住まいのコンシェルジュ

マンションリフォームの騒音が心配な方へ! トラブルを避けるコツは?


「近々マンションリフォームを予定しているが、騒音が心配だ」「万が一、騒音トラブルが起きたときの対策法を知りたい」とお考えではないでしょうか。マンションは集合住宅なので、一戸建てと比較して騒音が響きやすいものです。近隣とのトラブルを避けるためにも、予防法や対策を知っておきたいことでしょう。

そこで今回は、マンションリフォームの騒音について詳しく解説します。

  1. マンションリフォームで騒音トラブルが多い理由は?
  2. マンションリフォームの騒音トラブル対処方法
  3. マンションリフォーム業者の選び方
  4. マンションリフォームの騒音に関するよくある質問

この記事を読むことで、マンションリフォームの騒音トラブルを避けるコツが分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.マンションリフォームで騒音トラブルが多い理由は?

最初に、マンションリフォームでなぜ騒音トラブルが多いのかを見ていきましょう。

1-1.マンションは騒音や振動が響きやすい

マンション集合住宅のひとつであり、多くの世帯がひとつの建物に暮らしています。そのため、一戸建てと比べると騒音や振動が響きやすいのは仕方がありません。マンションで暮らしていく以上、騒音や振動が発生しないように努めるのは当然なのです。普段の生活音だけでなく、マンションリフォーム時には大きな騒音が発生しやすく、トラブルになりやすいので特に注意しましょう。

1-2.あいさつなしに工事を進める

工事前に近隣へあいさつせずに工事を進めた結果、トラブルになる例が多くあります。あいさつがないことは、今後の近所づきあいに大きな悪影響を与えることでしょう。工事前のあいさつは、単にマナーとして重要なだけはありません。近隣住民が心構えをしたり、騒音を避けるために外出など予定を立てたりするためにも必要なことなのです。

1-3.工事方法の配慮が足りない

工事中の騒音対策が不十分など、配慮が足りないこともトラブルの原因です。たとえば、マンションリフォーム中は、騒音を出さないように防音シートを貼っておくなどの対応が必要になります。また、大きな音が出る工具を使うときなどは、できるだけ短時間で終えるようにするか、屋外で作業をするようにするべきでしょう。

1-4.生活リズムが異なる

隣室との生活リズムが異なるのも、騒音トラブルに発展しやすい原因のひとつです。たとえば、平日昼間の定時勤務と土日出勤ありの交代制勤務では、生活リズムが異なります。自分たちには都合のいい時間帯でも、近隣住民には休息・睡眠時間となる場合もあるのです。ゆっくりとくつろぎたい時間に騒音が発生すれば、トラブルになりやすいのも当然でしょう。

1-5.近隣とうまくやっていくためにも対策が必要

マンションリフォームの騒音対策は、近隣とうまくやっていくために必要なことです。対応が悪いと、将来にわたってわだかまりが残ります。以前は仲がよくても、マンションリフォームの騒音対策が不十分なことでうまくいかなくなることもあるのです。近隣とは今後もつきあいが長く続きます。気まずい思いを抱えることを避けるためにも、マンションリフォームの騒音対策は十分に行ってください。

2.マンションリフォームの騒音トラブル対処方法

マンションリフォームの騒音トラブルが起きたときの対処方法を詳しく解説します。

2-1.事前に告知しておく

近隣とのマンションリフォームのトラブルを防止するには、事前に告知しておくことが大切です。告知する内容は、以下を参考にしてください。

  • 工事開始日および終了予定日
  • 工事時間と内容
  • リフォーム業者の名前と連絡先

なお、なるべく工事開始日より1か月までに告知しておきましょう。直近になって知らせるのは、やめてください。両隣・上下だけでなく、管理組合や同じフロアの住人にも知らせておくと安心です。

2-2.早朝・夜間の工事を避ける

早朝や夜間の工事を避けることも重要なポイントです。早朝は、就寝している人も多く、騒音によって目覚めてしまったり眠れなくなってしまったりします。また、夜間は家にいる人が多いので避けたほうが無難です。朝は午前9時以降・夜は遅くとも午後6時までに工事を終えてもらいましょう。

2-3.工期をできるだけ守る

当初の工期を守ることも大切です。工事が予定より遅れるほど、騒音が発生する期間も長引くため、予定どおりに工事を終えることが基本となります。万が一、何らかの理由で当初の予定から遅れることが判明したら、すぐに近隣に知らせておきましょう。無断で工事を延長すると、「聞いていない」「非常識だ」などと反感を買いやすいので注意してください。

2-4.工事中も気配りを欠かさない

工事中も、近隣への気配りを欠かさないようにしましょう。住人とすれ違ったらあいさつを忘れないでください。場合によっては、騒音について言われることもあるでしょう。苦情に対しては、「申し訳ない」という気持ちを込めて対応しましょう。低姿勢で対応すれば、クレームをつけた相手も強く出づらくなります。また、工事後に改めてあいさつすれば印象もよくなることでしょう。

3.マンションリフォーム業者の選び方

騒音トラブルを避けるためには、マンションリフォーム業者の選び方も重要なポイントとなります。

3-1.トラブル対応能力が高い業者を選ぶ

騒音トラブルを避けるためには、信頼できる業者を選ぶことが大切です。特に、トラブルを回避するために、十分な対応をしていることを確認しましょう。たとえば、当テンイチでは、近隣の皆さまへ、工事着手前・完成後にそれぞれごあいさつをしています。また、工事中に大きな音が出る場合や大型車両が出入りする場合にも、必要に応じて個別にお知らせしご協力をお願いしているので、ご安心ください。もちろん、万が一トラブルになりそうな場合にも、誠実に対応いたします。

3-2.飛び込み営業が主な業者はトラブルになりやすい

飛び込み営業の業者にマンションリフォームを依頼すると、トラブルになりやすいのでやめましょう。主な理由は、売り上げ至上主義で動いており、近隣への配慮に欠けるからです。また、品質の割には高い費用・作業員の態度が悪いなど、何かと不満を残す結果になるでしょう。無用のトラブルを避けるためにも、信頼できる業者に依頼することが大切です。

4.マンションリフォームの騒音に関するよくある質問

最後に、マンションリフォームの騒音に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.事前に知らせたのに近隣からクレームが来たのですが?
A.想像以上に騒音や振動が大きいなどの理由で、クレームがくることがあります。事前に知らせておくのは、あくまでも最低限のトラブルを回避するためのものです。クレームが来たら、きちんと対応してください。

Q.近隣への手みやげはどんなものがいい?
A.以下のようなものなら、もらった人の負担にならず喜んでもらえるでしょう。

  • ハンドタオル・ハンカチ
  • 洗剤
  • 焼き菓子

なお、予算は1世帯500~1,000円程度が目安です。まとまった数量が必要なら、ギフトショップに相談してみるといいでしょう。

Q.マンションリフォームで騒音以外に配慮するべきポイントは?
A.振動・ホコリ・臭いです。電動工具などは、使用時に大きな振動が発生しやすく特に同じフロアに伝わりやすいでしょう。また、ホコリや塗料や溶剤の臭いも配慮する必要があります。

Q.業者の声が大きいのも騒音になるのでは?
A.はい。業者の声も、大きさによっては騒音となります。話し声が大きくて気になるときは、トーンを抑えてもらいましょう。作業スタッフに直接言いにくいときは、営業担当を通じて伝えてもらってください。

Q.半日で終わる内容ならあいさつしなくていいのでは?
A.半日であっても、近隣に迷惑がかかる可能性がある以上、あいさつは欠かすことができません。思わぬトラブルが発生したときのリスクを考え、きちんとしておきましょう。

まとめ

今回は、マンションリフォームの騒音について詳しく解説しました。マンションリフォーム時には、騒音が発生する可能性があるため、近隣に十分な配慮が必要です。思わぬトラブルに発展させないためにも、早めに告知しておきましょう。なお、マンションリフォーム業者も信頼できる業者を選ぶことが大切です。特に、近隣とのトラブル対応に力を入れていることを重視して選ぶといいでしょう。さらに、豊富な実績があり顧客からの評判もいい業者なら、安心してマンションリフォームを依頼できるはずです。