住まいのコンシェルジュ

トイレの床をリフォームするなら! 床材ごとの特徴や選び方を紹介!


「トイレの床をリフォームしたいがどんな素材があるのか?」「リフォーム業者の選び方や費用相場が分からない」とお悩みではありませんか? トイレの床をリフォームすると雰囲気が大きく変わるだけでなく、お手入れのしやすさなどにも違いが出ます。トイレの床に使用される素材にはどのようなものがあり、何をポイントに選べばよいのでしょうか。

この記事では、トイレの床に使われる素材の特徴や、リフォームの流れなどを詳しくご紹介します。

  1. トイレの床をリフォームする目的は?
  2. トイレの床に使われる素材を紹介
  3. トイレの床の素材を選ぶポイント3つ
  4. トイレの床リフォームを依頼する場合
  5. リフォーム業者の選び方
  6. トイレの床リフォームに関するよくある質問

この記事を読むことで、トイレの床材におすすめの素材や、リフォーム業者選びの注意点などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.トイレの床をリフォームする目的は?

まずは、どんなときにトイレの床をリフォームしたいと考えるのか、リフォームの目的をご紹介しましょう。

1-1.床を張り替えたい

「床の汚れが落ちなくなってきた」「雰囲気を一新したい」という理由でトイレの床を張り替えるケースは多いでしょう。トイレの床を新しく張り替えることで、清潔感のあるきれいなトイレになります。また、「臭いがつきにくい素材の床にしたい」「掃除しやすい素材に変えたい」という理由で張り替えを検討する人も少なくありません。

1-2.床の高さを変えたい

床の高さを変える目的でリフォームする場合もあります。もともとある段差を解消するためにバリアフリーリフォームを希望する例は特に多いでしょう。また、手洗いと便器の場所を区別化するために、あえてトイレ内に段差を設けるケースもあります。床の高さを変える場合は、扉の開閉に問題が出てしまう可能性もあるため、慎重に検討しなければなりません。

1-3.床に排水口を作りたい

「トイレの床に排水口が欲しい」という理由でリフォームするケースもあるでしょう。トイレの床に排水口があれば、掃除のために床を水でぬらしてもそのまま流すことができて便利です。ただし、少しの間使わずにいると下水の臭いが逆流してくることもあるので注意してください。本当に必要か、よく考えてみることをおすすめします。

2.トイレの床に使われる素材を紹介

トイレの床に使われる素材について、それぞれの特徴やメリット・デメリットをまとめました。

2-1.クッションフロア

クッションフロアはトイレの床材として最も多く使われています。ビニール素材で水をはじくため、汚れがつきにくく掃除しやすいのが特徴です。価格も安いため、リフォームに最適な素材といえるでしょう。最近はタイル調やフローリング調のクッションフロアも販売されているため、トイレ内をおしゃれに仕上げることができます。ただし、見た目が安っぽいこと・年数がたつとはがれてくることなどがデメリットです。

2-2.フローリング

リビングなどの居室と同じようにフローリングをトイレの床材に使用するケースも少なくありません。居室との統一感が出ること・おしゃれに仕上がることがメリットでしょう。ただし、通常のフローリングは水に弱いため、トイレの床向きではありません。そのため、トイレ用に開発されたフローリングを選ぶのがおすすめです。

2-3.タイル

タイルは耐久性や耐水性にすぐれており、掃除も簡単にできるのでトイレの素材として人気です。しかし、ほかの素材に比べて費用が高いため、家庭のトイレに採用しているケースは少ないでしょう。また、トイレの床をタイルに交換する場合、便器も交換する必要があるため、床だけのリフォームには不向きです。

3.トイレの床の素材を選ぶポイント3つ

トイレの床をリフォームするにあたって、素材選びのポイントをご紹介しましょう。

3-1.機能で選ぶ

まず重視すべきなのが機能です。トイレの床は汚れやすいため、こまめに水拭きする必要があります。水や洗剤を吸収しやすい素材だとはがれや変色の原因になってしまうでしょう。そのため、水や汚れに強い素材を選ぶのがおすすめです。そういった素材だと汚れてもしみ込まず、サッと拭くだけできれいになるので掃除も簡単にできます。また、最近は防臭性にすぐれた床材も人気です。

3-2.デザインで選ぶ

床材のデザインも重視すべきポイントです。壁紙や便器のデザインと調和がとれているか・汚れが目立ちにくい色かなど、考えて選ぶことをおすすめします。特に人気なのが、壁紙と合わせやすく落ち着いた雰囲気に仕上がる木目調のデザインです。また、思いきって大胆な柄を選び、個性的なトイレに仕上げるのもよいでしょう。

3-3.価格で選ぶ

予算に合ったものを選ぶことも大切です。床材の種類によって費用相場に違いがあるため、必ず事前に確認しておきましょう。一般的には、クッションフロアが最も安く、フローリング、タイルの順で高額になります。迷ったときは素材別に見積もりを出してもらうよう業者に依頼してみましょう。

4.トイレの床リフォームを依頼する場合

トイレの床リフォームを業者に依頼する際の流れをご紹介します。

4-1.無料相談を利用する

まずは、業者の無料相談を利用しましょう。ホームページから申し込みができる業者も多いため、確認してみてください。相談フォームに住居のタイプや築年数・希望するリフォームの内容などを入力して送信すると返信がきます。リフォームに関する不明点や疑問点なども相談してみるとよいでしょう。

4-2.見積もりを依頼する

次に、現地調査と訪問見積もりを依頼します。実際に自宅まで来てもらい、リフォームしたい場所の調査をした上で正式な見積もりを出してもらいましょう。正式な見積もりを出すには現地調査を欠かすことができません。現地調査をせずに見積もりを提示する業者は利用しないほうがよいでしょう。

4-3.工事開始

見積もりの内容に納得できたら、工事日時を決定して実際の工事開始となります。完了するまでトイレが使えなくなるため、工事に何日かかるのか事前に確認しておきましょう。

5.リフォーム業者の選び方

リフォーム業者を選ぶ際のポイントをまとめました。

5-1.豊富な実績がある

依頼したいリフォーム工事の実績が豊富かどうかを確認しましょう。過去の施工例を見せてくれる業者だと安心です。実績が豊富な業者であれば、トイレの床リフォームに関する知識や技術があると判断できるでしょう。リフォーム業者にも得意分野と不得意分野があります。質のよい工事をしてもらうために、トイレの床リフォームを得意としているかチェックしておいてください。

5-2.見積書の内容が明確である

見積書の内容もしっかりチェックしましょう。中には、「工事一式」というようにまとめて記載されている見積書もあります。この場合、何にいくらかかっているのか明確になっていないため、料金を上乗せされていても気づけないでしょう。きちんと詳細が記載されている見積書を提示してくる業者を選ぶようにしてください。

5-3.アフターフォローが充実している

アフターフォローの内容も確認しておくとよいでしょう。工事後、万が一トラブルが発生した場合はどのように対応してもらえるのかは重要なポイントです。十分な保証期間が設けられているかチェックしてください。

6.トイレの床リフォームに関するよくある質問

「トイレの床をリフォームしたい」という人が感じるであろう疑問とその回答をまとめました。

Q.トイレの床をリフォームすべきタイミングを教えてください。
A.クッションフロアは約10年、フローリングは10~15年が張り替えの目安といわれています。この年数に限らず、劣化が目立ってきたらリフォームを検討しましょう。

Q.トイレの床リフォームにかかる費用をできるだけ安くするポイントは何ですか?
A.比較的安価なクッションフロアを取り入れる・工事の依頼先を比較して選ぶなどの方法があります。

Q.トイレの床リフォームにかかる費用相場はどのくらいですか?
A.1畳あたりの費用相場は、クッションフロアが2万~4万円、フローリングが3万~5万円、タイルが5万~6万円前後といわれています。

Q.トイレの床リフォームに多い失敗例を教えてください。
A.水や洗剤に弱い床材を選んでしまい、黒ずみだらけになってしまった例や、壁紙と床材の雰囲気が合わず、バランスが悪くなってしまった例などがあります。

Q.悪質なリフォーム業者によくある特徴にはどのようなものがあるのでしょうか?
A.突然訪問してきて強引にリフォームをすすめる・大幅な値引きをしてくる・見積書の内容が不明確などの特徴があります。

まとめ

トイレの床をリフォームするにあたって、床材ごとの特徴や素材選びのポイントなどを詳しくご紹介しました。床をリフォームするとトイレの雰囲気が大きく変わるだけでなく、快適な空間になります。ぜひこの記事を参考に、失敗のないリフォームをしてください。