住まいのコンシェルジュ

トタン屋根の修理方法にはどんなものがあるの? 費用相場もチェック!


「トタン屋根を取り替えるタイミングは?」「どのような修理方法があるのか」など、トタン屋根の修理について悩んでいる方は多いでしょう。トタン屋根は傷みやすく雨漏りしやすい屋根といわれているため、定期的なメンテナンスが必要不可欠です。トラブルを放置するとさらにひどい状況になり、修理費用が高くなってしまいます。

本記事では、トタン屋根に発生するトラブルや主な修理方法などについて解説しましょう。

  1. トタン屋根に発生するトラブルは?
  2. トタン屋根の修理方法にはどんなものがあるのか?
  3. トタン屋根の修理費用相場
  4. 修理業者を選ぶポイントをチェック!
  5. トタン屋根の修理に関してよくある質問

この記事を読むことで、トタン屋根の修理費用相場や修理業者選びのポイントも分かります。気になっている方はぜひチェックしてください。

1.トタン屋根に発生するトラブルは?

最初に、トタン屋根に発生しやすいトラブルをチェックしておきましょう。

1-1.発生確率が高い雨漏り

トタン屋根のトラブルでよくあるのが、雨漏りです。トタン屋根はゆるやかな勾配であっても設置できる屋根となっており、水がたまりやすい傾向があります。水がたまりやすくなるということは、雨漏りの確率も高くなるということです。いつの間にかトタン屋根が寿命を迎え不具合が起きては、雨漏りが発生して室内が水浸しになってしまうでしょう。たった少しの雨漏りであっても放置するほど木材が腐敗してしまうので、早めに対処しなければなりません。

1-2.下地処理によっては塗装が剝がれやすくなることも

下地処理のあまさが原因で、トタン屋根の塗装が剝がれやすくなるのもトラブルの1つです。そもそも、トタン屋根の耐用年数は短めですが、再塗装をしたのにもかかわらず塗装の剝がれが見られた場合は、施工業者の手抜きが原因の可能性もあります。トタン屋根は、施工業者・職人の腕次第によって仕上がりが大きく左右されるものです。トラブルを未然に防ぐためには、しっかりと工事を行う専門業者に依頼するのが大切なポイントといえるでしょう。

1-3.価格は安いが傷みやすい

トタン屋根は価格が安く、手軽に購入できる点が大きな魅力でもあります。重さが瓦屋根の10分の1でゆるい勾配で施工できる点も大きなメリットといえるでしょう。けれども、雨水の流れが悪く雨漏りしやすいほか、傷みやすいというデメリットがあります。また、サビ止めや再塗装など定期的にメンテナンスを行わなければなりません。メンテナンスを怠るほど劣化症状が悪化し、さまざまな不具合が起こりやすくなります。

2.トタン屋根の修理方法にはどんなものがあるのか?

それでは、トタン屋根の修理方法にはどのようなものがあるのか解説しましょう。

2-1.塗り替え

トタン屋根の修理方法は主に4種類あります。その中でも、最も修理費用が安価で手早く修理を行うことができるのが、塗り替えです。塗り替えは、トタン屋根全体にサビ・色あせがある場合に行うケースが多いでしょう。既存のトタン屋根の表面を再塗装する方法で、定期的なメンテナンスにおいても再塗装は必要不可欠です。絶対というわけではありませんが、屋根は直接紫外線や太陽の光を浴びる場所なので、予算的に余裕があれば遮熱塗料を施したほうがいいでしょう。

2-2.葺(ふ)き替え

古いトタンを撤去し、既存の下地の上に合板を増し張り、そして屋根を新規に葺き直す方法を葺き替えといいます。主に、トタン屋根全体に経年劣化の症状が現れていたり、穴が空いたりする際に用いられる修理方法です。既存の野地板や屋根垂木の経年劣化が激しい場合は、既存屋根材の撤去と交換が必要になるでしょう。撤去・交換になると費用が高くなるので注意が必要です。

2-3.カバー工法

古いトタン屋根の上から新しい下地と屋根をかぶせる修理方法をカバー工法といいます。カバー工法の大きなメリットは、古いトタン屋根の撤去費用が削減できる点です。既存屋根の劣化具合が低い場合は採用できますが、損傷が激しい場合はカバー工法では補えない可能性もあります。いわゆる、カバー工法はトタン屋根全体の劣化を低予算で直したいケースに行う最適な方法といえるでしょう。

2-4.部分修理

トタン屋根のごく一部が破損している場合は、部分修理となります。部分修理は、傷んでいる箇所を部分的に修理する方法で、最小限の費用で抑えることができるでしょう。たとえば、トタンが一部だけサビていたり、めくれてしまったりするケースに採用されることがほとんどです。何よりも費用を最小限に抑えられるのが大きなメリットですが、自然災害でトタン屋根が破損した場合、火災保険に加入していれば修理費用を保険でまかなえる可能性もあります。

3.トタン屋根の修理費用相場

ここでは、トタン屋根の修理費用相場などを解説します。

3-1.修理費用はピンからキリまで

さまざまな修理方法があるように、修理費用はピンからキリまで幅広い傾向があります。塗り替え・葺き替え・カバー工法・部分修理それぞれの費用相場は以下のとおりです。

  • 塗り替え:約30万~40万円
  • 葺き替え:約100万円~
  • カバー工法:約90万円~
  • 部分修理:約5万~8万円

あくまで目安の費用となるため、施工範囲や劣化症状などによっては大きく左右する可能性もあります。特に、塗り替えの場合は使用する塗料の種類によっても費用が大きく変わるので注意が必要です。

3-2.まずは屋根調査を依頼しよう!

トタン屋根の修理にいくらかかるのか気になっている方は、まず屋根調査を専門業者に依頼してください。多くの業者では、外壁(屋根)調査を行っています。きちんと屋根の状態をチェックすることで、どこがどのように傷んでいるのか把握できれば最適な修理方法が選択できるでしょう。それから、具体的な見積もりを出すことになります。複数の業者に依頼すれば、修理費用の相場が分かるのでおすすめです。

3-3.費用を抑えたいなら早めの行動を!

できるだけ修理費用を抑えたい……と思っている方は、早めに行動するのが吉です。前述したように、トタン屋根の劣化や不具合を放置すればするほど、状態がさらに悪化してしまいます。早めに修理をしておけば最小限の費用で解決したはずが、修理のタイミングを誤ったせいでさらにお金がかかってしまうのは避けたいものです。だからこそ、軽微な劣化症状でも「後で修理すればいい」と思わずに、早めに修理を行うことをおすすめします。

4.修理業者を選ぶポイントをチェック!

ここでは、修理業者を選ぶポイントを解説します。

4-1.屋根修理に長(た)けているか

トタン屋根の工事の仕上がりは、施工業者や職人の腕にかかっているので、なるべく屋根の修理に長けている業者を選ぶことが大切です。実際に、今までどのような工事を手がけてきたのか・どのようなサービスを行っているのかなど、業者のホームページを確認してください。さまざまな修理やリフォームに対応している業者であるほど、具体的な施工内容や実績がホームページに記載されているものです。逆に、ホームページがなかったり、あっても具体的な内容が記載されていなかったりする業者は安心できません。

4-2.スタッフの対応が丁寧でスピーディーか

施工業者を選ぶ際は、スタッフの対応にも注目してください。スタッフの対応が丁寧でスピーディーなところは信用できますが、対応が悪いところは悪徳業者の可能性があります。特に、トタン屋根の状況や具体的な修理方法に関して説明しない業者は、安易に依頼しないほうがいいでしょう。実績がある業者ほどスタッフの対応が丁寧で、どのような質問にも分かりやすく答えてくれるものです。1番分かりやすいのは電話対応なので、依頼前にチェックしておきましょう。

4-3.外壁調査・現地調査を行っているか

トタン屋根の修理業者を選ぶ際にチェックしてほしいポイントが、外壁調査や現地調査を行っているか否かです。優良業者の多くは、本格的な工事を始める前に外壁や屋根の状態をチェックします。前述したように、事前にきちんと確認しておかなければ施工不良が起きてしまいやすくなるからです。現在のトタン屋根がどのような状況になっているのか・その状況に合わせてどのように修理を行うのか説明を受けてから正式に依頼してください。

4-4.無料見積もりや無料相談を受けつけているか

無料見積もりや無料相談を受けつけているかにも注目してください。ほとんどの優良業者は、無料で外壁調査を行っていたり、無料相談をメール等で受けつけたりしています。無料見積もりの際は、見積書の内容が具体的に記載されているかもチェックしておきたいポイントです。見積書の内容が大ざっぱだったり、分かりにくい記載だったりする場合は依頼しないほうがいいでしょう。業者の丁寧さは見積書の内容でも分かります。

4-5.静岡県を中心にリフォームを行っているテンイチ

どの施工業者に依頼すればいいのか分からない……と悩んでいる方は、静岡県を中心にリフォームを行っているテンイチがおすすめです。テンイチでは、小さな修繕から大きなリフォームにも対応しており、トタン屋根の修理も行っています。施工事例や良くある質問など、ホームページ等にも詳しく記載しているのでぜひチェックしてください。

5.トタン屋根の修理に関してよくある質問

トタン屋根の修理に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.トタン屋根の劣化症状は?
A.ひび割れや剝がれが発生するとトタン屋根が劣化している証拠です。特に、ひび割れが対処が遅くなるほどひどい状況になってしまうため、早めに修理しましょう。また、塗装を何度もくり返すとひび割れや剝がれが発生しやすくなるので要注意です。塗装ができなくなると鋼板がむき出しの状態になってしまい、さらにサビや腐食が発生しやすくなります。

Q.雨漏りの応急処置は?
A.自分でできる応急処置としては、バケツを使って水を受け止めたり、雑巾で水を吸い取ったりする方法があります。ただし、これらの方法はあくまで一時処置となるため、根本的な原因が解決できるわけではありません。トタン屋根の応急処置は素人では難しい作業なので、専門業者に依頼してください。自分で修理すると、さらに症状が悪化する恐れがあります。無理をせず専門業者に相談しましょう。

Q.なぜ修理費用が大きく変わるのか?
A.屋根の劣化症状によって修理方法が異なるため、修理費用も大きく変わることになります。トタン屋根の修理といってもさまざまな劣化症状があるので、その症状によって修理方法が変わるのは当たり前です。部分的な修理であれば数万円でできることもありますが、葺き替えが必要になるほど悪化していると100万円以上かかる可能性があります。

Q.築年数別のトタン屋根のメンテナンス方法は?
A.7~10年経過している建築物なら屋根塗装でメンテナンスできます。10~15年は屋根塗装またはカバー工法・葺き替えになるでしょう。15年以上経過している建築物の場合は劣化症状がひどい可能性もあるため、カバー工法または葺き替えとなります。屋根塗装や部分補修だけでは不十分なところがあるので、しっかりと最適な方法でメンテナンスを行ってください。

Q.悪い業者に引っかからないためのポイントは?
A.複数の業者を比較することです。最初から1社だけにしぼってしまうと、その業者の良しあしが分からず、悪徳業者に引っかかってしまう可能性があります。けれども、複数の業者を比較すれば、それぞれのメリットやデメリットなどが分かるでしょう。「この業者なら安心して依頼できる」と確信が持てるようになるかもしれません。インターネットで口コミや評判などもチェックし、信用できる業者を選んでください。

まとめ

トタン屋根の主な修理方法は、塗り替え・葺き替え・カバー工法・部分修理など、さまざまな方法があります。トタン屋根の劣化具合や状態によって修理方法が異なるため、まずは専門業者に調査を依頼することが大切です。きちんと調査することによって、最適な方法で修理が行えます。ただし、トタン屋根の工事は、悪徳業者に引っかかりやすい箇所でもあるので注意が必要です。専門業者を選ぶ際は、しっかりと業者選びのポイントを踏まえた上で、複数の業者を比較しましょう。