住まいのコンシェルジュ

外壁の重ね張りリフォームとは?特徴やメリット・デメリットを解説!


家を風雨から守ってくれる外壁は、定期的にリフォームが必要です。外壁リフォームの方法はいろいろありますが、古い外壁の上から新しい外壁を張る重ね張り工法は、外壁全体を張り替えするより費用も工期も節約できます。「外壁リフォームをしたいのだが、重ね張りのメリットを詳しく知りたい」という人もいるでしょう。

そこで今回は、外壁を重ね張りするリフォームの方法や費用などを紹介します。

  1. 外壁の重ね張りリフォームとは?
  2. 外壁を重ね張りリフォームするメリット
  3. 外壁の重ね張りリフォームをするデメリット
  4. 外壁重ね張りリフォームの費用について
  5. 重ね張りリフォームを依頼する業者の選び方
  6. 外壁の重ね張りリフォームに関するよくある質問

この記事を読めば、重ね張りリフォームのメリット・デメリットも分かります。外壁の重ね張りリフォームを考えている人は、ぜひこの記事を読んで参考にしてください。

1.外壁の重ね張りリフォームとは?

はじめに、重ね張りリフォームの特徴や張り替えとの違いを紹介します。

1-1.外壁の重ね張りリフォームの方法

外壁の重ね張りリフォームとは、現在の外壁の上から新しい外壁をカバーのようにかぶせるリフォーム方法です。張り替えに比べて外壁を一度壊す必要もないので、工期が短く費用も安くすみます。

1-2.全ての外壁に行えるとは限らない

外壁の重ね張りリフォームは、どんな外壁でもできるとは限りません。ですから、重ね張りリフォームを考えている人は、必ず業者に調査をしてもらいましょう。そうすれば、重ね張りリフォームが可能かどうか分かります。

1-3.重ね張りリフォームはサイディングを用いる

サイディングとは、薄い板状の外壁素材です。金属、窯業、樹脂系などいろいろな素材があり、現在は外壁素材の主流となっています。重ね張りリフォームは、古い外壁の素材にかかわらずサイディングを重ね張りして行う方法が一般的です。サイディングの値段によってリフォーム費用も変わってきます。

2.外壁を重ね張りリフォームするメリット

外壁を重ね張りリフォームするメリットには、以下のようなものがあります。

  • 古い外壁を壊さなくてすむので、費用が安くなり工期も短縮できる
  • 家に住みながらリフォームすることができる
  • 外壁を重ね張りすることで断熱効果が高まる

古い外壁の中にはアスベストを使用しているものもあり、そのような外壁は撤去費用が高額になりがちです。また、外壁を張り替える場合は、仮住まいを探す必要も出てきます。一方、重ね張りリフォームは住みながらリフォームが可能です。住みながらリフォームできれば、引っ越しなど余計な手間もかかりません。費用も安くすむでしょう。

3.外壁の重ね張りリフォームをするデメリット

一方、重ね張りリフォームには以下のようなデメリットもあります。

  • 外壁が傷んでいたり劣化していたりする場合は、重ね張りができない
  • 外壁の重量が増すので、耐震基準に不安が残る建物は、耐震工事をする必要がある
  • 新しく張った外壁と古い外壁の間に湿気が溜まるとカビが生える原因となる

しかし、これらのデメリットは、対策をすればクリアできるものばかりなので、気にしすぎる必要はないでしょう。

4.外壁重ね張りリフォームの費用について

この項では、重ね張りリフォームにかかる費用の内訳や相場を紹介します。

4-1.リフォーム費用の内訳

外壁を重ね張りリフォームする際、かかる費用は以下のようなものです。

  • 足場の組み立て、解体費用
  • リフォームに用いるサイディングの費用
  • 人件費など

この中でも、サイディングは素材によって値段が異なり、リフォーム費用を大きく左右するものです。また、外壁によっては使えない素材もあるので、必ず業者と相談しましょう。

4-2.サイディングの費用相場

サイディングは、素材によって以下のように1㎡あたりの値段が変わります。

  • 窯業系:4~5,000円
  • 金属系:3~7,000円
  • 木質系:6,000~1万円
  • 樹脂系:8,000~1万円

費用を抑えたい場合は、1㎡あたりの値段がお手頃価格なものを使いましょう。

5.重ね張りリフォームを依頼する業者の選び方

この項では、外壁の重ね張りリフォームを依頼する業者の選び方や注意点を紹介します。

5-1.実績のある業者を選ぶ

重ね張りリフォームは、デメリットをなくすために事前に対策が必要なこともあります。ですから、費用の安さより実績を重視して業者を選びましょう。実績がある業者ならば、知識や経験から上手に工事をしてくれるはずです。

5-2.見積もりを比較してみる

複数の業者で迷った場合は、見積もりを比較してみましょう。極端に安かったり高かったりする業者や、見積もりの内訳がよく分からない業者は選ばない方がいいですね。見積もりが分かりやすく、業者の説明が丁寧なところを選びましょう。

5-3.アフターケアも重要視する

アフターケアが充実している業者は、優良な業者である可能性が高いので、おすすめです。また、口コミサイトを参考にする場合は、長期にわたって優良な評価がついている業者を選びましょう。

6.外壁の重ね張りリフォームに関するよくある質問

この項では、外壁の重ね張りリフォームに関するよくある質問を紹介します。

Q.外壁の重ね張りリフォームはどんな外壁でも行えるでしょうか?
A.外壁の素材は問わないことがほとんどです。

Q.重ね張りリフォームの工期はどのくらいでしょうか?
A.平均すると2週間程度です。

Q.外壁の一部分だけ重ね張りリフォームをすることはできるでしょうか?
A.建物によってはできないこともあるので、工務店に相談してください。

Q.サイディングの上に別のサイディングを重ねることができるでしょうか?
A.はい。大丈夫です。

Q.重ね張りリフォームは1年中できますか?
A.基本的に可能ですが、雨の日や雪の日はできません。ですから、寒冷地では冬のリフォームは難しいと考えましょう。

まとめ

今回は外壁の重ね張りリフォームについて解説しました。外壁の寿命は30年と言われています。それ以前でも、外壁の劣化が激しい場合は、重ね張りリフォームを視野に入れて考えてみましょう。外壁が変わっただけでも、家の印象がぐっとよくなるはずです。