住まいのコンシェルジュ

水害対策に有効なリフォームは? 日ごろからできる水害対策も紹介


水害はいつどんなときにやってくるか分からないからこそ、事前にできる対策はしておきたいものですよね。けれども、どうすれば水害対策になるのか・どのような対策をすればいいのか……悩んでいる方は多いでしょう。水害対策のリフォームや日ごろからできる対策などさまざまな方法があります。

本記事では、水害対策におけるポイントなどについて解説しましょう。

  1. 水害には2種類ある
  2. 日ごろからできる水害対策
  3. 水害にあってしまった際の注意点
  4. 水害対策に有効なリフォームは?
  5. 水害対策に関してよくある質問

この記事を読むことで、水害対策に有効なリフォームなどが分かります。気になっている方はぜひ参考にしてください。

1.水害には2種類ある

まずは、水害の種類や特徴など基本情報をチェックしておきましょう。

1-1.河川の氾濫で浸水する「外水氾濫」

そもそも、水害とは大雨や台風など多量の雨によって引き起こされる災害のことです。水害には大きく分けて「外水氾濫」と「内水氾濫」の2種類があります。その1つである外水氾濫は、台風や大雨によって河川が氾濫し、田畑や家屋が浸水することです。大量の水が一気に堤防を越えて住宅地に流れ込んでくるため、河川に隣接地域全体が水没するなど短時間で甚大な被害をもたらします。住宅の全壊・半壊や人的被害の原因になっているのも、外水氾濫がほとんどです。

1-2.雨を処理しきれずに水があふれる「内水氾濫」

外水氾濫とは異なり、内水氾濫は降った雨を処理しきれずに水があふれてしまう状態のことです。主に、下水道の能力不足が原因といえるでしょう。特に、都市部はコンクリートで道路がおおわれているため、雨水が地面に浸透しにくい傾向があります。短時間で大雨が降ると排水路や下水管の処理能力を超えてしまい、内水氾濫が発生しやすくなるのです。また、内水氾濫は標高が低く体積が小さいエリアで発生するリスクが高い傾向があります。

1-3.人命を守るためにも水害対策が必要不可欠

雨が多い日本では、毎年のように全国のどこかで水害が発生しています。つい最近の出来事では、190人近くもの死者を出した西日本豪雨(2018年7月)がありました。政府のデータ結果によると、平成18年~平成27年までの10年間で全国の97%の市区町村で水害が発生していることが分かったほどです。いつどこで水害が起きるか分からないからこそ、できるときに水害対策をしっかりと施しておかなければなりません。

2.日ごろからできる水害対策

ここでは、日ごろからできる水害対策について解説します。

2-1.家の周囲をチェックする安全確認

日ごろからできる水害対策としては、家の周囲をチェックする安全確認があります。定期的に、家の周囲に不具合がないか、安全を確認してください。周囲を確認する際は、以下の項目に注目するといいでしょう。

  • 雨漏りの原因となる外壁のひび割れや亀裂がないか
  • ゴミ箱・植木鉢・物干し竿(ざお)など飛散の危険性があるものを室内に格納しているか
  • 窓ガラスにひび割れがないか・窓枠がガタついていないか
  • 瓦を固定する材料や金具の不具合が起きていないか
  • 雨風の影響で瓦やトタンが劣化していないか
  • 雨どいや排水路に落ち葉や砂が詰まっていないか

2-2.ハザードマップや避難場所を確認する

自治体のホームページで公開しているハザードマップを確認することも大切な対策の1つです。ハザードマップを確認してみると分かるように、どこが氾濫しやすいのか・自宅周辺はどのようになるのか把握しましょう。ハザードマップだけでなく避難場所もチェックしておけば、家族がバラバラになっている状況でも落ち合うことができます。水害が起きる際は連絡が取れなくなる状態になることも踏まえて考えなければなりません。

2-3.土のうや水のうを準備する

水害対策として、土のうや水のうは大きな力を発揮してくれます。土のうは布袋の中に土砂を詰めた土木資材のことで、主に家屋への浸水を防ぐことに役立つでしょう。事前に土のうを準備しておけば、いざというときに慌てて用意することもありません。ハザードマップ等を確認しながら、どこにどのように積めばいいのか頭に入れておきましょう。土のうを用意するのが困難な場合は、水のうで代用することもできます。水のうは袋に水を入れるだけなので簡単に作れますが、土のうよりも流されやすい傾向があるため、ダンボールに複数詰めこんで使用するなどの工夫が必要です。

2-4.非常用品を用意しておく

いつ起こるか分からない自然災害だからこそ、非常用品や避難用の道具を準備しておきたいものです。水害時には、水道・電気・ガスなどのライフラインが止まる恐れがあります。もしものときに備えて、家族分の水や食料・医薬品・懐中電灯・カセットコンロ・カセットボンベなどを用意しておきましょう。また、非常用品はまとめて家族が分かる場所に保管したり、預金通帳や印鑑などの貴重品はすぐに持ち出せるようにまとめたりすることも大切です。

3.水害にあってしまった際の注意点

ここでは、水害にあってしまった際の注意点をいくつか紹介します。

3-1.まずは落ち着くことが大切

水害の被害にあってしまったときは、まず気持ちを落ち着かせることが大切です。自宅が水に浸(つ)かってしまうと頭が真っ白になり、これからどのように生活すればいいのかとパニックになってしまう恐れがあります。パニックになるほど冷静な判断ができなくなってしまうので注意が必要です。まずは気持ちを落ち着かせて、水害の被害を確認し、生活再建までの見通しを立てましょう。自宅を修理する場合、再度住めるようになるまでの間はどこで過ごすのか、仮住まいも考えなければなりません。

3-2.被害状況を必ず写真に残す

水害の被害にあったら、最初に被害状況を必ず写真に残してください。どのような被害を受けているのか写真に残すことで、市町村から罹災証明を取得する際に役立ちます。罹災証明とは、自然災害や火災の被害にあった被災者が各種届出・証書の再交付申請などを行う際に必要となるものです。また、保険金を請求する際も、被災状況が分かる写真が役立ちます。家を片付ける前に、浸水した深さが分かるように室外と室内の状況を残しておきましょう。

3-3.復旧前に確認すべきこと

復旧前に、電気(ブレーカー)・水道・ガスなどのライフラインで確認しておかなければならないことがあります。たとえば、電気の場合、水害後にブレーカーが落ちているとどこかで漏電しているかもしれません。避難などで家を離れるときはブレーカーを切るのはもちろん、復旧前も電力会社に相談することをおすすめします。また、水道の場合は水が汚れている可能性があるため、しばらく流してから使用しましょう。浄化槽の場合はトイレや風呂を使う前に点検を行い、井戸水の場合は水質検査が終わるまで飲んではいけません。そして、プロパンガスのボンベがもとの位置から動いてしまった場合、復旧前にガス会社へ点検を依頼しましょう。

4.水害対策に有効なリフォームは?

ここでは、水害対策に有効なリフォームについて解説します。

4-1.豪雨に耐えられる家づくりを行う

代表的なリフォームとして、豪雨に耐えられる家づくりを行う方法があります。たとえば、雨どいを豪雨に耐えられるものに交換することです。雨どいは降った雨を集めて排水する役割を持っているため、雨に強い住宅にするためには雨どいを整えなければなりません。豪雨に強いものに交換するのなら、スチール製がおすすめです。高耐候性特殊樹脂を利用した雨どいも豪雨対策に役立つでしょう。ほかにも、軒やひさしを設けたり、雨戸を後づけしたりする方法もあります。

4-2.窓を複層ガラスにする

窓を複層ガラスにすることも、水害対策リフォームの1つです。窓は室外と室内をつなげる部位なので、窓を水害に強いものにすれば水の浸入を未然に防ぐことができるでしょう。複層ガラスとは、複数枚の板ガラスを重ね、その間に乾燥空気やアルゴンガス等が封入されたものです。複層ガラスにすることで内部に水が浸入しにくくなります。さらに、雨戸やシャッターを取りつけることで、ものが飛んできて窓が割れたり、そこから雨風が室内に浸入したりする心配もありません。

4-3.屋根の下にルーフィングを入れる

水害対策のリフォーム方法として、屋根の下にルーフィングを入れるやり方もあります。屋根は真っ先に雨が降り注ぐ場所なので、メンテナンスや点検を怠るほど雨漏りがしやすくなるのです。けれども、屋根の下に防水シート(ルーフィング)を設置することで、雨漏り対策になるのはもちろん、雨水の浸入を未然に防ぐことができます。屋根だけでなく、外壁も雨水を直接浴びる場所なので防水性が高い壁材を使ったり、外壁の塗料を防水性の高いものに塗り替えたりする方法もあるでしょう。

4-4.定期点検やメンテナンスを行うことも大事

前述したように、外壁や屋根の定期点検やメンテナンスを怠るほど、雨水や水害に弱い建物になってしまう恐れがあります。水害に強い建物にするためには、定期点検やメンテナンスが必要不可不可欠です。一般的に、外壁と屋根は築10年前後に1回のメンテナンスや塗り替えが必要だといわれています。10年を目安に考え、劣化症状や気になる部分が出てきたら、外壁塗装業者やリフォーム業者に相談したほうがいいでしょう。

5.水害対策に関してよくある質問

水害対策に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.外壁や屋根の劣化症状とは?
A.ひび割れが起きたり、すでに雨水が漏(も)れたりしている場合は、できるだけ早めの補修が必要です。雨漏りを放置するほど症状が悪化してしまうため、早めにリフォーム業者等に相談しましょう。また、0.3mm以上のひび割れが起きている場合も早めの対策が必要です。雨が降るたびにひび割れの部分から雨水が浸入してしまい、内部が腐敗してしまう恐れがあります。

Q.水害にあったときのポイントは?
A.落ち着いて行動するのはもちろんのこと、浸水した場所にあるコンセントは絶対に使わないことが大切です。床上浸水の被害にあった場合、コンセントの穴の中に砂やゴミくずなどが混ざっています。乾いていたとしても業者に点検してもらいましょう。また、浸水が起こると細菌などが繁殖しやすくなるので食中毒に気をつけることも大切です。水が引き乾燥したら、床や棚など消毒するようにしてください。

Q.内装で工夫しておきたい水害対策は?
A.水害被害で床上浸水がありますが、内装を工夫するだけでも床上浸水の被害を減らすことができます。たとえば、1階のスペースをガレージにして2階のスペースを居住空間にするなどです。一般的な住宅は1階が居住スペースになっていると思いますが、居住スペースを2階にすることで室内までの浸水を大幅に予防することができます。

Q.水害対策リフォームの費用はいくらぐらいするのか?
A.窓を複層ガラスに変更したり、雨戸やシャッターを設置したりするなど、簡単なリフォーム内容であれば数万円から工事が可能です。居住スペースを1階から2階に移すとなると、内装を大幅に変えなければならないので、数十万~数百万はかかるでしょう。予算を踏まえた上でリフォームプランを考えることも大切です。

Q.リフォーム業者選びのポイントは?
A.どのようなリフォーム業者に依頼したらいいのか分からない場合は、以下のポイントに注目してください。

  • 浸水対策などのリフォーム実績があるか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 無料相談や無料見積もりを行っているか
  • 施工事例がホームページ等に掲載されているか
  • 実際に依頼した人の口コミや評判がいいか
  • 見積書の内容が具体的に記載されているか

静岡県を中心にさまざまなリフォームを行っているテンイチでは、無料相談を受けつけています。水害対策リフォームでお悩みの方は、ぜひ1度お問い合わせください。

まとめ

水害は、河川の氾濫で浸水する外水氾濫と雨を処理しきれずに水があふれる内水氾濫の2種類があります。どちらもいつ起こるか分からないからこそ、事前にできる対策を施すことが大切です。日ごろからできる対策としては、ハザードマップや家周辺の安全を確認したり、土のうや水のうを準備したりするなどがあります。徹底的に水害対策を施すなら、リフォームがおすすめです。雨水の浸入や浸水を受けにくい家づくりにすることが、水害対策につながります。