住まいのコンシェルジュ

玄関を引き戸にリフォームするメリットを紹介!工事日数や費用相場も


「玄関を引き戸にリフォームしたいが、費用はどのくらいかかるのか?」「玄関引き戸のメリットを知りたい」とお悩みではありませんか? 玄関は家族が出入りするだけでなく、お客さまを迎える「家の顔」ともいえる場所です。より魅力的な玄関にするために、リフォームを検討する人も多いでしょう。今回は、玄関を引き戸にするメリットやプラン例・工事にかかる費用などをまとめてご紹介します。

  1. 玄関引き戸リフォームのメリットは?
  2. 玄関引き戸の種類を紹介
  3. 玄関の引き戸リフォームのプラン例3つ
  4. 玄関引き戸リフォームの工事日数や費用
  5. 玄関の引き戸リフォームに関するよくある質問

この記事を読むことで、玄関を引き戸にリフォームするべきケースや人気の種類・工事費用を安く抑えるポイントなどが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.玄関引き戸リフォームのメリットは?

まずは、玄関を引き戸にリフォームするメリットや注意点をご紹介しましょう。

1-1.開閉が楽で間口が広い

引き戸の玄関扉は、開き戸に比べて開閉が楽というメリットがあります。取っ手を持たなくても引っかける程度で開閉できるため、両手が荷物でふさがっていても安心です。また、扉を開けたままにしていても邪魔にならず、間口を広く取れるため、大きな荷物を持っていても出入りしやすいというメリットもあります。

1-2.採光面を大きく取れる

引き戸の玄関扉には、採光面を大きく取れるというメリットもあります。扉にガラス部分を多く設けたり、片側を半透明にしたりする方法もあるため、玄関の明るさを確保しやすいのです。

1-3.強風の影響を受けず、危険が少ない

開き戸の玄関扉だと、強風の影響で開きにくいことや、風にあおられて勢いよく開いてしまうことがよくあります。しかし、引き戸だとそのような心配はありません。指を挟んでケガをする危険性も少ないため、小さな子供がいる家庭でも安心です。

1-4.開けたままにしておけるため、通風しやすい

引き戸は開けたままの状態にしておけるため、通風しやすいという点もメリットです。玄関にこもりがちな匂いや湿気も解消できるでしょう。換気したいときや風を取り込みたいときなど、少しだけ扉を開けておくことができます。

1-5.バリアフリーを考えているなら引き戸がおすすめ

玄関引き戸は、バリアフリー設計にも最適です。開け閉めが楽で扉が体に当たりにくい引き戸は、体が不自由な人でも安全に使用できます。バリアフリーを目的に玄関をリフォームする場合は、玄関扉を引き戸にするのがおすすめです。

1-6.気密性が乏しい点がデメリット

玄関引き戸のデメリットとしては、気密性が乏しい点が挙げられます。開き戸に比べて開閉時間が長くなってしまう分、気密性は下がってしまうのです。そのため、「玄関が寒い」という問題を解消するためにリフォームを検討している場合は、断熱性のある扉を選ぶことをおすすめします。

2.玄関引き戸の種類を紹介

玄関引き戸は、扉の開き方によっていくつかの種類があります。

2-1.引き違い扉

引き戸が2枚あり、左右どちらでも開閉できるタイプです。左右どちらからでも行き来できるため、動線がスムーズになります。現在、最も多く利用されている種類です。

2-2.片開き扉

1枚の扉を左右どちらかに移動させて開閉するタイプで、スライディングドアとも呼ばれています。壁面のスペースに余裕がない場合におすすめです。

2-3.2枚(3枚)片開扉

2~3枚の戸が連動して開閉します。開口部を広く確保できるため、ベビーカーや車いすの利用がある家庭におすすめです。

2-4.両引き込み扉

戸を壁の内部に引き込み、収納できるタイプです。引き込んだ後は戸が見えなくなるため、見た目もすっきりします。

3.玄関の引き戸リフォームのプラン例3つ

玄関の引き戸リフォームにはどんなプランがあるのでしょうか。プラン例をいくつかご紹介しましょう。

3-1.間口のサイズを変えない方法と変える方法がある

玄関の引き戸リフォームには、間口のサイズを変えずに行う方法と変える方法があります。一般的なのは現状の間口サイズに合わせて扉だけを変更するリフォームで、工事日数や費用を抑えることが可能です。間口のサイズを変更する場合は外壁の工事も必要になるため、工期が長くなり、費用も高くなります。

3-2.古い玄関引き戸を新しいものにリフォーム

古くなった玄関引き戸を新しいものに交換するリフォームは、「戸が古くなって劣化してきた」「和風から洋風にデザインに換えたい」などの理由で行われることがほとんどです。最近の玄関引き戸はスタイリッシュなデザインのものや断熱性・防犯性が向上したものが多いため、交換を検討する人が増えてきています。

3-3.開き戸から引き戸にリフォーム

特に増えているのが、開き戸から引き戸にリフォームする例です。「バリアフリーにするため引き戸にしたい」「開き戸に不便を感じる」などの理由が多いでしょう。カラーやデザインを大きく変え、家の雰囲気を一新するプランも人気です。

3-4.引き戸から開き戸にリフォーム

逆に、引き戸から開き戸にリフォームするプラン例もあります。特に多いのが、「和風の家を洋風にイメージチェンジしたい」という理由です。この場合、玄関扉だけでなく玄関全体を一緒にリフォームするプランが多く選ばれています。

3-5.防犯面を意識したリフォームが多い

最近の傾向としては、防犯面を意識して玄関扉のリフォームが行われる例が多くなっています。玄関扉を交換するタイミングで、鍵も一緒に交換するのがおすすめです。最近は、1つの扉に鍵が2つついているタイプや、ティンブルキー・指紋認証型など、防犯性にすぐれた商品が人気を集めています。また、採光用の窓があるとガラスを破られて内側から鍵を開けられてしまう可能性もあるでしょう。窓を設ける場合は鍵から遠い場所にすると安心です。

4.玄関引き戸リフォームの工事日数や費用

リフォーム工事の流れや日数・費用相場などをご紹介します。

4-1.まずは無料見積もりを

一般的な玄関リフォーム工事の流れは、以下のとおりです。

  1. 業者に無料見積もりを依頼する
  2. 現地調査の日時を決める
  3. 現地調査後・正式見積もり
  4. 契約
  5. 施工日の決定
  6. 施工実施
  7. 支払い

4-2.工事日数は1日~1週間程度

玄関の引き戸リフォーム工事の日数は、工事内容によって1日で済む場合もあれば、1週間ほどかかることもあります。既存の引き戸枠に新しい枠をかぶせる「カバー工法」が可能であれば、工事は1日で完了するでしょう。しかし、玄関の間口を変更する場合は、工事が外壁まで及びます。そのため、1週間ほどかかる場合がほとんどです。

4-3.費用相場は20万~40万円前後

玄関の引き戸リフォームにかかる費用は、20万~40万円前後が平均です。扉だけを交換するのか、間口工事が必要になるかによって大きく変わるため、注意してください。工事費用の内訳としては、扉本体の価格のほかに、古い扉の撤去費用や取り付け工事費がかかります。

4-4.複数の業者を比較して相場を把握することが大切

リフォーム工事にかかる費用は、業者によって違いがあります。そのため、事前に複数の業者に無料見積もりを依頼し、比較しておくことが大切です。そうすることで、大まかな相場を把握することができ、少しでも費用を抑えることが可能になるでしょう。

4-5.安心して任せられる業者選びを

玄関の引き戸リフォームを安心して任せられるように、業者選びは慎重に行いましょう。以下のポイントを参考にして業者選びをしてください。

  • 豊富な施工実績があるか
  • 適切なプランを提案してくれるか
  • 工事に関する丁寧な説明があるか
  • 質問に対して明確に回答してくれるか
  • 保証やアフターサービスが充実しているか

4-6.テンイチの無料相談がおすすめ

住宅リフォーム業者の株式会社テンイチは、創業60年以上の実績を誇る業者です。玄関リフォームの施工例も多数あるため、ぜひチェックしてみてください。こちらから無料相談を受け付けています。

5.玄関の引き戸リフォームに関するよくある質問

「玄関の引き戸リフォームを検討している」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.玄関の引き戸に使用される素材には、どのようなものがありますか?
A.木製やアルミ・鋼板などが多いでしょう。現代的でモダンなイメージにしたいなら金属系、重厚感や温(ぬく)もりを演出したいなら木製がおすすめです。

Q.玄関ドアの交換は自分でもできますか?
A.メーカーと型番が同じドアへの交換であれば、自分で交換することも可能です。ただし、枠の交換には高度な技術が必要になるため、枠からの交換はおすすめしません。

Q.洋風でおしゃれな引き戸にリフォームしたいのですが、おすすめのメーカーはどこでしょうか?
A.LIXILがおすすめです。豊富なデザインで機能性も高い引き戸がそろっているため、チェックしてみるとよいでしょう。

Q.悪質なリフォーム業者も存在するというのは本当ですか?
A.残念ながら、悪徳業者も存在しています。特に、突然自宅にやってきてリフォームをすすめてくるような業者や、大幅な値引きをしてくる業者には注意が必要です。

Q.玄関リフォームを成功させるポイントを教えてください。
A.リフォームする目的を明確にすることです。現在の玄関にどのような不満があり、どう改善したいと思っているのかをはっきりさせましょう。そうすることで、理想の玄関が手に入るはずです。

まとめ

玄関の引き戸リフォームについて、リフォームするメリットやプラン例・リフォーム工事の費用相場などをまとめてご紹介しました。玄関を引き戸にすることには、さまざまなメリットがあります。「現在の玄関に不満がある」「おしゃれで使い勝手のよい玄関にしたい」という人は、ぜひこの記事を参考にしてリフォームを検討してみてはいかがでしょうか。