住まいのコンシェルジュ

オープンキッチンのメリットを一挙公開! 失敗しないための注意点も


「オープンキッチンにはどんなメリットとデメリットがあるのか知りたい」という人は多いでしょう。家を建てる際やリフォームする際、キッチンをどのようなタイプにするかは慎重に検討すべきです。見た目だけでなく使い勝手も考えて選ぶ必要があるため、タイプごとの特徴をしっかりと確認しておきましょう。

今回は、オープンキッチンのメリットとデメリット・注意点について詳しくご紹介します。

  1. オープンキッチンの特徴を紹介
  2. オープンキッチンのメリット3つ
  3. オープンキッチンのデメリット3つ
  4. オープンキッチンで失敗しないための注意点
  5. オープンキッチンへのリフォームならテンイチへ
  6. オープンキッチンに関するよくある質問

この記事を読むことで、オープンキッチンの種類や、デメリットを軽減するコツなどが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.オープンキッチンの特徴を紹介

まずは、オープンキッチンとはどのようなものなのか、特徴や種類をまとめました。

1-1.リビングやダイニングとの間に仕切りがないキッチン

オープンキッチンとは、その名のとおりリオープンになっているキッチンのことをいいます。キッチンのタイプにはそのほかにも「独立型」や「セミオープン型」があるので区別しておくとよいでしょう。壁で仕切られていて完全に独立した部屋になっているのが独立型、コンロやシンクをリビング・ダイニングとの仕切りとして設置しているのがセミオープン型です。オープンキッチンは独立型やセミオープン型のような仕切りが一切なく、リビングやダイニングとのつながり感が大きいのが特徴といえます。

1-2.人気の種類は?

オープンキッチンの中でも特に人気なのが、「アイランド型」と「ペニンシュラ型」です。それぞれの特徴をまとめました。

1-2-1.アイランド型オープンキッチン

アイランドは「島」を意味する言葉で、キッチンが壁から離れて独立しているもののことを指します。四方からキッチンを囲めるようになっているため、ホームパーティーなどで複数人が同時に料理をする際などに大変便利です。見た目も大変おしゃれですが、このタイプは広いスペースが必要なので狭めの家には向いていません。

1-2-2.ペニンシュラ型オープンキッチン

アイランド型キッチンの片側が壁に付いているタイプが、ペニンシュラ型キッチンです。「ペニンシュラ」は「半島」を意味する言葉で、アイランド型よりスペースを取らないため、キッチンのスペースがあまり広くない家で選ばれることが多くなっています。

2.オープンキッチンのメリット3つ

オープンキッチンのメリットには、以下のようなものがあります。

2-1.開放感があっておしゃれ

オープンキッチンのメリットは、何といっても開放感です。リビングやダイニングとの間に遮るものが少ないため、空間が広く感じられます。リビングやダイニングの空間にそのままキッチンがあるような感覚なので、キッチンもインテリアの一部として考えられるのです。おしゃれなデザインのキッチンを選ぶことで、全体的な部屋のイメージにも大きく影響します。そのため、インテリアと調和の取れたデザインにするとよいでしょう。

2-2.家族とコミュニケーションを取りやすい

キッチンの空間がリビングやダイニングとつながっているため、キッチンで作業している人が孤立しにくいのもオープンキッチンのメリットです。料理をしながらダイニングテーブルに座っている家族と会話をしたり、家族が見ているテレビを一緒に見たりすることもできます。

2-3.配膳しやすい

オープンキッチンだとダイニングテーブルまでの距離が近いため、配膳するのが楽というメリットもあります。できあがった料理をすぐに運べるので作業台が狭くなることもなく、快適に食事の準備ができるでしょう。

3.オープンキッチンのデメリット3つ

オープンデメリットには以下のようなデメリットもあるので確認しておきましょう。

3-1.キッチンの中が丸見えになる

キッチンが壁で仕切られていないということは、キッチンの中が丸見えの状態になるため、急な来客時に慌てることになる可能性があります。キッチンがオープンになっているとつい目線がそちらにいってしまいがちなので、常に片付けておいたほうがよいでしょう。普段から整理整頓が苦手な人だとキッチンもすぐ散らかってしまうため、オープンキッチンはおすすめできません。

3-2.油はねや水はねが気になる

コンロやシンクの前に壁がないため、調理中の油はねや洗いもの中の水はねが気になる点も、オープンキッチンのデメリットです。向こう側の床が汚れやすくなるので掃除が大変になります。汚れないように気を使いながらだとなかなか快適にキッチンを使えないため、予防のための対策が必要になるでしょう。

3-3.収納スペースが少なめ

オープンキッチンだと上部に吊り戸棚がない場合がほとんどです。そのため、収納スペースが少なく、キッチンにあるものを収納しきれなくなってしまう可能性があります。収納できないとものが出しっぱなしの状態になり、雑然とした雰囲気のキッチンになるでしょう。せっかくのおしゃれなオープンキッチンが台無しになるのは避けたいものです。

4.オープンキッチンで失敗しないための注意点

オープンキッチンにしたことで「失敗した」と感じることがないように、確認しておくべき注意点をご紹介しましょう。

4-1.収納スペースを確保する

収納スペースが足りなくなることが考えられるため、背面の戸棚やコンロ下・シンク下の収納スペースにどのくらいのものを収納できるか確認しておきましょう。最近のキッチンは収納力が高く作られているため、オープンキッチンでも十分足りる可能性もあります。足りなそうであれば、上部に吊り戸棚を設置するか、大型の壁面収納を取り付けるなどの方法を検討してみましょう。

4-2.キッチンのサイズや通路の幅を考えて決める

別のタイプのキッチンからオープンキッチンにリフォームするにあたってよくあるのが、通路の幅が狭くなり、使い勝手の悪いキッチンになってしまうという失敗例です。この失敗は、キッチンのサイズが大きすぎたことで起こる場合が多いため、しっかりとシミュレーションをした上で選ぶようにしましょう。

4-3.キッチン回りは常に片付けておく

前述したようにオープンキッチンだとリビングやダイニングからキッチンの中が見えやすくなるため、キッチンが散らかっていると部屋全体が雑然として見えます。キッチンを使い終わったらすぐに片付けることを習慣づけ、いつ来客があっても慌てずに済むようにしましょう。

5.オープンキッチンへのリフォームはテンイチへ

オープンキッチンへのリフォームを検討されているなら、静岡県にある住宅リフォーム専門会社テンイチへご依頼ください。

5-1.年間施工実績は約3,000件

テンイチは昭和30年の創業以来、60年以上の歴史と実績がある会社として多くのリフォーム依頼を受け付けてきました。現在の年間施工数は約3,000件と、静岡県内でトップクラスの経験と実績を誇ります。2020年には顧客満足優良会社として表彰を受けているため、安心してご相談ください。

5-2.引き渡しまで同じ営業者が担当

テンイチでは、ご相談の受け付けからリフォーム後のお引き渡しまで、一貫して1人の営業者が担当しています。リフォーム業界では実際の工事を下請け業者に依頼している例も多いため、何かあったときの責任の所在が不明確になることも少なくありません。テンイチならそういった心配はないのでご安心ください。

5-3.充実したアフターフォロー体制

テンイチの魅力は、充実したアフターフォロー体制にもあります。最長10年の工事保証をはじめ、定期的な点検を実施しているため、工事後のトラブルが少ないのが特徴です。選任の担当者がいるので、万が一トラブルが発生した際にも迅速に対応します。

6.オープンキッチンに関するよくある質問

「オープンキッチンについて知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.オープンキッチンにはどのような照明がおすすめですか?
A.天井埋込タイプのダウンライトや、ライトの向きを変えられるスポットライトなどが合うでしょう。

Q.オープンキッチンだと生ゴミの臭いがリビングやダイニングまで届いてしまう心配はありますか?
A.管理の仕方によってはその可能性があるでしょう。フタ付きのゴミ箱や防臭スプレーを使用して臭いを抑える工夫をしてください。

Q.オープンキッチンが向いているのはどのような家庭ですか?
A.2人以上でキッチンに立つことが多い家庭や、小さな子どもがいてリビングを見渡しながら作業したい場合などに向いています。

Q.コンロの油はねを予防する方法を教えてください。
A.コンロ回りにガードを設置したり、油が染み込みにくい床材を選んだりするのがおすすめです。

Q.過去に施工したキッチンリフォーム例を見せてもらえますか?
A.テンイチではホームページに過去の施工例を掲載しているのでぜひチェックしてみてください。

まとめ

オープンキッチンのメリットとデメリット・失敗しないための注意点などを詳しくご紹介しました。オープンキッチンは開放感があっておしゃれなイメージが強いため、大変人気があります。ただし、家庭によってはオープンキッチンが向いていないこともあるので注意が必要です。ぜひこの記事を参考に、オープンキッチンのメリットとデメリットをしっかり比較してください。