住まいのコンシェルジュ

外壁がひび割れる原因は? 主なリスクや補修方法を詳しく教えます!


「外壁にひび割れが見られるけど、何が原因なのだろう」「外壁のひび割れを補修する方法を詳しく知りたい」とお考えではありませんか? 外壁は、経年・風雨・紫外線・施工不良など、さまざまな原因によりひび割れることがあります。外壁のひび割れを発見したら、早めに補修することが必要です。しかし、どんな方法で外壁のひび割れをチェックすべきか、どんな方法で補修すればよいかなど、よく分からないこともあるでしょう。

そこで今回は、外壁のひび割れについて詳しく解説します。

  1. 外壁のひび割れにはどんなものがある?
  2. 外壁にひび割れが起こる原因は?
  3. 外壁のひび割れを放置するリスク
  4. 外壁のひび割れをチェックする方法
  5. 外壁のひび割れを補修する方法は?
  6. 信頼できる外壁補修業者を選ぶポイント
  7. 外壁のひび割れに関するよくある質問

この記事を読むことで、外壁のひび割れが起こる原因や補修方法などがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.外壁のひび割れにはどんなものがある?

最初に、外壁のひび割れにはどんな種類があるか詳しく見ていきましょう。

1-1.ヘアークラック

ヘアークラックとは、幅0.3mm未満の外壁塗装のひび割れが発生している状態です。ヘアークラックは、塗膜の劣化などが原因で起こるもので、外壁塗装のやり直しだけで対応できます。また、外壁の強度に影響しないため、h補修する緊急度は低いと判断できるでしょう。ただし、ヘアークラックがあると建物の美観を損ねるため、早めに補修することをおすすめします。

1-2.乾燥クラック

乾燥クラックとは、外壁塗装の下地材の乾燥が不十分だった場合によく見られるひび割れです。天候不良や作業の手抜きなどにより、下地材の乾燥が不十分な状態で塗装工程を進めた場合に発生します。乾燥クラックは、外壁塗装の塗膜部分で発生するひび割れであり、建物の強度へすぐに影響することはありません。しかし、広範囲に発生している場合などは、外壁材の劣化が進む原因になるので、早めの対処が必要になります。

1-3.縁切れクラック

縁切れクラックとは、塗装作業の中断や部分的な塗り直しなどにより、塗装部分に新旧の差が出ることによるひび割れです。技術力の低い職人による作業や、天候不良による塗装工程の中断などにより発生します。縁切れクラックの多くは、一直線にひび割れが入って見えるのが特徴です。ひび割れに深さがある場合は、コーキング材の注入により補修するのが一般的になります。

1-4.構造クラック

構造クラックとは、外壁の基礎部分に生じるひび割れです。幅が0.3mm以上・深さが5mm以上のクラックが外壁の基礎部分に発生している場合は、構造クラックである可能性が高いと判断できます。構造クラックが発生している場合、すでに建物の強度が十分に確保できていない状態です。外壁に発生するひび割れの中でも、速やかに補修すべき種類といえます。主な補修方法は、コーキング材の注入ですが、広範囲にわたって深くひび割れている場合は、外壁材の交換による対応が必要になるでしょう。

2.外壁にひび割れが起こる原因は?

外壁にひび割れが起こる原因について、詳しく見ていきましょう。

2-1.塗膜の劣化

外壁にひび割れが起こる原因の一つが、外壁塗装の塗膜の劣化です。外壁塗装の塗膜は、経年や紫外線・風雨などの影響で徐々に劣化します。塗膜が劣化すると、柔軟性を失って表面がひび割れたり変色したりするのが代表的な症状です。塗膜の劣化だけなら、外壁塗装のやり直しだけで補修が済むこともあります。

2-2.地震などによるゆれ

地震などによるゆれも、外壁がひび割れる原因になります。地震により大きなゆれが建物に加わることで、外壁がひび割れてしまうのです。特に、基礎に近い部分でひび割れが発生した場合、建物の強度が大きく落ちる原因になり、危険を伴います。地震の後に建物をチェックしてひび割れを発見した場合は、速やかに補修してください。

2-3.施工不良

業者の施工不良も、外壁がひび割れる原因です。外壁工事を高品質に仕上げるには、高い技術力が必要になります。しかし、予算不足・人員不足などにより、雑な作業で外壁工事を進めた結果、施工不良につながってしまうのです。特に、激安価格をうたっている業者は、施工不良が発生しやすいので注意してください。なお、業者の施工不良によるひび割れについては、信頼できる業者を選んで外壁工事を依頼することで回避することができます。

2-4.建物の構造的な問題

建物の構造的な問題があると、外壁にひび割れが発生することがあります。たとえば、建築時の設計ミスにより、一部の外壁に大きな負担がかかったりゆがみが発生したりして、ひび割れにつながるケースなどです。建物の構造的な問題を解決するには、外壁材の交換をしても対応できないケースが多くなります。その場合、建て直すことを検討する必要があるでしょう。

2-5.地盤沈下

土地が地盤沈下を起こし、大きなゆがみが建物に加わった結果、外壁がひび割れることがあります。特に、新興住宅地などで埋立地に建設した建物などは、地盤沈下の影響を受けやすいため、建物に致命的なひび割れが発生することもあるでしょう。地盤沈下が原因のひび割れの場合、建物のひび割れ対策だけでは不十分です。地盤沈下に対する対策を進めない限り、建物のひび割れを補修しても再現する可能性が高いといえます。

3.外壁のひび割れを放置するリスク

外壁のひび割れを放置するとどんなリスクがあるか、詳しく見ていきましょう。

3-1.建物の美観を損ねる

外壁のひび割れを放置すると、建物の美観を大きく損ねます。ヘアークラックがごく狭い範囲に発生した場合を除き、外壁のひび割れがあると目立つものです。外壁がひび割れていると、建物が築年数より古ぼけて見える原因になります。また、メンテナンスが行き届いていない印象を与えることもあるでしょう。いずれにしても、外壁がひび割れている建物のは、見た目が美しいとはいえません。

3-2.コケ・藻(も)・カビが繁殖する

コケ・藻・カビが繁殖するのも、外壁のひび割れを放置するリスクの一つです。外壁のひび割れに水分や汚れが入り込むと、コケ・藻・カビが繁殖するのにとても好ましい状態になります。特に、高温多湿となる時期は、一気に繁殖してしまうこともあるでしょう。コケ・藻・カビは、外壁材の奥深くまで根を張り、外壁材をスカスカの状態にして建物の強度を大きく落とすことがあります。また、カビが繁殖した場合は、人によってアレルギーの原因になることもあるため、注意が必要です。

3-3.外壁材の劣化が加速する

外壁のひび割れを放置すると、外壁材の劣化が加速してしまいます。最初はごく軽いひび割れであっても、放置することでひび割れがひどくなり、雨水が浸水したりコケや藻・カビが繁殖したりしてしまうこともあるでしょう。すると、外壁材の劣化が加速して、外壁材を交換せざるを得なくなることがあります。

3-4.雨もりの原因になる

外壁のひび割れを放置すると、高確率で雨もりの原因になります。外壁は、雨水を屋内に入れないことも役割の一つです。しかし、ひび割れてしまえば、防水機能が成り立たなくなり、雨水が屋内にしみ込んでしまいます。いったん雨もりが発生すると、外壁材の腐食が進んで建物の強度が落ちたり、白アリなどの害虫やカビなどが繁殖したりするなど、よいことは何もありません。

3-5.建物の強度が落ちる

外壁のひび割れを放置すると、建物の強度が落ちてしまうリスクもあります。特に、構造クラックや地震・地盤沈下などによる深いひび割れを放置するのは、とても危険です。今は問題ないように見えても、場合によっては震度5弱程度の地震で建物が倒壊する可能性もあります。建物内で安心して過ごすためにも、外壁のひび割れを放置しないでください。

4.外壁のひび割れをチェックする方法

外壁のひび割れをチェックする方法について、主なものを詳しく見ていきましょう。

4-1.目視によりチェックする

外壁のひび割れをチェックする方法の一つが、目視によるチェックです。外壁を隅々まで目視し、ひび割れの有無・場所・状態をチェックします。最も簡単な方法ですが、高所など死角にあたる場所のひび割れを見落とす可能性がある、目視だけではひび割れの深さを判断しづらいなどの点がデメリットです。そのため、多くの場合、目視によるチェックだけでなく、そのほかのチェック方法と併せて行われます。

4-2.雨もりの有無をチェックする

雨もりの有無をチェックすることで、外壁のひび割れが見つかることがあります。屋内に雨もりが発生している場合、屋根や外壁などに何らかのひび割れやすき間が発生している証拠です。中でも、内壁にシミが発生していたり、カビがやキノコが繁殖していたりする場合は、外壁にひび割れがあるケースが多くなります。

4-3.業者に外壁診断を依頼する

外壁のひび割れをチェックする方法の中で最も確実なのが、業者に外壁診断を依頼する方法です。業者に外壁診断を依頼すると、外壁の隅々までプロによる高度な技術と経験により、ひび割れの場所・状態などを正確に割り出してもらえます。また、適切な補修方法を併せて提案してもらえるのもメリットでしょう。外壁のひび割れを確実に補修するためにも、信頼できる業者に外壁診断を依頼することがおすすめです。

5.外壁のひび割れを補修するには?

外壁のひび割れを補修するには、どんな方法があるのでしょうか。

5-1.外壁塗装をやり直す

外壁のひび割れを補修する方法に、外壁塗装をやり直すことが挙げられます。外壁のひび割れでも、ごく浅いヘアークラックや乾燥クラックは、外壁塗装のやり直しだけで新品のように補修することが可能です。ただし、一部分だけ補修すると、補修した部分と周囲とで、塗料の色や質感などに新旧の差が出やすいので注意が必要になります。

5-2.コーキング材などで埋める

ひび割れがやや深い場合でもごく一部にとどまっている、建物の強度に影響しない場所に発生している場合などは、コーキング材などで埋めて補修することがあります。比較的短時間で補修でき、外壁材を交換するよりは安い費用で済むのがメリットです。なお、コーキング材にも寿命があるため、定期的にチェックおよび補修し直す必要があります。

5-3.外壁材を交換する

外壁のひび割れが広範囲におよんでいたり、深かったりする場合は、外壁材の交換が最も適切な補修方法です。現在の外壁材を撤去して外壁工事をやり直すことになるため、補修費用が高くなり、工期も長引きます。しかし、新しい外壁材に交換することで、建物の美観がアップし、強度を確保できるのが大きなメリットです。

6.信頼できる外壁補修業者を選ぶポイント

外壁のひび割れ補修は、信頼できる業者に依頼することが大切です。ここでは、信頼できる業者を選ぶポイントを詳しく見ていきましょう。

6-1.外壁のひび割れ補修で豊富な実績がある

外壁のひび割れ補修で豊富な実績がある業者なら、安心して外壁のひび割れ補修を依頼できます。さまざまな現場を見てきているため、臨機応変に対応してもらえるのがメリットです。また、こちらからの質問などにも的確な回答を得ることができるでしょう。なお、当テンイチでも、外壁のひび割れ補修を多数お受けし、ご好評をいただいています。まずは、お気軽にお問い合わせください。

6-2.丁寧な作業や高品質な仕上がりで定評がある

外壁のひび割れ補修は、丁寧な作業や高品質な仕上がりで定評がある業者に依頼しましょう。丁寧な作業や高品質な仕上がりで定評がある業者なら、満足度の高い仕上がりを手に入れることができます。また、補修場所が長持ちするのもメリットです。実際に、業者が丁寧な作業や高品質な仕上がりで評判かどうかは、利用者の口コミなどをチェックしてみるとよいでしょう。

6-3.現場視察および見積もりは無料

外壁のひび割れ補修は、現場視察および見積もりは無料としている業者に依頼しましょう。現場視察および見積もりを無料としている業者は、総じて依頼者の立場で物ごとを考えることができるからです。外壁のひび割れを補修したくても、現場視察や見積もりが有料では気軽に依頼することができません。一方、無料であれば、現場視察や見積もりを気軽に依頼しやすく、業者側としても正式な契約につながりやすいというメリットがあります。いずれにしても、現場視察や見積もりが無料の業者のほうが何かと余裕があり、対応もよいのでおすすめです。

6-4.リーズナブルで分かりやすい料金システム

リーズナブルで分かりやすい料金システムであることも、信頼できる業者の特徴です。外壁のひび割れ補修は、ひび割れの種類・ひび割れの範囲・補修内容・外壁の状態などによって、実際の費用が大きく異なります。したがって、一律でいくらと提示しづらいものです。しかし、信頼できる業者では、分かりやすい料金システムがあり、明確な計算に基づいて提示してもらえるので安心できます。

6-5.希望の工期に合わせてもらえる

信頼できる業者は、常に顧客の立場を優先しているため、希望の工期に合わせてもらえます。外壁のひび割れ補修は主に屋外の作業になるため、必ずしも工期中ずっと在宅する必要はありません。しかし、突発的な確認事項が発生する可能性があることから、なるべく在宅していることに越したことはないでしょう。特に、普段から多忙な人は、都合のよい工期に合わせてもらえることに大きなメリットを感じるはずです。

6-6.スタッフの対応が丁寧で顧客からの評判も上々

スタッフの対応が丁寧で顧客からの評判もよい業者は、総じて信頼してよいでしょう。信頼できる業者では、スタッフを大切に扱い、教育に力を入れています。実際に、スタッフの言葉遣いや対応が丁寧で感じがよいため、顧客からの評判が上々で、リピート利用率も高くなっているのが特徴です。終始気持ちよく取り引きできる点でも、おすすめといえます。

6-7.保証やアフターサービスが充実している

信頼できる業者では、保証やアフターサービスが充実しているのもポイントです。外壁のひび割れを補修した後、何らかの不具合が発生することがあります。そんな場合でも保証やアフターサービスが充実している業者なら、誠実な対応が期待できるでしょう。また、一定期間ごとの定期チェックを設定している業者なら、なお安心です。実際の保証やアフターサービスの内容については、契約時などにきちんと確認しておきましょう。

7.外壁のひび割れに関するよくある質問

最後に、外壁のひび割れに関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.新築の家でも外壁がひび割れることがある?
A.はい。新築の家であっても、地震などによるゆれ・地盤沈下の影響・施工不良などにより、外壁がひび割れる可能性はあります。

Q.外壁のひび割れ補修をした場所が周囲から浮いて見えるのですが?
A.外壁のひび割れ補修を部分的に行った場合、今回補修した部分と周囲とで新旧の差が気になることがあります。新旧の差が気になるようなら、外壁塗装を全体的にやり直す、外壁材を全体的に交換するなどを検討してみてください。

Q.外壁のひび割れを自分で補修したら失敗してしまったのですが?
A.すぐに業者へ連絡し、きちんと補修し直してもらいましょう。失敗したまま放置すると状況がどんどん悪化して、補修がより大がかりになり補修費用も高くなってしまいます。

Q.外壁のひび割れ補修に保険を使うことはできる?
A.たとえば、火災保険の特約や地震保険などの中には、外壁のひび割れ補修を保証してもらえるケースがあります。まずは、契約中の保険の内容を確認してみてください。ただし、ひび割れの原因が一定基準以上の自然災害によるものであることや、補修する前に保険会社の現場確認を受けることなどが条件になります。

Q.業者に外壁のひび割れを補修したものの仕上がりに不満がある場合は?
A.まずは、不満がある場所をスマホなどでもよいので撮影してください。その後、業者へ速やかに連絡し、現場確認を依頼しましょう。このとき、撮影した画像を送付しておくと、話がスムーズです。現場確認の結果、明らかに業者に落ち度があると判明した場合は、すぐにやり直してもらえます。

まとめ

今回は、外壁のひび割れについて詳しく解説しました。外壁は、塗膜の劣化や地震などによるゆれ、施工不良などあらゆる原因により、ひび割れることがあります。外壁のひび割れを放置すると悪化する一方で、建物の美観を損ねたり雨もりの原因になったりするほか、建物の強度が下がることもあるので注意してください。外壁のひび割れを発見したら、速やかに適切な方法で補修しましょう。なお、外壁のひび割れ補修は、信頼できる業者に依頼することが大切です。この記事を参考にして信頼できると判断した業者によく相談し、早めに補修を進めましょう。