドバイスはできないでしょう。なお、リフォーム工事自体は半日から1日程度必要です。ただし、洗面所の大幅なリフォームを伴う場合は、数日必要になることもあるでしょう。

5-2.洗面台のリフォーム工事はどこに頼むか

洗面台のリフォーム工事については、洗面台を購入したメーカーが手配した業者、もしくは洗面台販売業者や工務店に依頼することが多くなるでしょう。多くの場合で、洗面台を購入したときに工事の手配も同時に行うことになります。もちろん、洗面台の購入と洗面台の工事を別々の業者に依頼することもできるでしょう。ただし、洗面台のリフォームに掛かる総費用を安くしたい場合は、結局は洗面台の購入先と工事の依頼先が同じ方が有利になることが多いですね。

5-3.リフォーム業者選びのポイント

洗面台のリフォームは、どのような業者を選ぶと良いのでしょうか。主なポイントについては、以下のようなものがあります。

  • 洗面台のリフォームに強い業者であること
  • 洗面所のスペースや要望に合わせて親切に提案してくれること
  • 洗面台のリフォーム価格が良心的であること
  • できるだけ早く工事を行ってくれること
  • リフォーム価格の見積もりは無料であること
  • 古い洗面台の処分も引き受けてくれること
  • アフターフォローが良いこと
  • 質問や疑問に対する受け答えの感じが良いこと

洗面台は、リフォームしてからも不具合が出ることもあります。安心・快適に使うためにもその場かぎりではなく、長く付き合いができる業者を選ぶ必要があるでしょう。

5-4.洗面台のリフォームの見積もりについて

洗面台のリフォームでは、いきなり契約をすることは少ないでしょう。まずは、業者が現場確認をしてから見積もりを出すことになるはずです。洗面台のリフォームは、安くても数万円の支出となるでしょう。見積もりをもらった後は、内容に不明な点が無いか確認をしてから契約をしてください。たとえば、よくわからない項目で費用を計上しているときは、業者に納得できる説明をもらいましょう。なお、見積もりの内容に納得がいくまでは契約は保留してくださいね。

6.洗面台選びのコツを学んで理想のリフォームを!

ここでは、洗面台の選び方についてのコツを主に学ぶことにしましょう。良い洗面台を選ぶためにはどんなポイントをチェックするべきなのか、理解してくださいね。

6-1.洗面台のショールーム案内を活用しよう

洗面台の実物を見て検討することが、最も早い方法となるでしょう。洗面台の実物を見るには、ショールームを活用することをおすすめします。洗面台メーカーのショールームには、多くの洗面台サンプルが展示してあることでしょう。実際に、水を出して見ることもできる場合もあります。また、色調や質感・大きさなどを実際に目で確認することができるので、リフォーム後のイメージも固めやすいでしょう。カタログだけではわからない使い勝手もわかるので、ぜひショールーム案内を活用してください。

6-2.洗面台の目的別選び方

洗面台を選ぶときには、目的別に選ぶ方法もあります。皆さんが最も重視する点は、何でしょうか。収納がたくさんある洗面台を希望する場合は、キャビネット収納など、収納スペースが豊富な洗面台を選んでください。また、洗髪をしたい人は洗髪機能が付いた化粧洗面台がおすすめです。洗面所のスペースに洗濯機を置きたい場合は、洗濯バンのサイズも考えて洗面台を選ぶべきでしょう。目的が明確にある場合は、まず目的を達成できる洗面台を選んでください。

6-3.洗面台のサイズ別選び方

洗面台のサイズを考えるときには、洗面所の広さが問題となるでしょう。洗面所の広さと希望するタイプの洗面台が合わない場合も、あります。まずは、洗面所の広さと洗面台を設置する場所の広さ・洗面台の設置可能サイズをきちんと測定しましょう。洗面所の広さが狭いときには、ユニットタイプの洗面台がベストです。広さを確保できる場合は、システムタイプやカウンタータイプも選ぶことができるでしょう。実際の洗面台のサイズについては、現場を確認しながら業者と相談して決めてください。

6-4.収納スペースをチェックしよう

洗面台をリフォームするときは、新しい洗面台の収納スペースもチェックしましょう。特に、家族に女性がいる家の場合は、化粧品などを洗面台に収納できるととても便利です。化粧品を洗面台に並べた状態では、水アカやカビが発生する原因になるでしょう。また、見た目にもスッキリしないのでせっかくの新しい洗面台が台無しになってしまいます。さらに、洗面台はタオル類の収納場所も確保したいところ。収納スペースが適度に確保してある洗面台は、使い勝手も良いですよ。

6-5.お手入れのしやすさをチェックしよう

洗面台は、水周りのアイテムです。水周りのアイテムは、お手入れのしやすさも大切なポイントと言えるでしょう。洗面台の素材に汚れを落としやすいものを使用していたり抗菌加工などをしていたりすることは、お手入れを楽にすることになります。また、シンプルなデザインのものは、掃除も楽に済むでしょう。いずれにしても、汚れやカビが発生しにくく落としやすい洗面台を選ぶことが、大切です。

6-6.省エネで選ぶ方法もある

洗面台の選び方として、省エネで選ぶ方法もあるでしょう。たとえば、オート水栓(すいせん)ですね。手をかざしたときにだけ、水が流れるようにすると水の節約になるでしょう。また、照明をLED照明に変更することは、長持ちするだけでなく電力の省エネになって電気代の節約にもなります。洗面台を省エネタイプにすることは、環境にやさしいことだと言えるでしょう。

6-7.そのほかの選び方

そのほかの選び方としては、家族の中でも高齢者や体に不自由がある人を基準に選ぶ方法もあります。洗面台の高さを使いやすく設定することは、自立を促進することになるでしょう。特に、車いすや杖(つえ)を使っている人には、洗面台しだいで使いやすくも使いにくくもなります。バリアフリーにしたり、床材をすべりにくいものにしたりなど、洗面台以外のリフォームも考えて選ぶと良いでしょう。

7.洗面台のリフォームにかんする質問に回答します!

洗面台のリフォームには、疑問が付きものですよね。ここでは、洗面台のリフォームにかんするあらゆる質問にお答えしましょう。

7-1.古い洗面台はリフォーム工事で引き取ってもらえますか?

洗面台のリフォーム工事のときに、古い洗面台を引き取ってくれもらうことは可能です。多くの業者が、古い洗面台の引き取りを基本として見積もりを出してくるでしょう。皆さんは、古い洗面台の処分を考えなくても良いので安心してください。なお、古い洗面台の引き取りをサービスで行う業者とオプション料金となる業者があります。見積もりの段階までに、きちんと確認しておきましょう。

7-2.自分で購入した洗面台があるのでリフォーム工事だけお願いできますか?

もちろん、リフォーム工事だけを依頼することも可能でしょう。ただし、古い洗面台の引き取り処分費用は別途必要になることは承知しておきましょう。また、ご自分で購入した洗面台が、洗面所に設置できるかどうかは実際に入れてないことにはわからないこともあります。まずは、設置してもらいたい洗面台の詳細を業者に見せて相談してください。

7-3.子どもが安全に使用できる洗面台のポイントは何ですか?

子どもが安全に使用できる洗面台は、角(かど)が丸くなっているデザインのものや、熱湯が出ないタイプのものなどを挙げることができます。また、子どもの目線に合わせると洗面ボウルが低い位置にあるものの方が良いでしょう。しかし、子どもも成長します。洗面台の高さについては、大人が使いやすいものにしておきて使うときに見守ることが最良の方法になるでしょうね。それに、子どもの手が届かない方が安全も確保できると言えます。

7-4.最近はどんな洗面台が人気なのでしょうか?

洗面台の人気は、時代を反映しているものです。現在は、シンプルながらも快適な機能が付いている洗面台が人気と言えるでしょう。色調は、白色のほかにもベージュ色が人気です。中でも、木目調のナチュラルなデザインに注目が集まっていると言えるでしょう。また、センサー式の水栓(すいせん)を使ったり汚れにくい加工をしたりなど、省エネを考えたりお手入れがしやすかったりするものも人気ですよ。

7-5.洗面所のリフォームを依頼する場合、当日からお風呂に入ることはできますか?

洗面台の交換だけの場合は、工事に必要な期間が半日から1日程度なので問題ありません。しかし、洗面所を全体的にリフォームすることもあるでしょう。洗面所を全体的にリフォームする場合は、お風呂に入ることができない日が数日出てくる可能性もあります。多くの場合は、洗面所とお風呂場は連続して位置しているため、場合によってはお風呂に入ることができない期間もあるでしょう。

まとめ

さて、今回は洗面台のリフォームを考えている人のために、洗面台のリフォームや交換に必要なあらゆる知識・情報についてお届けしました。理想のリフォームを実現するためにも、洗面台の特徴や種類を学ぶことも大切でしょう。また、洗面台のリフォームを行う目的を確認したり、リフォーム工事を依頼する業者の選び方についてもコツを掴(つか)んだりすることが必要です。理想の洗面台にリフォームして快適な生活を送るためにも、記事を何度も読み返して学んでくださいね。


最長10年の工事保証付きで施工後も安心!