住まいのコンシェルジュ

外壁を当て逃げされたらどうする? 犯人の特定法や対処法を詳しく!


「外壁を当て逃げされたので修理したいけど、保険を使うことができるのだろうか」「外壁に当て逃げされたときの対処法を知りたい」とお考えではないでしょうか? 外壁に当て逃げされると、どんな対処をすべきか困ってしまいますよね。 それに、取り急ぎ何をすべきか、保険が使えるのかどうかなど、よく分からないことでしょう。特に、犯人が特定できない場合は、余計に困ってしまうものです。そこで今回は、外壁の当て逃げについて詳しく解説します。

  1. 外壁に当て逃げされた場合は保険が使える?
  2. 外壁に当て逃げされたときの対処法
  3. 当て逃げの犯人を特定できた場合の対処法
  4. 当て逃げの犯人が見つからない場合は保険が使える?
  5. 外壁の当て逃げに関するよくある質問

この記事を読むことで、外壁に当て逃げされたときの対処法や注意点などがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.外壁に当て逃げされた場合は保険が使える?

最初に、外壁に当て逃げされた場合に保険が使えるかどうかについて見ていきましょう。

1-1.外壁の当て逃げは火災保険が使えることがある

外壁の当て逃げは、火災保険が使えることがあるので確認してみましょう。契約内容によって、「物体の落下・飛来・衝突」に当たると判断されるからです。保険を使うことができれば、多額の修理費用を補償してもらえるので大変助かるでしょう。ただし、保険を適用する場合は、細かな条件をクリアする必要があるため、保険会社に確認を受けて当て逃げによる被害であることを認めてもらうことが大切です。

1-2.外壁の当て逃げでも保険が使えないケースもある

以下のような場合は、外壁に当て逃げされても保険が使えないことがあります。

  • 保険会社の確認を受ける前に自分で修理した
  • 証拠が乏しく、当て逃げによるものか立証できない
  • 当て逃げの被害に遭った日からから日数が経過し過ぎている
  • ごく軽微な損害で修復にほとんど費用がかからない
  • 加害者から損害賠償金を受け取った

上記のほかにも、保険が使えないケースがある可能性があります。詳しくは、保険会社に確認してみてください。

2.外壁に当て逃げされたときの対処方法

外壁に当て逃げされたときにどんな対処をすべきか、具体的にご紹介します。

2-1.現場写真を撮影して証拠を残す

外壁に当て逃げされたら、なるべくすぐに現場写真を撮影して証拠を残しましょう。その際、被害状況がよく分かるよう、角度や場所を変えて複数枚撮影することをおすすめします。また、撮影日時が分かる方法で記録することが大切です。今は、スマホのカメラでも撮影日時が記録されるので、活用するとよいでしょう。そのほかにも、撮影した写真をプリントし、切手を貼って郵便局に持ち込み、消印を押してもらう方法もおすすめです。

2-2.当て逃げの犯人に心当たりがないか考える

外壁に当て逃げされた場合、犯人に心当たりがないか考えてみましょう。犯人は、案外身近な場所に住んでいることが多いものです。当て逃げされたのが通勤時間や帰宅時間なら、通勤経路になっている可能性が高いでしょう。また、当て逃げされた外壁が商業施設の駐車場と隣接している場合は、商業施設の客であるケースが濃厚です。どんな状況で当て逃げされたのかをじっくり考えてみると、犯人像が固まって特定しやすくなります。

2-3.保険会社に連絡して現場確認を依頼する

保険会社に連絡して、早急に現場確認を依頼しましょう。保険を使用して修理するには、保険会社の現場確認を受けることが必要不可欠です。もしも、当て逃げされた場所がひどい状態であっても、そのままにしておきましょう。まずは、保険会社に被害状況を正確に把握してもらい、当て逃げによるものだと判断してもらうことを優先してください。

3.当て逃げの犯人を特定できた場合の対応

当て逃げの犯人を特定できた場合にどんな対応をすべきか、詳しく解説します。

3-1.当て逃げの証拠を集める

当て逃げの犯人を特定できた場合、十分な証拠を集めることが必要になります。被害状況を撮影した写真のほかにも、目撃情報を探してみたり近隣の防犯カメラなどに映像が残っていないかチェックしてもらったりするのもおすすめです。当て逃げの瞬間が映像に記録されていれば、客観的かつ決定的な証拠となります。また、犯人が近隣に住んでいることが分かれば、犯人の車両をチェックして事故のこん跡がないか確認するのも有効な方法です。

3-2.警察に証拠を提供して被害届を出す

客観的な証拠が集まったら、警察に提供して被害届を出しましょう。客観的な証拠がそろっていれば、警察にも動いてもらえます。ただし、外壁が破損しただけで人的な被害が出ていない場合は、そのほかの重要犯罪が優先されることになるでしょう。いずれにしても、ある程度長い目で対応を待つことが大切です。

3-3.犯人が加入している保険会社に賠償請求する

警察の捜査などで当て逃げの犯人が判明したら、犯人が加入している保険会社に賠償請求しましょう。当て逃げによる外壁の損害は完全に犯人の過失によるものであるため、被害者側の保険を使う必要はありません。犯人側の保険会社と交渉する際は、とにかく強気で対応することが大切です。なお、犯人が保険に未加入の場合は、犯人に直接賠償請求することになります。個人間の賠償請求は何かとトラブルになりやすいので、第三者に立ち会ってもらったり、弁護士に相談して対応したりするとよいでしょう。

4.当て逃げの犯人が見つからない場合は保険が使える?

万が一当て逃げの犯人が見つからない場合でも、保険が使えるかどうか詳しく解説します。

4-1.犯人が見つからなくても自分の保険を使うことができる

万が一当て逃げの犯人が見つからなくても、自分で加入している保険を使うことができます。保険会社に当て逃げの犯人が見つからないことを伝えた上で、保険の適用手続きを進めましょう。なお、外壁の修理に保険を使用すると、保険料の支払いが増えたり一定期間保険を適用できなくなったりすることがあります。詳しくは、保険会社に確認してみてください。

4-2.保険適用外となった場合は自己負担で修理する

残念ながら、保険会社の現場視察で保険適用外と判断された場合は、自己負担で外壁を修理することになります。外壁を修理するには、少なくとも数万円程度~の費用負担となることでしょう。たとえば、外壁塗装がはがれた、外壁塗装に車両の跡が付いたといった程度なら、そのままにすることも可能です。しかし、建物の外観が悪くなり、気分的にもスッキリしないことでしょう。当て逃げによる外壁の被害が建物の強度に直接影響しない場合であっても、きちんと修理することをおすすめします。

5.外壁の当て逃げに関するよくある質問

最後に、外壁の当て逃げに関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.外壁に当て逃げした犯人に良心はないのか?
A.一概にはいえません。当て逃げしたことで良心を痛めながら過ごしている人もいれば、単に損害賠償金を支払うのが嫌で逃げている人もいます。いずれにしても、良心の有無に関係なく、きちんと損害賠償してもらうことが大切です。

Q.外壁に当て逃げされた場合は別途慰謝料を請求できる?
A.基本的には、慰謝料請求の対象になりません。外壁の当て逃げは物損事故扱いとなり、慰謝料請求について認められることはほぼないからです。ただし、犯人が自主的に慰謝料の支払いを申し出たときは、受け取っても構いません。

Q.当て逃げした車に同乗していた人にも損害賠償を請求できる?
A.請求できません。運転者の家族や友人などでも、単に同乗していただけの場合は当て逃げに対する責任がないからです。

Q.被害を受けた部分を含めて外壁全体を保険で修理できる?
A.できません。保険で修理できるのは、あくまでも当て逃げの被害を受けた部分だけになります。したがって、場合によっては、修理した部分と周辺で新旧の差が目立つこともあるでしょう。気になる場合は、保険を使わず自己負担により外壁全体を修理することも考えてみてください。

Q.当て逃げされた外壁の修理はどんな業者に依頼すべきか?
A.以下のようなポイントをチェックし、信頼できると判断した業者に依頼すると安心です。

  • 外壁塗装・修理で豊富な実績がある
  • 物損事故の扱いや知識に詳しい
  • 丁寧な作業と高品質な仕上がりで定評がある
  • 現場視察および見積もりは無料
  • リーズナブルかつ分かりやすい料金システム
  • 都合のよい日時と場所で作業してもらえる
  • スタッフの対応が丁寧で顧客からの評判もよい
  • 十分な保証とアフターサービスがある

なお、当テンイチでも、外壁の修理を数多くお受けしており、ご好評をいただいています。まずは、お気軽にお問い合わせください。

まとめ

今回は、外壁の当て逃げについて詳しく解説しました。外壁に当て逃げされた場合は、ひとまず冷静になり、証拠写真を撮影したり近隣の防犯カメラの映像をチェックしたりして、証拠を集めましょう。すでに、犯人が特定できている場合は、客観的な証拠があることが大切です。また、犯人が特定できていない場合でも、十分な証拠があれば警察に動いてもらいやすくなります。なお、外壁に当て逃げされた場合は、保険によって修理できることがあるので、契約内容をチェックし、保険会社に現場確認を依頼するとよいでしょう。外壁の損傷が当て逃げによるものと認めてもらえると、保険を使って修理できます。なお、実際に外壁を修理する際は、信頼できる業者を選んでよく相談してから進めましょう。