住まいのコンシェルジュ

家のメンテナンス時期はいつ? 最適なタイミングや方法を徹底解説!


「家の傷みが気になってきたので、適切なメンテナンス時期について詳しく知りたい」とお考えではないでしょうか? 大切な家を長持ちさせるためには、適切な方法や・時期にメンテナンスすることが大切です。しかし、実際にどんなポイントでメンテナンス時期を判断すべきかなど、よく分からないこともあるでしょう。

そこで今回は、家のメンテナンス時期について詳しく解説します。

  1. 家のメンテナンスが重要な理由は?
  2. 家のメンテナンス時期を判断する基準は?
  3. 家でメンテナンスすべき場所をチェック
  4. 家をメンテナンスする方法は?
  5. 家のメンテナンスを業者に依頼するときの注意点
  6. 家のメンテナンス時期に関するよくある質問

この記事を読むことで、家のメンテナンス時期を判断するポイントや注意点がよく分かります。そろそろ家のメンテナンスをお考えの方は、記事を読んでみてください。

1.家のメンテナンスが重要な理由は?

最初に、家のメンテナンスが重要な理由について見ていきましょう。

1-1.美観を保つ

家の美観を保つためには、定期的なメンテナンスが欠かせません。特に、屋根や外壁などは、経年による劣化のほか、紫外線や風雨などの影響を受けやすく、汚れや色あせ・ひび割れなどが目立ち美観を損ねることがあります。中には、築年数以上に古い印象を与えることもあるでしょう。家の美観を保つためには、必要なメンテナンスをきちんと行うことが大切です。

1-2.耐久性を維持する

家のメンテナンスは、耐久性を維持するために必要不可欠です。特に、基礎・外壁・屋根などは、家の耐久性に大きく影響する場所になります。日本は、台風や地震などの自然災害が多い国です。自然災害による家のダメージを最小限に食い止めるためにも、家をしっかりメンテナンスしておきましょう。

1-3.機能性を維持する

家の機能性を維持するためにも、適切なメンテナンスが必要です。たとえば、屋根や外壁・床下の断熱効果なども、経年などの理由により徐々に劣化します。どんなに高性能・高機能な家であっても、適切なメンテナンスがあってこそ、快適な暮らしを維持できるのです。初期費用をかけたから、機能を付加するリフォームをしたからといって、その後のメンテナンスが不要になるわけではありません。

1-4.暮らしの快適さを維持する

家のメンテナンスは、暮らしの快適さを維持するためにも重要です。長く暮らしていると、何らかの不満や不具合が出てくることがあります。また、家族のライフスタイルも変化することでしょう。当初は快適だった家でも、徐々に合わなくなってきて当然です。そこで、適切なメンテナンスを行い、暮らしやすくすることが必要になります。

2.家のメンテナンス時期を判断する基準は?

家のメンテナンス時期を判断する基準について、詳しくご紹介します。

2-1.新築もしくは前回のメンテナンスから10年経過した

新築もしくは前回のメンテナンスから10年経過したら、メンテナンス時期と判断できます。10年経過すると、何かしらの不具合や劣化が目立つようになるからです。また、10年に1回メンテナンスすれば、補修費用を抑えることができるのもメリットといえます。一見して問題がないように見えても、プロがチェックするとダメージが広がっているケースもあるので、定期的なメンテナンスがおすすめです。

2-2.外観の汚れや傷みが気になる

家の外観で汚れや傷みが気になったら、メンテナンス時期を迎えたと判断しましょう。たとえば、屋根や外壁などの汚れや傷みが目立つと、家の美観を大きく損ねてしまいます。また、ひび割れや脱落などがあると、家の強度や耐震性が落ちてしまうこともあるでしょう。家の外観をチェックして気になる点があったら、早めにメンテナンスしておくのが正解です。

2-3.雨もりが見られる

雨もりが見られる場合も、家のメンテナンス時期と考えてください。雨もりは、屋根や外壁などが劣化して、ひび割れやすき間ができていることが主な原因です。雨もりを放置すると悪化するばかりで、家の素材が腐食したり害虫が繁殖したりすることがあります。また、カビが繁殖すれば、健康被害も心配です。なるべく初期のうちにきちんとメンテナンスしておきましょう。

2-4.台風や地震など自然災害の後

台風や地震などの自然災害の後も、家のメンテナンス時期の一つです。特に、屋根や外壁・基礎などに大きなダメージを受けやすいので注意してください。また、元から家に傷みや不具合があると、台風や地震によって致命的な状態になることもあります。今後、同様に自然災害が起きたときのためにも、家のメンテナンスを万全にしておきましょう。

3.家でメンテナンスすべき場所をチェック

家でメンテナンスすべき場所はどこか、具体的に見ていきましょう。

3-1.屋根

家でメンテナンスすべき場所として、最初に挙げられるのは屋根です。屋根は、家を風雨や紫外線から守るために重要な役割を持っています。一方で、素材の劣化が進みやすい場所ともいえるでしょう。また、屋根は目視しづらい位置にあることから劣化が分かりにくく、メンテナンスのタイミングが遅れがちなのが問題です。大切な家を守るためにも、10年に1回程度は屋根のメンテナンスを行いましょう。

3-2.外壁

家でメンテナンスすべき場所として、外壁も忘れてはいけません。外壁は、家の外観を大きく左右するだけでなく、家の強度を維持するために重要な場所だからです。外壁のメンテナンス時期は、外壁材や塗装の種類によります。早いもので5~7年、長持ちするもので10~15年程度です。なお、外壁も屋根と同様に自然災害の影響を大きく受けやすいので、注意してください。

3-3.水回り

キッチン・浴室・トイレといった水回りも、定期的にメンテナンスすべき場所です。水回りに不具合があると、生活の質が大きく下がってしまうので気を付けましょう。中でも、水もれが見られる場合は、早めに対処することが大切です。そのまま放置すると悪化するだけでなく、周囲に腐食が進んだり、カビが繁殖したりすることがあります。

3-4.床下

床下も、定期的にメンテナンスすべき場所です。床下には湿気がこもりやすく、基礎が傷んだりカビや害虫が繁殖したりしやすくなります。また、地震などによる大きな揺れや、大雨などによる浸水の影響で、思わぬダメージを受けていることもあるでしょう。家を長持ちさせるためにも、床下のメンテナンスを欠かさないようにしてください。

3-5.内装

内装も、経年などの理由により、徐々に劣化します。衛生的で快適な生活を送るには、天井・内壁・フローリングなど、内装のメンテナンスもきちんと行いましょう。内装が劣化すると、シミや汚れが目立つようになります。また、色あせが気になったり風合いが悪くなったりすることもあるでしょう。なお、内装と同時に照明器具や電化製品なども併せてメンテナンスすると、常に快適な暮らしを維持できます。

3-6.そのほかの場所

そのほかにも、以下のような場所をメンテナンスする必要があります。いずれも、10年程度を目安にメンテナンスを考えてみるとよいでしょう。

  • ベランダ
  • ウッドデッキ
  • 玄関
  • カーポートや門・塀など

4.家をメンテナンスする方法は?

家をメンテナンスする方法を、詳しく解説します。

4-1.自分でメンテナンスする

家のメンテナンスを自分で行う方法には、以下のようなものがあります。

  • ごく軽いひび割れを専用の補修材で修復する
  • 外壁の汚れをホースの水で流す
  • 庭木や雑草を手入れする
  • 壁紙を張り替える
  • 劣化したパーツを交換する

なお、自分でメンテナンスできる場所や方法は、意外と限られているものです。また、DIYが得意でない場合は、仕上がりが今一つになることもあるでしょう。仕上がりの品質にこだわるのなら、業者に依頼することをおすすめします。

4-2.業者に依頼する

家のメンテナンスは、信頼できる業者に依頼すると、以下のようにさまざまなメリットがあります。

  • 自分でDIYするより高品質で仕上がりがキレイ
  • 作業に伴う時間や労力を節約できる
  • 都合のよい日時を指定して作業してもらえる
  • 豊富な専門知識により的確なアドバイスを受けられる
  • 高所など作業が難しく危険な場所も依頼できる

たとえば、屋根や床下など、作業が大変かつ危険を伴う場所は、業者に依頼することがおすすめです。外壁も、塗装の塗り替えや深いひび割れの補修などは業者に任せるほうがよいでしょう。また、水回りの不調やメンテナンスも、業者に依頼するほうがはるかに効率よく、確実です。

5.家のメンテナンスを業者に依頼するときの注意点

家のメンテナンスを業者に依頼する場合、どんな点に注意すべきか確認しておきましょう。

5-1.信頼できる業者に依頼する

家のメンテナンスは、以下の条件を満たす業者に依頼することが大切です。

  • 家のメンテナンス実績が豊富にある
  • 高い技術力と高品質な仕上がりで定評がある
  • 現場視察および見積もりは無料
  • 分かりやすくてリーズナブルな料金システム
  • 希望の工期に合わせてもらえる
  • スタッフの教育が行き届いており感じがよい
  • 顧客からの評判がよい
  • 保証やアフターサービスが充実している

なお、当テンイチでも、家のメンテナンスを数多くお受けしてご好評をいただいています。まずは、お気軽にご相談ください。

5-2.要望をきちんと伝える

家のメンテナンスで失敗しないためには、業者に要望をきちんと伝えることがポイントです。どんな場所のどんな点に不満があるのか、どんなふうに仕上げてほしいのかなど、具体的に伝えてください。実例を挙げながら話をすると、業者にも理想のイメージが伝わりやすいでしょう。なお、信頼できる業者は、顧客の要望を聞き出すのが上手です。できるだけたくさんコミュニケーションを取り、こちらの要望をくみ取ってもらいましょう。

5-3.疑問点や不安点をそのままにしない

疑問点や不安点があるときは、そのままにしないでください。小さなことでもそのままにしてしまうと、後から大きな問題に発展することがあります。たとえば、外壁塗装を依頼するにしても、塗装方法や塗料の色・種類などをしっかり打ち合わせしたつもりでも、何らかの行き違いが発生することもあるでしょう。信頼できる業者であっても、うっかりミスはあり得ます。業者とのやり取りで、疑問や不安に感じることがあったら、その場で確認して解決してください。

5-4.業者からのアドバイスに耳を傾ける

家のメンテナンスを業者に相談すると、業者からさまざまなアドバイスをもらえます。このとき、業者からのアドバイスには真剣に耳を傾けましょう。信頼できる業者なら、予算や希望に応じて、プロの視点で最良のプランを考えてくれるからです。中には、自分たちの理想とは異なる内容を提案されることもあるでしょう。しかし、まずは、プロの意見に耳を傾け、柔軟に検討してみることが大切です。

5-5.悪質業者の手口に注意する

悪質業者の手口には、十分に注意してください。家のメンテナンスは、悪質業者に狙われやすい分野の一つです。特に、屋根や床下など、簡単に目が届きにくい場所は、悪質業者の得意分野といえます。たとえば、「今すぐメンテナンスしないと大変なことになる」などと不安を煽ってくるので気を付けましょう。うっかり契約してしまうと、想定外に高額な費用を請求されるなど、トラブルの原因になります。悪質業者の多くは、突然訪問してきたり電話で勧誘してきたりするのが特徴です。その場の勢いで契約しないようにしましょう。

6.家のメンテナンス時期に関するよくある質問

最後に、家のメンテナンス時期に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.中古住宅のメンテナンス時期はどんな方法で判断する?
A.購入時の築年数や、耐震診断の結果などを参考にするとよいでしょう。併せて、目視での劣化チェックなども参考にしてください。もしくは、信頼できる業者に現場調査を依頼してアドバイスを受けるのもよい方法です。

Q.賃貸物件をメンテナンスしたい場合はどうする?
A.貸し主に相談してください。賃貸物件は貸し主の所有物なので、勝手にメンテナンスすることはできません。たとえ自己負担でメンテナンスしても、場合によっては契約違反と見なされて退去を求められることがあります。思わぬトラブルにならないためにも、きちんと貸し主に相談して進めるべきでしょう。

Q.持ち家でもマンションのメンテナンスは勝手にできないと聞いたのですが?
A.はい。マンションは共同住宅であり、持ち家であっても専有部分と共有部分に分かれるからです。専有部分のメンテナンスは持ち主が自由にできますが、共有部分のメンテナンスは基本的に独断ではできません。共有部分のメンテナンスは、管理組合が対応することになります。

Q.10年前にメンテナンスしてから特に問題がないのですが?
A.実際に補修するかどうかは別として、信頼できる業者にチェックだけでもしてもらうとよいでしょう。意外な場所で劣化が進んでいることがあります。

Q.家のポストに「今だけ家のメンテナンスが格安」というチラシが入っていたのですが?
A.悪質業者である可能性があります。この記事の「5-4.悪質業者の手口に注意する」と同様に、契約してはいけないパターンです。たとえば、相場より安い金額を提示しておき、実際には高額な費用を請求してくることなどがあるので注意してください。

まとめ

今回は、家のメンテナンス時期について詳しく解説しました。家は、経年や紫外線・風雨などの影響で徐々に劣化が進むため、定期的にメンテナンスを行う必要があります。汚れや傷みが目立つときはだけでなく、定期的にチェックおよびメンテナンスを行うことで、常に快適な住環境を維持することが可能です。なお、家のメンテナンスは自分で行うこともできますが、信頼できる業者に依頼することをおすすめします。自分で行うよりも、高品質でキレイな仕上がりになるほか、屋根などの高所や床下など危険を伴う場所も、プロの技術力と経験によりきちんとメンテナンスしてもらえるので安心です。