リフォーム中の仮住まいを選ぶポイントとは? 費用が安いのはどこ?


自宅のリフォームをするにあたって、仮住まいが必要になる場合もあるでしょう。しかし、仮住まい選びは意外と難しいといわれているのです。「条件はよいが費用が高い」「都合のよい場所で見つけることができない」など、仮住まい探しに頭を抱えている人も多いのではないでしょうか。この記事では、リフォーム時の仮住まいについて、よくある困りごとや選び方、事前に知っておくべきことなどをまとめています。

  1. リフォームの仮住まいについて
  2. リフォームの仮住まいを選ぶポイント
  3. リフォームの仮住まいについて知っておくべきこと
  4. リフォームの仮住まいに関するよくある質問

この記事を読むことで、自宅をリフォームする際の仮住まいについて詳しく分かるはずです。ぜひ参考にして、条件に合った仮住まいを見つけてください。

1.リフォームの仮住まいについて

まずは、リフォームで仮住まいが必要な場合やよくある困りごとについてまとめました。

1-1.必要に応じて仮住まいを用意する

自宅をリフォームするにあたって、必要に応じて仮住まいを用意しなければなりません。たとえば、大規模なリフォームによって居住スペースがなくなってしまう場合は、仮住まいが必要でしょう。工事にかかる期間が数か月にわたるとなると、なおさらです。また、工事の間、水回りが使えなくなってしまう場合も、そのまま住み続けるのは難しいでしょう。水回りのリフォーム工事自体は数日で完了しても、すぐに水が使用できるようになるわけではありません。生活に支障が出るため、やはり仮住まいに移り住むべきでしょう。そのほかにも、工事で発生する騒音や臭いなどにストレスを感じる人も、仮住まいを用意することをおすすめします。

1-2.仮住まい探しには困りごとが多い

リフォーム時の仮住まいを探すにあたって、以下のようにさまざまな困りごとがあります。

  • 短期間だけ住める場所を探すのが大変
  • 学校や会社などに近い場所で探さなければならない
  • どうやって探したらよいのか分からない
  • ペット可の仮住まいがなかなか見つからない
  • 仮住まいを用意するための費用が必要

2.リフォームの仮住まいを選ぶポイント

仮住まいを選ぶ目安などをご紹介します。

2-1.仮住まい先の候補とそれぞれのメリット・デメリット

仮住まい先の候補には、短期賃貸マンションやホテル、賃貸物件などがあります。それぞれのメリットとデメリットを比較してみましょう。

2-1-1.短期賃貸マンション

短期賃貸マンションの場合は、敷金や礼金がなく、電気や水道などの光熱費が家賃に含まれているため、気軽に契約できます。しかし、単身者向けが多いため、荷物が入りきらない可能性があるでしょう。

2-1-2.ホテル

ホテルの場合は、賃貸契約や水道・ガスなどの契約が必要ないというメリットがあります。ただし、費用は割高になるケースがほとんどです。また、荷物の置き場が少ないため、トランクルームなどを別で借りなければなりません。

2-1-3.賃貸物件

一般的な賃貸物件であれば、物件数も多く、予算や間取りを選ぶことができます。ただし、賃貸物件の中には、短期の契約を受け付けていないところも多いのです。そのため、条件は合っていても入居が認められる物件を見つけるのが難しいでしょう。

2-1-4.UR住宅

UR住宅とは、都市再生機構という独立行政法人が管理している、公的な賃貸住宅のことをいいます。礼金や仲介手数料が不要で、契約時の手間が少ないという点がメリットでしょう。ただし、入居は先着順になるため、人気物件はなかなか空きが出ません。タイミングよく空きが出るかどうか、という点がデメリットになるでしょう。

2-2.家族構成や滞在期間を考慮して選ぶ

仮住まいを選ぶ際には、家族構成や滞在期間をしっかりと考えるようにしましょう。家族の人数が多い場合は、ホテルや短期賃貸マンションなどでは狭すぎる可能性があります。また、受験生の子どもがいると、個室を確保しなければならないなどの配慮も必要になるでしょう。滞在期間によっても適した仮住まい先は変わってくるため、事前にどのくらいの工事期間がかかるのかしっかり確認しておくようにしてください。

2-3.選び方のポイントとは?

仮住まいを選ぶ際のポイントには、そのほかにも以下のようなものがあります。

  • 費用は予算内であるか
  • 子どもが通学できる範囲か
  • 駐車場は確保できるか
  • ペットが一緒に住むことはできるか

3.リフォームの仮住まいについて知っておくべきこと

リフォーム中の仮住まいを探すにあたって、知っておくべきことをまとめました。

3-1.荷物はトランクルームに預ける方法も

仮住まい先に移る際、家財道具などの荷物はトランクルームに預ける方法もあります。もちろん、リフォームの規模が小さい場合はそのまま自宅に荷物を置いておくことも可能です。そのまま置いておくことが難しく、仮住まい先にすべてを持っていくことが不可能な場合は、一時的にトランクルームを借りて保管しておきましょう。

3-2.住民票は移動しなくてよいが、郵便物の手続きは必要

仮住まい先に移り住む場合、住民票の移動は必要ありませんが、郵便物の転送手続きは必要です。郵便局に転居届を提出し、リフォームが済んで自宅に戻ったら、再び転居届を出しましょう。

3-3.引っ越し料金は2回分まとめて見積もりを

リフォーム工事中に仮住まい先に移り住む場合、2回引っ越しをする必要があります。そのため、引っ越し業者に2回分の引っ越し料金をまとめて依頼するのがおすすめです。複数の引っ越し業者に見積もりを依頼して、比較して選ぶようにしましょう。

3-4.契約や予約は早めに

賃貸物件に仮住まいをする場合は、入居の1か月~2週間前には契約が必要です。早めに物件を決めておきましょう。賃貸物件は短期契約を断られるケースが多く、ペット可能な物件も限られています。物件探しに時間がかかる可能性が高いため、早めに動いておくようにしましょう。ホテルなら前日に予約することも可能ですが、長期滞在になる場合はできるだけ早く、1か月前くらいには希望の部屋を押さえておくことをおすすめします。

3-5.リフォームの工期が延びた場合について確認しておく

リフォームの工期が延びた場合、仮住まいの追加費用は自己負担になるのか、リフォーム業者が負担してくれるのか、事前に確認しておくことをおすすめします。工期が延びることになった理由にもよりますが、業者が追加分を負担してくれる場合もあるのです。後からトラブルにならないように、話し合いの内容を書面に残しておきましょう。

4.リフォームの仮住まいに関するよくある質問

「リフォームの仮住まいについて知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.なぜ賃貸物件では短期契約を断られるケースが多いのですか?
A.退去後、すぐに新しい入居者を募集しなければならないため、基本的に長く住んでくれる入居者を希望しています。そのため、短期契約を嫌がる大家さんが多いのです。

Q.住みながらリフォーム工事をしてもらうことには、どのようなデメリットがありますか?
A.生活に支障が出るだけでなく、出入りする職人さんに気を使う必要も出てくるでしょう。また、職人さんにとっても、生活の制限を気にする分、作業効率が悪くなる可能性があります。

Q.仮住まいに引っ越す場合、公共料金の移動手続きは必要ですか?
A.仮住まいに住む期間が長くなる場合は、電気・ガス・水道などの移転手続きが必要になります。

Q.ペット可能な仮住まい先が見つかりません。どうしたらよいでしょうか?
A.実家や親せき、知人などに預かってもらえないか確認し、無理ならペットホテルに預ける方法を検討してください。

Q.短期契約であることを隠して、仮住まい先となる賃貸物件を契約しても問題ありませんか?
A.契約期間内の解約が禁止されている物件の場合は、途中解約をすることでトラブルに発展してしまう可能性があるでしょう。短期契約であることを隠すのはやめておくべきです。

まとめ

いかがでしたか? リフォーム中の仮住まいについて詳しくご紹介しました。リフォームの規模や内容によっては、仮住まいへの引っ越しを検討する必要があります。仮住まい先をどのように選べばよいのか、スムーズに引っ越しをするためにはどうしたらよいのか、ぜひこの記事を参考にして知ってください。


最長10年の工事保証付きで施工後も安心!