住まいのコンシェルジュ

リフォームのトラブルでお困りの方へ! 相談先や対処法を詳しく解説!


「家をリフォームしたら依頼内容とかけ離れた仕上がりになった」「リフォームの工事品質が悪いのでやり直してもらいたい」などと、お悩みではありませんか。自分たちだけで対応しようとしても、余計に話がこじれてしまっては困りますよね。まずは、トラブルの内容をきちんと把握し、正しく対応することが大切です。しかし、どこに相談するといいのか、どんな対処法があるのかなど、よく分からないことでしょう。そこで、今回は、リフォームのトラブルについて、相談先や対処法を詳しく解説します。

  1. リフォームによるトラブル例
  2. リフォームのトラブル相談先
  3. トラブルに遭わないための予防策
  4. 信頼できるリフォーム業者の選び方
  5. リフォームのトラブルに関するよくある質問

この記事を読むことで、リフォームのトラブルについてよく分かり、うまく対応できるようになります。まずは、記事をじっくり読んで参考にしてください。

1.リフォームによるトラブル例

最初に、リフォームによる主なトラブル例を見ていきましょう。

1-1.費用が高すぎる・見積もりより高い

リフォーム費用が当初の見積もりより高くなった、想定以上に高額請求となった、など費用面のトラブルはとても多いものです。費用が高くなる主な理由は、以下をご覧ください。

  • 当初の予定より工事日数が伸びた
  • 追加工事が必要になった
  • 途中で仕様変更が入った
  • 業者の見積もりミス

通常、見積もりとの金額に差額が発生する場合、分かった時点で業者から連絡があるはずです。しかし、業者が連絡しないで進めてしまうことも多く、トラブルにつながるケースが多く見られます。

1-2.工事内容に不満がある

リフォームの工事内容で不満を残すケースも多く見られます。主なパターンは、以下をご覧ください。

  • 仕上がりが雑など工事品質が悪い
  • 色合いや風合いが想定と異なる
  • 傷・ハゲ・へこみがある
  • 依頼した内容と異なる仕様でリフォームされた
  • 依頼していない部分までリフォームされた

1-3.アフターサービスが悪い

アフターサービスが悪いことも、リフォームでよくありがちなトラブルです。本来なら保証期間内のはずなのに、修繕を依頼したら不本意な理由により有料となった例などがあります。また、工事後は態度が悪くなったり、定期点検などのアフターサービスが利用できなったりなども多いのです。

1-4.近隣住民からクレームが来た

リフォーム工事の際に、騒音・振動・臭いなどで近隣住民からクレームが来ることがあります。特に騒音や振動に敏感な人や、子どもがいる人は、日常生活に大きな影響を受けるからです。近隣住民からのクレームを予防するには、工事前の丁寧な挨拶が効果的でしょう。ただし、挨拶をしたからと安心するのではなく、工事中もできるだけ配慮することが大切です。

1-5.悪徳業者に引っかかった

リフォーム業者の中には、悪徳業者も多く存在します。特に、電話や訪問などで勧誘してくる業者には注意してください。悪徳業者は、リフォームをしそうな家を狙ってやってきます。巧みな話術で近づき、「家の無料診断をしている」などと言いながら家に上がり込み、不安をあおって高額な契約を取りつけるのが特徴です。その場の雰囲気で軽く契約してしまうと、金額の割には低品質な工事やアフターフォローの薄さなどで後悔するので注意しましょう。

2.リフォームのトラブル相談先

万が一リフォームのトラブルに遭った場合の対策や相談先について詳しく解説します。

2-1.まずは落ち着いて状況を整理しよう

リフォームのトラブルに遭ったら、まずは落ち着いて状況を整理しましょう。気持ちが高ぶっていると、冷静に判断できず先走った行動を取りがちです。何が原因でトラブルになっているのか、どんなふうに解決したいのか、解決するためにはどうするべきかなど、紙に書き出してみましょう。すると、何が問題かが分かり、対策方法が見えてきます。

2-2.自分だけで対応できないときは第三者に相談しよう

トラブルを自分だけで対応できないときは、ひとりで抱え込まずに第三者に相談しましょう。第三者から客観的に見てもらえば、問題の早期解決につながるものです。また、心理的な負担も軽くなるでしょう。ただし、親身になって相談に乗ってくれる人や機関を選ぶことが大切です。

2-3.リフォームのトラブルを相談できる機関

リフォームのトラブルは、以下のような機関に相談できます。業者とのトラブルがなかなか解決しないときは相談してみましょう。悪質な場合などは、業者に改善指導をしてくれることがあります。

3.トラブルに遭わないための予防策

リフォームのトラブルに遭わないためには、予防策を取っておくことが大切です。

3-1.リフォームの費用相場を知る

リフォームの費用相場を知っておけば、無駄に高い契約をしないで済みます。相場より高額だと感じたときに断ったり理由を聞いたりすることができるからです。売り上げを第一に考える営業マンの中には、依頼者の無知を利用して必要のない工事や高級素材を使って契約金額を高くすることもあるので気をつけましょう。

3-2.打ち合わせは疑問や不安を残さない

リフォーム業者との打ち合わせでは、小さな疑問や不安も残さないようにしてください。勝手な解釈で話を進めると、高確率で行き違いが発生し、トラブルにつながります。打ち合わせ中はメモを適宜取り、疑問や不安を感じたときは、その場で業者に確認して納得できるまで説明してもらいましょう。打ち合わせの内容を書面やメールで残してもらうのもおすすめです。業者が説明してくれなかったり話を濁したりするようなら、問題がクリアになるまで契約を中止することも検討してください。見積書を受け取った後も、詳細が書かれているか確認し、不明な点は必ずクリアにしておきましょう。

3-3.契約書はよく読んでから押印する

リフォームの契約書に押印するときは、よく読んでからにしてください。押印は、契約書の内容に同意したことになります。見積もりや口頭で話した内容がきちんと記載されているか、記載事項に間違いがないかなど、隅々まで確認しましょう。不明な点や記載ミスがあればその場で指摘し、訂正してもらってから押印することです。

4.信頼できるリフォーム業者の選び方

信頼できるリフォーム業者を選び、安心して依頼しましょう。

4-1.リフォーム業者の選び方

リフォームを依頼するときは、以下のポイントを参考にすると信頼できる業者を選ぶことができます。

  • リフォーム実績が豊富にある
  • 実例を見せながら親身にアドバイスしてくれる
  • 親切で丁寧な対応ができる
  • 現地視察・見積もりは無料
  • リーズナブルで明確な料金システム
  • 希望の工期に合わせてくれる
  • 顧客からの評判がいい
  • 工事保証やアフターサービスに手厚い

なお、当テンイチでも水回りや内回りをはじめ、幅広い分野のリフォームでご好評をいただいています。まずは、お気軽にご相談ください。

4-2.保証やアフターサービスが手厚いと安心

リフォーム業者は、保証やアフターサービスが手厚いところを選ぶと安心です。工事後、塗装割れや色あせ・そのほかのトラブルが起きたときに、すぐに対応してくれることでしょう。信頼できる業者は、依頼者との長いつきあいを考えているため、工事が完了した後も誠実です。業者選びの際は、保証やアフターサービスの期間・内容をきちんとチェックしておきましょう。なお、当テンイチでは最長10年の保証に加え、1年ごとの点検はがきの送付などアフターフォローの手厚さにも自信があります。

4-3.大手メーカー系列と地元工務店の違い

リフォーム業者には、大手メーカーの系列と地元工務店に大きく分かれます。主な違いは、以下のとおりです。

  • 大手メーカー系列:知名度があるが、個々の対応には柔軟性が乏しい
  • 地元工務店:企業規模が小さいが、地元密着型でフットワークが軽い

高品質で満足度の高いリフォームにしたいのなら、地元工務店を選ぶことをおすすめします。

5.リフォームのトラブルに関するよくある質問

最後に、リフォームのトラブルに関するよくある質問に回答します。それぞれ確認してください。

Q.親切な業者なのでクレームを伝えるのに戸惑うのですが?
A.親切な業者ならクレームを誠実に受け止め、適切な対応ができるものです。業者の印象がよく、今後も依頼したいのなら遠慮してはいけません。今後も依頼したいことが伝われば、業者も感謝するはずです。

Q.リフォーム業者の担当スタッフと相性が悪い場合は交代可能?
A.業者によっては可能です。交代してもらいたい理由を伝え、可能かどうか確認してください。ただし、個人事業主や小規模な業者で営業担当がひとりだけという場合は、難しいでしょう。

Q.リフォーム後に覚えのない傷やへこみが柱にあるのですが?
A.明らかに業者に落ち度がある場合は、補償してもらえます。まずは、今すぐスマホなどでもいいので現場を撮影し、証拠を残しましょう。業者との話し合いがスムーズになります。業者の確認前に勝手に直すと話がこじれてしまうのでやめましょう。

Q.仕上がりの色合いが気に入らない場合も無料でやり直し可能?
A.業者に依頼した色指定や工事品質に問題がない場合は、有料でのやり直しとなります。色見本はあくまでもサンプルであり、実際に塗ったときの印象は多少異なるものです。できるだけ仕上がりのギャップを小さくするためにも、実例を多く見せてもらうようにしましょう。

Q.依頼内容と異なる工事をされた場合はどうすればいい?
A.まずは、契約書を確認してください。契約書の依頼内容と実際に工事した内容が異なる場合は、速やかに業者に伝え、やり直し工事をしてもらいましょう。業者のミスなので全額業者負担となります。なお、すでに契約書の記載が間違っている場合は、業者とよく話し合って費用分担を決めるといいでしょう。

まとめ

今回は、リフォームのトラブルについて詳しく解説しました。リフォーム工事では、費用や工事内容・工事品質・近隣からのクレームなど、さまざまなトラブルに遭う可能性があります。万が一、トラブルに遭ったら、状況を確認し、冷静に対応しましょう。業者との話し合いで決着がつかない場合は、第三者機関に相談してください。なお、リフォームでトラブルに遭わないためには、業者選びも大切です。実績や工事品質・評判などを総合的に評価し、信頼できる業者に依頼しましょう。


最長10年の工事保証付きで施工後も安心!