住まいのコンシェルジュ

外壁が劣化した際に出る症状や影響は? 対処方法と共に解説


外壁は屋根と同じく家を風雨から守る大切なものです。しかし、外壁は経年と共に劣化していきます。外壁を劣化したままにしておくとさまざまな影響が出て、家自体の寿命が短くなることもありえるでしょう。また、「外壁が劣化するとどのような影響が出るか知りたい」という方もいると思います。

そこで今回は、外壁の劣化が家に与える影響などを紹介しましょう。

  1. 外壁が劣化することによる影響は?
  2. 外壁の劣化を判断する基準は?
  3. 外壁が劣化する原因
  4. 外壁が劣化した場合の対処方法
  5. 外壁リフォーム業者の選び方
  6. 外壁の劣化に関するよくある質問

この記事を読めば、外壁を修理する目安や方法もよく分かります。外壁の汚れや傷が気になるという方はぜひこの記事を読んで参考にしてみてください。

1.外壁が劣化することによる影響は?

はじめに、外壁が劣化することによって起こる家への影響を紹介します。

1-1.雨漏りが起こる

雨漏りといえば屋根から起こるイメージがありますが、壁からも雨漏りは起こります。しかも、屋根からの雨漏りより気づきにくく、気がついたときにはカビや破損が進んでいることもあるでしょう。

1-2.美観が損なわれる

外壁が劣化すると、汚れ・ひび割れなどが起こります。外壁は家の第一印象を左右する重要な場所です。劣化した状態で放置しておけば、美観が損なわれます。

1-3.家全体の寿命が短くなる

風雨や紫外線は家を劣化させる原因です。外壁が劣化すれば家を守る力が弱り、家全体の寿命が短くなる可能性もあります。

2.外壁の劣化を判断する基準は?

では、外壁は劣化するとどのような状態になるのでしょうか? この項では、外壁が劣化した際に現れる症状を紹介します。

2-1.色落ち

外壁が劣化する際、最初に現れる症状が色落ちです。淡い色だと気づきにくいのですが、茶色や黒など濃い色の外壁は色あせが目立ちやすいので、早めに気づくこともあります。色あせ以外にくすみや「チョーキング」と呼ばれる白い粉が出るのも、劣化の症状です。

2-2.ひび割れや膨れ

外壁が劣化してくると劣化や膨れ、剝離などの症状が現れます。ひび割れや膨れは、外壁に塗られた塗料が劣化したために起こることもあるので、確認が必要です。なお、ひび割れがひどくなると壁からの雨漏りの原因となります。

2-3.コケやカビが生える

外壁が劣化すると、コケやカビが生えやすくなります。特に、日当たりの悪い北側の壁はコケやカビが生えやすいものです。壁全面にコケ・カビが生えたら修理が必要と考えましょう。

3.外壁が劣化する原因

外壁が劣化する主な原因には以下のようなものがあります。

  • 風雨
  • 紫外線
  • 排気ガス
  • ほこり

ですから、家が建っている場所によって外壁の劣化速度は異なります。たとえば、幹線道路沿いや台風が1年に複数回くる地域などに建つ家は、外壁の劣化が早まることもあるでしょう。

4.外壁が劣化した場合の対処方法

では、外壁が劣化したらどうしたらいいでしょうか? この項では、その一例を紹介します。

4-1.外壁の修理

外壁の劣化が激しい場合は修理が必要です。専門業者に依頼し、修理をしてもらいましょう。なお、外壁の塗り直しと修理、両方を依頼することができます。

4-2.外壁の塗り直し

外壁そのもののダメージが少ない場合、外壁塗装を塗り直すことにより、外壁がよみがえります。10~15年ごとに1度外壁を塗り直しておけば、外壁そのものが破損するケースは少ないでしょう。

5.外壁リフォーム業者の選び方

外壁塗装の塗り直しや修繕はリフォーム業者が請け負ってくれます。この項では選び方や注意点を解説しましょう。ぜひ、参考にしてください。

5-1.実績で選ぶことが大切

外壁リフォーム業者はたくさんあります。安さをウリにしているところも多いでしょう。しかし、外壁リフォーム業者は安さよりも実績で選ぶことが大切です。外壁の修繕や塗装は技術が必要なので、実績は重要な目安になります。

5-2.扱っている塗料で選ぶ

外壁塗装に使われる塗料は、塗装に技術が必要です。ですから、塗料によっては特定のリフォーム業者しか扱っていないものもあります。「どうしてもこの塗料で外壁塗装をしたい」という場合は、扱っている塗料で業者を選びましょう。

5-3.見積もりを出してもらう

依頼をしたいリフォーム業者が複数ある場合、見積もりを出してもらいましょう。見積もりを出してもらえば、値段だけでなく使用する塗料の量もある程度分かります。塗料の量が極端に少ない、異様に費用が安いといった場合はその理由を尋ねてみましょう。外壁塗装には、一定量の塗料が必要です。塗料の量が足りなければ、いくら安くても耐性が劣ります。見積もりを出してもらえば、業者の特徴もよく分かるので、それを元に比較してみましょう。

6.外壁の劣化に関するよくある質問

この項では、外壁の劣化に関するよくある質問を紹介します。

Q.外壁の劣化は家が建ってから何年ぐらいから起こるでしょうか?
A.おおよそ10~15年で起こります。

Q.防汚や防じん機能がある外壁塗料を使えば、メンテナンスは不要になるでしょうか?
A.いいえ、不要になることはありません。しかし、耐久性は上がります。

Q.外壁塗装なしで外壁はつくれませんか?
A.いいえ。コンクリート打ちっぱなしや、タイル外壁など塗装不要の外壁はあります。しかし、メンテナンスは必要です。

Q.外壁が急に劣化することはあるでしょうか?
A.地震や台風が起きたとき、外壁が急に痛むこともあります。

Q.外壁のメンテナンスは自分でできるでしょうか?
A.部分的な修理は可能ですが。全体的な修理は難しいので、プロに頼むのが一番です。

まとめ

今回は、外壁が劣化する原因や劣化症状、劣化した際の対処方法を紹介しました。外壁の修理は定期的に行うことが大切です。劣化の症状が出たら、できるだけ早めに対処しましょう。そうすれば、外壁の損傷は表面だけですみます。また、劣化の症状が見られなくても、築10年したら一度外壁塗装業者に状態をチェックしてもらうのがおすすめです。