外階段の塗装は早めに! 塗装時はノンスリップなどのリメイクも可能


外階段は劣化が激しい場所です。常に紫外線や風雨にさらされ、サビや腐食が起こります。外階段の劣化を感じ始めた場合、塗り直しをするだけでも美しさを取り戻すことができ、ダメージが受けにくい状態にすることができるのです。外階段の塗装と同時に、安全性を高めるリメイクも取り入れてみてください。本記事では、外階段の塗装についてご紹介します。

  1. 外階段の塗装について
  2. 外階段の塗装:種類や実例
  3. 外階段の塗装工事:費用について
  4. 外階段の塗装やリメイクでよくある質問

この記事を読むことで、外階段の塗装についてよく分かります。リメイク方法なども参考にし、美観と安全性を取り戻しましょう。

1. 外階段の塗装について

外階段にはどのような種類があるのか、塗装が必要なケースなどをご紹介します。

1-1.外階段の種類・特徴

外階段は、アパート・マンション・二世帯住宅でも取り付けられている、建物の外部に設置されている階段です。比較的サビに強いアルミでできている場合もあれば、鉄やコンクリート(モルタル)でできている場合もあります。鉄はサビに弱く、コンクリートは経年劣化でひび割れが起こり、雨水の浸入によって腐食がすすむのが弱点です。木製の階段は特に腐食や劣化が早いため、鉄やコンクリートで作られたものよりメンテナンスの頻度が高いと考えておきましょう。外階段は劣化の度合いにより、既存の階段を取り外して新設する場合もあります。

1-2.どんな場合に塗装するのか?

サビが進行した鉄製の階段の場合、階段の昇降時に負荷がかかると段板が下に落ち込んでしまうことがあります。安全を考慮するなら、塗装と同時にしっかりとした補強が必要です。コンクリート(モルタル)製の場合、ひび割れが生じやすく、雨水によってもろくなるため、耐候性を高める塗装を選ばなければなりません。外階段の塗装は、10年程度が耐用年数の目安といわれています。しかし、風雨にさらされることが多い場所なので、金属素材の外階段は6〜7年前後、コンクリート(モルタル)の外階段は8〜9年前後でメンテナンスをすることが、安全を維持するためのポイントです。

1-3.塗装するメリット

外階段の塗装により、防水・サビ防止・汚れ防止の効果が得られるでしょう。塗装することで雨水の浸入も防ぐことができ、美しさも蘇(よみがえ)ります。塗装と同時に段鼻のノンスリップ加工をすれば、階段の昇降時に滑る心配がなく、より安全に使うことができるようになるでしょう。階段に屋外用マットを設置することで、防音効果も得られます。人の足音が気にならず、静かな生活を送ることができるのがメリットです。

2.外階段の塗装:種類や実例

外階段の塗装について、具体的にご紹介します。

2-1.DIYでできるもの

塗装の一部がはがれた場合の補修は、DIYでも可能です。DIYでの施工でも、ペンキではなく、防水・防汚効果が期待できる塗料を選んでください。塗装前にサビ取り剤やヤスリを使い、サビをきれいに取り除きましょう。サビ取りは、美しい仕上がりにするための大切な工程です。汚れがある場合は、塗装前に住宅用洗剤で落とすときれいになります。

2-2.防水加工

防水効果のある塗料を使うことで、外階段にサビが発生するのを抑制できます。サビは美観を大きく損ねるだけではなく、内部まで侵食してしまい、外階段の劣化を早める原因です。塗装時は必ず防水効果のある塗料を選ぶように意識しましょう。

2-3.サビ落とし

塗装前は、付着したサビを丁寧に落とします。サビが残ったまま塗ってしまうと、塗膜が滑らかにならず、でこぼこした仕上がりになってしまうのです。塗料の剝がれが起こる原因にもなります。サビがある部分が腐食し、穴が空(あ)いている場合もあるでしょう。穴埋めなどの補修をすることで、外階段の延命にもつながります。

2-4.塗り替え

サビや浸水が軽度なら、塗り替えで問題を解消することができます。塗り替えは、外階段が耐用年数を迎える前に行うようにしてください。塗り替えで劣化を食い止め、美観が蘇(よみがえ)るので、外階段のリフレッシュには最適です。

2-5.ノンスリップ加工

ノンスリップ加工は、階段の段鼻に設置する滑り止めです。鉄の外階段は、雨に濡(ぬ)れると滑りやすく、危険な場合があります。ノンスリップ加工をしておけば、転倒などの事故を防ぐことができるでしょう。

3.外階段の塗装工事:費用について

外階段の塗装工事に関する流れや費用などを解説します。業者の選び方や注意点なども覚えておきましょう。

3-1.塗装工事の流れ

外階段の塗装は、以下の流れに沿って進めます。

  1. 業者に問い合わせをする(電話またはホームページより連絡)
  2. 業者による現地調査
  3. 塗料や補修について説明を受ける
  4. 見積もりを出してもらう
  5. 作業内容と金額を確認し、納得してから契約締結
  6. 塗装工事を行う日程の調整
  7. 塗装工事に着手
  8. 養生
  9. サビと汚れ落とし
  10. 穴や傾きなどの補修
  11. 下地処理
  12. 外階段全体の塗装
  13. 塗膜乾燥後、塗装箇所の点検
  14. 工事完了・引き渡し

3-2.外階段の塗装にかかる大体の日数

外階段の塗装は、比較的短期間で行うことができる工事です。工事開始から引き渡しまで、3〜5日程度で済むでしょう。ただし、補修範囲が広い場合やリメイクを伴う場合は、工事が長引く可能性があります。現地調査の際に、希望する工事内容を業者に伝え、工事にかかる日数を確認しておきましょう。

3-3.費用の内訳

外階段の塗装費用は、塗料の種類による単価の違いや、外階段の大きさで金額が変わります。外階段の塗装でよく使われるのは、ウレタン塗料やシリコン塗料です。ウレタン塗料は鉄に、シリコン塗料はコンクリート(モルタル)によく使われます。1平方メートルあたりの単価は、ウレタン塗料の場合1,700円前後、シリコン塗料の場合2,000円前後です。塗料の代金に加え、人件費や施工代金が加わった金額が、外階段の塗装にかかる総費用となります。大がかりな補修が必要な場合、工事費用が上がる可能性が高いでしょう。

3-4.費用を安く抑えるには?

外階段の塗装工事にかける費用を安く抑えるコツは、外階段がボロボロになる前に早めの工事を依頼することです。補修には思わぬ費用がかかります。大規模な修繕が必要な場合、工事日程が延びるため、人件費も膨らむでしょう。費用を抑えたい場合は、劣化が重症化する前に塗装工事を検討してください。

3-5.業者選びのポイント

外階段の塗装は、実績豊富な業者に依頼することが重要です。業者選びの際は、費用の安さに気持ちが向いてしまうことがあります。しかし、塗料の単価は大体決まっているため、極端に安い見積金額を提示する業者は避けたほうがいいでしょう。見積もりには、塗料の単価や工事費用の内訳が記載されています。複数の業者から出してもらった見積もりを比べ、信頼できる業者を選んでください。技術が確かなことも重要ですが、丁寧さやスピーディーさなどの対応も見て判断しましょう。

3-6.訪問の業者は利用しないこと

外階段があるのを確認し、訪問して工事を提案する業者がいます。近年はリフォーム詐欺が多くなっており、依頼していないのに訪問する業者には気を付けてください。外階段以外にも、建物全体を補修したほうがいいなど、一般の人には分からない場所まで指摘し、強引な工事を迫る例もあります。悪質な業者に引っかかり、無用なトラブルに巻き込まれないよう、十分警戒してください。

4.外階段の塗装やリメイクでよくある質問

外階段の塗装に関する疑問を集めました。リメイクを考えている方も参考にしてください。

Q.どの程度まで劣化が進んでいたら、外階段の取り替えが必要なのか? A.サビで穴がたくさん空(あ)いている・ぐらつきが出ている・段板の傾きがひどいなどの場合、外階段の取り替えが必要です。外階段の段数により工事にかかる金額は変わります。外階段が15段程度の場合、20万円ほどの交換費用がかかると考えておいてください。

Q.外階段の塗装と同時に、建物の外壁塗装も依頼できるのか? A.はい、できます。ただし、外壁塗装も同時に行う場合、工事期間が長くなるので注意してください。外壁塗装も技術力が問われるため、実績豊富な業者を選びましょう。テンイチは、数多くの外壁塗装を手がけている業者です。外階段の塗装と併せ、お気軽にご相談ください。

Q.外階段にバリアフリー対策を講じることはできるのか? A.外階段のバリアフリー対策は、段差を緩くする・滑り止め加工を施すなど、足が運びやすい安全な環境にすることです。既存の段板を取り外し、新たな段板を設置することになります。バリアフリー対策は、溶接や補強にかかる工事費用と資材代がかかるため、通常の塗装工事より高くなるでしょう。

Q.外階段に屋根を付けることはできるのか? A.はい、できます。屋根の設置は、雨天でも体が濡(ぬ)れないようにでき、外階段の使いやすさが向上するでしょう。塗装費用に加え、屋根を設置する費用を余分に見ておいてください。また、業者の現地調査が行われる際に、屋根を設置できる環境かどうかを確認してもらいましょう。

Q.外階段の色味はどのように決めたらいいのか? A.外階段の色は、建物に馴染(なじ)む色がいいでしょう。あえて目立つ色にし、建物のアクセントにする方もいます。色選びに迷ったら、業者でカラーシミュレーションをしてもらう方法がおすすめです。テンイチでは、施工後の状態を把握できるよう、訪問時にパソコンを持参し、色味を確認していただいています。メールでのやりとりも可能です。お気軽にご連絡ください。

まとめ

いかがでしたか? 外階段は、紫外線や風雨にさらされ、劣化が進みやすい場所です。鉄やコンクリートで作られているものが多く、劣化が進むごとにサビや浸水などが発生するでしょう。外階段を良好な状態で維持するためには、定期的なメンテナンスが必要です。外階段の補修や塗装をすることで、美観を取り戻すだけではなく、安全も確保できるメリットがあります。ノンスリップ加工やバリアフリー対策の同時施工も可能です。外階段の塗装やリメイクに関する相談は、実績豊富なテンイチまでご相談ください。


最長10年の工事保証付きで施工後も安心!