住まいのコンシェルジュ

リフォームでよくあるトラブルは? トラブルが発生した際の対処法も!


近年は、リフォームのトラブルが続出しているため、安易に依頼できないと悩んでいる方が多いのではないでしょうか。リフォームを行う際は、どのようなトラブルが起きているのか把握することが大切です。きちんと理解しておけば、未然にトラブルを回避できるでしょう。

本記事では、リフォームでよくあるトラブルや防止策などについて解説します。

  1. リフォームでトラブルが起こる原因と事例
  2. トラブルが発生したときの対処法は?
  3. リフォーム時のトラブルを予防する方法
  4. トラブルにならないリフォーム業者の選び方
  5. リフォームのトラブルに関してよくある質問

この記事を読むことで、リフォームのトラブル防止策が分かります。悩んでいる方はぜひチェックしてください。

1.リフォームでトラブルが起こる原因と事例

最初に、リフォームでトラブルが起こる原因と事例を紹介しましょう。

1-1.業者にすべて任せたままにしている

リフォームでトラブルが起こる原因はさまざまですが、業者にすべてを任せきりにしていることが原因になる可能性があります。リフォームに詳しく豊富な知識を持っている専門業者に任せたほうがスピーディーに工事が進められると思いがちです。しかし、それでは悪徳業者に引っかかってしまうので注意しなければなりません。リフォーム業者の中には悪徳業者が存在しており、依頼者にバレないように工事を進め高額な費用を請求するところがあります。業者にすべてを任せたままにすると、いつの間にか費用が高額になったり、不適切な工事を勧められたりしてしまうのです。

1-2.工事内容や見積書を細部まで確認していなかった

工事内容や見積書を細部まで確認していなかったため、後でトラブルになるケースが増えています。素人が見ても分からないからと、業者にすべて一任してしまうのです。その結果、どのような工事を行っているのか分からず、理想と仕上がりに大きな差が出てしまう可能性が高くなるでしょう。細部まで確認しなかったせいで、高額な費用を支払ったのにもかかわらず再び工事を行うことになります。リフォームトラブルを未然に防ぐためには、依頼者側もきちんと細部まで確認することが大切です。

1-3.具体的なイメージや要望を伝えていなかった

リフォームトラブルが起きる原因の中には、具体的なイメージや要望を伝えなかったせいで業者が違う工事を行ってしまったというトラブルが起きています。具体的なイメージを業者にきちんと伝えていなかったからこそ、異なる仕上がりになってしまうのです。業者の担当者との打ち合わせがうまくいかなかったのが主な原因と言えるでしょう。どのような仕上がりにしたいのか、より細部まで打ち合わせを重ね、共有しておかなければなりません。

2.トラブルが発生したときの対処法は?

では、トラブルが発生したとき、どのように対処すればいいのでしょうか。

2-1.各都道府県の住宅相談所や消費生活センターに相談する

リフォームのトラブルが発生したときは、各都道府県の住宅相談所や消費生活センターに相談するのが1番最適です。つい自分1人で思い悩んでしまいがちですが、誰かに相談したほうが気持ち的にも安心できます。また、住宅相談所や消費生活センターではさまざまな相談を受けつけているため、どのような相談ごとにも適応してくれるでしょう。できるだけ、早めに相談したほうが解決策の選択肢も幅広くなります。まずは、公的機関に相談するところから行動を移してみてください。

2-2.リフォーム業者の担当者に確かめる

今すぐにでも自分で確かめたいときは、リフォーム業者の担当者に尋ねてみてください。疑問に思っていることや、不安要素などをすべて打ち明けることが大切です。誠実に向き合えば、担当者も素直に答えてくれることもあるでしょう。ただし、悪徳業者は誠実に対応してくれなかったり、適当な言い逃れをしたりする傾向があります。しつこく尋ねると逆上される恐れがあるため、無理に聞き出そうとしないように注意してください。

2-3.弁護士など法律の専門家に相談する

どうしても解決できない場合は、弁護士など法律の専門家に相談するのも方法の1つです。弁護士は法律に対する知識が豊富なので、さまざまな視点から問題の解消につながるアドバイスをしてくれるでしょう。弁護士に相談するとお金がかかるかも……と不安に感じるかもしれませんが、無料相談を受けつけているところもあります。第三者に相談することで気持ちが楽になり、整理ができるメリットもあるのでおすすめです。

3.リフォーム時のトラブルを予防する方法

ここでは、リフォーム時のトラブルを未然に防ぐ方法とポイントを解説します。

3-1.綿密に業者との打ち合わせを行う

まず、必ず実行してほしいのが、業者との打ち合わせを綿密に行うことです。打ち合わせを綿密に行うことでリフォームの内容をお互いに認識し、ズレが生じるトラブルを防ぐことができます。「設置された設備が違う」「バリアフリーのリフォームをお願いしたのに段差が残ったままになる」などのトラブルも防止できるのです。イメージしたとおりの仕上がりにするためには、どのようなことでもリフォーム業者の担当者と確認し合うことを意識してください。

3-2.打ち合わせや契約内容は必ず書面に残す

打ち合わせで担当者と交わした内容や契約内容は、必ず書面に残すことが大切です。リフォームのトラブルでは、双方が打ち合わせや質問内容をきちんとメモしていなかったことが認識違いの原因となっています。口約束だけで終わらせないように気をつけて、どのようなことでも担当者との打ち合わせはメモを取るようにしてください。また、契約書を書面で残さない業者は悪徳業者の可能性が高いので要注意です。契約内容を細かく記載してもらうこと、リフォーム業者と依頼者が必ず同じ書類を保持することを心がけましょう。

3-3.リフォームの過程を写真で記録する

リフォームのトラブルを防ぐためには、リフォームの工事過程を写真などで記録することが大切です。リフォーム工事を始める前に、業者にお願いして工事前・工事中・工事後の写真を撮影してもらうようにしましょう。工事前から写真に残すことで、どの段階に不具合の原因があったのか後で確認できます。不具合の原因を業者と認識をすり合わせながら確認できる証拠になるのです。また、自分で足を運び、現場を確認するのもトラブルを防ぐポイントとなります。

3-4.見積書の内容を細かく確認する

リフォーム工事を依頼する前に、見積書の内容を細部まで確認することも大切なポイントです。金銭トラブルの中には、「見積書に記載されていなかった追加費用を請求された」などのトラブルが起きています。どのような状況で追加費用が発生するのか、どんな工事や資材にいくらかかるのか確認してください。見積書の内容が細かく記載されていない業者は、悪徳業者の可能性が高いので注意が必要です。見積書に関して疑問点や不安要素があれば、納得するまで確認しましょう。

4.トラブルにならないリフォーム業者の選び方

トラブルを防ぐためには、リフォーム業者選びも大切なポイントとなります。どのような業者を選べばいいのかポイントをチェックしておきましょう。

4-1.要望を聞き入れつつ最適なプランを提案してくれるか

優良業者は依頼者の要望を聞き入れながら、最適なプランを提案してくれます。リフォームに関するアドバイスをしてくれるかどうか・親身になって話を聞いてくれるかどうかスタッフの対応をチェックしましょう。きちんと聞いている素振りを見せていても、すぐに契約を交わそうとしたり、工事を進めたりするような業者は要注意です。

4-2.無料見積もりや無料相談を受けつけているか

優良業者の多くは、無料見積もりや無料相談を受けつけています。どのような相談に対しても親切に対応してくれるでしょう。逆に、いい加減な対応をする業者は不正を働く可能性が高いので要注意です。また、スピーディーに対応してくれるかもチェックしておきましょう。対応が遅い業者は、トラブルの原因になる恐れがあります。複数の業者を比較すれば、それぞれの良いところ悪いところが分かりやすくなるのでおすすめです。

4-3.リフォーム内容が充実しているか

リフォーム内容が充実しているか・どのようなリフォームを受けつけているかサービス内容も必ずチェックしてください。できるだけ、さまざまなリフォームに長(た)けている業者を選ぶのが大切なポイントです。ホームページ等に施工事例が掲載されている場合は、確認するといいでしょう。さまざまな種類のリフォーム工事を請け負っているところほど実績があります。静岡県を中心にリフォームを行っているテンイチは、水まわりから外まわりまでリフォームが可能です。ぜひ1度お問い合わせください。

4-4.見積書の内容が具体的に記載されている・工事の保証が充実しているか

ほかにも、見積書の内容が具体的に記載されているか・工事の保証が充実しているかもチェックしておきたい業者選びのポイントです。たとえば、テンイチでは、工事内容によって最高10年の保証を設定し保証書も発行しています。リフォーム後に不具合が起きた際でも、無料相談や補修を行っているので安心して依頼できるでしょう。工事の保証が充実していない業者は悪徳業者の可能性が高いので注意が必要です。

5.リフォームのトラブルに関してよくある質問

リフォームのトラブルに関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.リフォームトラブルで頻繁に起きているのは?
A.リフォームトラブルで多いのは、仕上がりが思っていたものと違ったというケースです。特に、壁紙や外壁の色が違うというカラーに関するトラブルが頻繁に起きています。リフォームで使用する色は必ずサンプルを取り寄せて自分の目で確認することが大切です。カタログだけでは実際の色が異なる可能性があるため、太陽光に当てたり、日陰の場所だったりとさまざまな条件でチェックするといいでしょう。

Q.打ち合わせをスピーディーに進めるためのコツは?
A.打ち合わせに入る前に、自分が実施したいリフォーム内容の優先順位を決めることです。優先順位がハッキリしていれば、打ち合わせも楽に進めることができます。技術面・予算面を踏まえつつ、より具体的なリフォームプランが立てられるでしょう。また、業者から新たな工事内容が提案されたとしても、優先順位と理由を見直し本当に実施したいリフォーム内容を決めることが大切です。

Q.工事予定日をすぎたのに工事が始まらない場合の対処法は?
A.まずは、リフォーム業者に連絡してください。何らかの事情があるのか、不具合や問題が起きているのか確認することをおすすめします。連絡がつかなかった場合やいつまでも対応してくれない場合は、期限を決めましょう。期限内に工事を行うこと・期限内に工事が始まらなかった場合は契約を解除することを書面に明記し、リフォーム業者に送付してください。それでも改善されなかった場合は、契約を解除できます。

Q.打ち合わせを行う際のチェックポイントは?
A.特にチェックしておきたいポイントは以下のとおりです。

  • 打ち合わせ前にリフォームの要望点を紙にまとめる
  • 自分自身の要望を濁さずにハッキリと伝える
  • 仕上がりの雰囲気を具体的に伝えるため、リフォーム事例の写真やカタログなどを準備する
  • 工事の範囲を明確に確認しているか
  • 見積書だけでなく工事の詳細まで確認する

Q.完了査定の際に確認すべきことは?
A.リフォームの仕上がりが契約内容と相違ないか念入りにチェックしましょう。設備の色・素材・サイズ・デザイン・機能性に加え、壁や床に傷やへこみがないかどうかも要チェックです。また、電源スイッチが正常に作動するか・ドアがきちんと開閉できるか・リフォームの際に出た廃棄物がきちんと処分されているかもチェックしなければなりません。

まとめ

リフォーム業者とのトラブルが続出している今、未然に防ぐために慎重に選ぶ必要があります。「見積書に記載されていない追加料金を請求された」「イメージと仕上がりが違う」など、トラブルの内容もさまざまです。実際に、起こり得るトラブルを把握しておけば、対策を立てることができるでしょう。慎重に業者を選ぶのはもちろんのこと、スタッフの対応や見積書の内容などチェックすべきポイントを必ず確認することが大切です。