住まいのコンシェルジュ

外構リフォーム成功のための8箇条!~理想のエクステリアを目指して


外構リフォームを検討している人に朗報です。最近は広い意味を込めて「エクステリア」と呼ばれるようになった外構。以前はデザインを重視するものよりも、防犯や目隠しなどを目的としたものがほとんどでした。しかし、近年になって外構は「隠すもの」ではなく「魅せるもの」へと変化してきたのです。その時代の変化に沿って、あなたも理想の外構を手に入れてみませんか?この記事では、外構リフォームのメリットや種類・流れなどをまとめて解説しましょう。

  1. 外構リフォームとは?
  2. 外構スタイルの種類
  3. <外構>門まわりのリフォームについて
  4. <外構>フェンスのリフォームについて
  5. <外構>カーポートのリフォームについて
  6. <外構>庭・テラスのリフォームについて
  7. 外構リフォーム業者の選び方
  8. 外構リフォームに関するよくある質問

この時期を読むことで、外構リフォームのすべてが分かります。理想の外構を手に入れることができるはずですよ。

1.外構リフォームとは?

まずは、外構やエクステリアについて解説します。リフォームの目的やメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

1-1.外構・エクステリアとは?

外構とは「家の庭」というイメージを持つ人が多いでしょう。しかし、庭のことだけを指すわけではありません。歩道との境界となる塀や玄関へのアプローチ・駐車場や門扉なども、すべてまとめて「外構」と呼ぶのです。外構工事では、飛び石や砂利敷き・花壇作りなどもその内容に含まれます。一方のエクステリアは、もともと「外部」「外観」という意味の英語です。「インテリア」に対応する言葉として、建物の外観全体を示すときに使用されています。「外構」と内容は同じですが「庭をデザインする」というイメージが強いのがエクステリア工事です。最近は「エクステリアプランナー」と呼ばれる職人も増えてきています。

1-2.外構・エクステリアの施工場所

外構とは、家の外回り全般のことです。具体的には以下のような場所を指します。

  • 家と歩道の間にある塀や生け垣・門扉
  • 玄関へのアプローチ
  • カーポートや駐輪場
  • 花壇や飛び石・砂利敷き
  • ウッドデッキやテラス設置

リフォーム工事を検討しているなら、どこをどのようにリフォームしたいのかしっかりと計画しましょう。

1-3.外構リフォームの目的とは?メリットは何?

外構のリフォームを行う目的やメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。まず、機能を高めることができるという点です。家のまわりは毎日通る場所であり、使い勝手のよいものでなければなりません。たとえば、「広い庭があるのに使い道がない」「駐車スペースにゆとりが欲しい」などといった悩みを解決することができるでしょう。さらに、装飾性についても重要視されます。古くなった塀やフェンス・生け垣などを新しいデザインのものに取り替えることで「美しく生まれ変わった庭」を手に入れることができるのです。外構は家のイメージを決定づける重要なポイント。自分好みの外構にすることで毎日が充実したものになることは間違いありません。

2.外構スタイルの種類

外構のスタイルには「クローズドスタイル」「オープンスタイル」「セミクローズドスタイル」の3つがあります。それぞれの特徴とメリット・デメリットをまとめてみました。

2-1.プライバシー確保!クローズドスタイル

クローズドスタイルとは、比較的背の高い門やフェンス・塀などを設置することで、道路や近隣からの視線を遮断できるスタイルの外構です。周囲からの視線を意識することなく過ごすことができるため、洗濯物を干すときも、子供やペットが庭で遊ぶときも、最適な環境と言えるでしょう。また、防犯の面においても優れているというメリットがあります。外部から簡単に侵入できない造りになっているため、空き巣などの心配は少ないと考えられるでしょう。
その反面、閉鎖的な雰囲気になってしまうというデメリットがあります。家全体に圧迫感を与えてしまう可能性があるため、慎重にプランニングする必要があるでしょう。
http://www.reform-contents.com/contents/gaiko/plan_1/?cc=721

2-2.開放的で広々!オープンスタイル

敷地の境界線に門扉やフェンスを設けず、開放的な外構を実現したのが「オープンスタイル」です。開放的で広々としたイメージを与えるのが最大のメリットと言えるでしょう。フェンスや塀の代わりに低い樹木などを植えて境界を示すケースもあり、建材を多く使用しない分、費用を抑えることができます。デメリットは、周囲の視線を遮るものがないという点です。通行人や近隣からの視線が簡単に届いてしまうため、プライバシーの確保が難しくなるでしょう。また、比較的簡単に侵入されやすく、防犯の面でも何らかの工夫が必要になります。
http://www.reform-contents.com/contents/gaiko/plan_3/?cc=721

2-3.両方のメリットを組み合わせたセミクローズドスタイル

「セミクローズドスタイル」は、「クローズドスタイル」と「オープンスタイル」の要素を組み合わせたものです。塀やフェンスを低めにしたり、部分的に開放的な場所を作ったりして自由にコーディネートすることができます。プライバシーやセキュリティーが守られながらも、程よい開放感を得ることができるのが特徴です。ただし、プランニングが最も難しいのがこのスタイルと言えるでしょう。中途半端な機能しか持たない外構にならないように、十分注意が必要です。
http://www.reform-contents.com/contents/gaiko/plan_2/?cc=721

3.<外構>門まわりのリフォームについて

門まわりのリフォームについて、その目的や工事の流れ・費用などを解説します。

3-1.家の印象を大きく変える!

門扉や門柱・ポストなどの門まわりは、家のイメージを決める重要なポイントです。リフォームすることで家全体の印象を大きく変えることもできるでしょう。また、門まわりを美しくしておくことは、防犯面でも効果があると言われています。「きちんとした家」という印象を与えることができるため、空き巣の侵入などを防ぐことができるのです。

3-2.工事の流れ

門まわりのリフォームをする場合、まず既存の門扉や門柱・ポストなどを解体撤去し、処分することから始まります。新規設置の場合は解体撤去の必要はないため、作業も早くすすむでしょう。門扉は門柱とセットで設置する場合が多く、素材やデザインをあらかじめ決めておく必要があります。オープンなイメージにしたい場合は、門柱だけを設置することもあるでしょう。

3-3.費用と日数

使用する門扉や門柱などによって異なりますが、交換・取り付けにかかる費用の相場は10~30万円程度です。交換の場合は解体撤去にも費用がかかるため、費用を余分に見ておきましょう。工事にかかる日数は1日程度です。

3-4.全体のバランスに注意!

門まわりのリフォームを行うときは、外構全体のバランスをよく考えましょう。門は「家の顔」とも言える重要な部分です。全体のバランスがよくなるように、住宅や庭の雰囲気と合ったものを選ぶようにしましょう。また、周辺住宅とのバランスを考えることも大切です。

4.<外構>フェンスのリフォームについて

次に、フェンスのリフォームについて解説します。リフォームの目的や耐用年数などを把握しておきましょう。

4-1.「目隠し」としてのフェンス

フェンスには「境界線を示す目的」と「視線を遮る目的」があります。塀に比べて開放感があり風通しもよいことから、フェンス設置は人気の高いリフォームと言えるでしょう。特にリビングに大きな窓がある家だと、近隣からの視線が気になりますよね。目隠しとしてフェンスを設置することで快適な生活を手に入れることができるはずです。

4-2.フェンスの耐用年数は?

耐用年数は、フェンスの素材によって異なります。アルミや木製の素材を使用したフェンスの耐用年数は10年前後です。ただし、木製フェンスは原材料となる木材によって耐用年数が変わってきます。ハードウッド系の木材であれば、30~50年の使用にも耐えることができるでしょう。また、コンクリートブロックも3耐用年数が長く、30年以上使用することが可能です。

4-3.工事の流れ

フェンスを設置する場合は、まず基礎工事を行います。フェンス専用のコンクリート製品などで根元を固定し、支柱をはめ込んでからフェンスを組み立てるのです。組み立てたフェンスを好みの高さにカットして使用することもあります。

4-4.費用と日数

フェンス設置の費用については、使用する素材によって左右されます。相場としては、木製が10万円前後、アルミが15万円前後です。そのほか、基礎工事・土台工事を含めた設置費用が追加されます。また、フェンス設置にかかる日数は1~3日程度が一般的です。

4-5.隣人への報告を忘れずに!

隣人とのトラブルを避けるために、あらかじめフェンスの設置工事を行うことを連絡しておくことをおすすめします。どのようなフェンスをどのくらいの高さで設置するのか、きちんと伝えておきましょう。フェンスを設置したことで日当たりが悪くなった、というようなクレームがくるケースも少なくありません。

5.<外構>カーポートのリフォームについて

カーポートのリフォームを検討する人は多いでしょう。カーポートを設置する目的や工事の流れについて解説します。

5-1.カーポート設置のメリットはたくさん!

車を持っている人にとって、カーポートの設置にはメリットがたくさんあります。まず、雨の日でもぬれずに乗り降りできるということ。同時に車が汚れることも防いでくれます。このように、外部からの影響を最小限に抑えることができるため、車の寿命をのばすことが可能になるでしょう。また、夏場の直射日光や冬場の霜・雪を防ぐことができるため、快適に車に乗ることができるようになります。

5-2.カーポートの耐用年数は?

カーポートの耐用年数は、一般的に10~15年程度と言われています。ただし、設置する環境にもよるでしょう。塩害や積雪・強風といった自然現象を受けやすい場所では、当然カーポートの耐用年数が短くなります。海の近くや積雪のある地域でカーポートを設置する場合は、その環境に合った素材を選ぶ必要があるでしょう。

5-3.工事の流れ

カーポートを設置する際の工事では、まず柱を立てるための穴を掘ることから始まります。柱を立てて固定した後、屋根まわりの骨組みを組み立て、屋根パネルを取り付けるという流れです。最後に、柱のまわりにコンクリートを流し、完全に固まったら完成になります。

5-4.費用と日数

カーポートの本体価格は、素材によってさまざまです。安いものであれば10万円前後で購入することができるでしょう。このほかに、基礎工事や組み立て・取り付けなどの作業費として4万円程度かかります。つまり、全体で15万円ほどあればカーポートを設置することが可能です。また、カーポートの設置には半日から2日ほど日数がかかるのが一般的でしょう。

6.<外構>庭・テラスのリフォームについて

庭やテラスのリフォームを行う際の流れや費用などを解説します。

6-1.楽で見た目もよい庭を手に入れよう!

庭のリフォームを検討するのは以下のようなときでしょう。

  • 庭を有効活用したい。
  • 管理が大変で困っている。
  • 見た目が悪い。

庭のリフォームは手入れを楽にするため、見た目をよくするため、理想の庭を手に入れるために必要なものなのです。せっかく広い庭があるなら、もっと有効活用してみませんか?

6-2.工事の流れ

イメージどおりの庭を手に入れるためには、プランニングが最も重要になります。どのような庭にしたいのか、そのためにはどうしたらよいのかを相談し、細かく決めておく必要があるでしょう。「テラスを作りたい」「木を減らして芝生を増やしたい」「庭でバーベキューができるようにしてほしい」など、家族の希望をまとめておくのがおすすめです。業者が現地調査を行い、プラン設計をもとに庭のリフォームをすすめていきます。

6-3.費用と日数

庭のリフォームにかかる費用は、その内容や庭の広さによって大きく変わってきます。たとえば、コンクリート整備や砂利の敷き詰め・芝生の貼り付けなどの作業は、一般的な広さの庭なら50万円以内でできる場合がほとんどです。そのほか、テラスやウッドデッキの設置を希望するなら、さらに50~100万円程度の予算を見ておきましょう。工事にかかる日数も、リフォーム内容によって異なります。天候によって左右されることもあるため、余裕を持って計画するようにしましょう。

6-4.予算をしっかり決めておくこと!

庭のリフォームでよくありがちなのが「気付いたら予算オーバーしていた」という例です。理想の庭にするために、次から次へと新しいリフォームを追加してしまいます。そのような
ことを防ぐために、あらかじめ予算の上限をしっかりと決めておきましょう。「予算以上のことはできない」ということを業者にもはっきりと伝えておくことをおすすめします。

7.外構リフォーム業者の選び方

外構リフォームを業者に依頼する場合のポイントや注意点をまとめてみました。

7-1.業者選びのポイント

外構リフォーム業者は全国にたくさんあり、それぞれ得意分野も異なります。自分に合った業者を探すのは簡単なことではないでしょう。しかし、外構リフォームには高額な費用がかかります。信頼のできる業者を選んで、後悔のないリフォームをしたいものですよね。そこで、業者選びのポイントをご紹介します。

  • 業者の規模よりも実績を重視する。
  • 下請けではなく、消費者と直接契約しているか確認する。
  • 安さだけで選ばない。
  • 保証やアフターサービスをチェックする。

以上が、信頼できる業者選びのポイントです。特に、実績を確認することはとても大切でしょう。過去にどのような外構工事を手がけたのか、施工例はどのくらいあるのかなど、詳しくチェックしておきましょう。直接現場を見ることができないか確認してみることもおすすめです。

7-2.価格の相場を知ろう!

外構リフォーム工事にかかる費用は、業者によってまちまちです。決まった基準があるわけではないため、同じ内容の工事でも業者によって費用が全く異なる場合もあります。まずは、価格の相場を知るために、複数の業者に見積もりを依頼してみてください。そのリフォームの相場がどのくらいなのか知ることができます。
http://10-1.co.jp/index.html

7-3.見積もりはしっかりチェック!

外構リフォーム工事にはさまざまな種類があり、その内容によって使用する資材も変わってきます。何にいくらかかっているのか、一目で分かる見積書であるかどうか確認してみてください。素人では分かりにくい部分もあると思いますが、質問してしっかりとした返答がもらえるかどうかも業者選びの大切なポイントです。見積書を見てもよく分からない・質問しても答えが返ってこないような業者は、選ばない方がよいでしょう。

7-4.アフターメンテナンスは?

外構リフォーム工事が完了した後も、さまざまなトラブルが発生する例は少なくありません。そんなときのために、アフターメンテナンスが充実している業者を選ぶようにしましょう。どのような内容のアフターメンテナンスを用意しているのか、いつまで対応してくれるのか、しっかりと確認してください。定期的に点検を実施している業者がおすすめです。

8.外構リフォームに関するよくある質問

外構リフォームを検討している人が感じるであろう疑問とその回答をまとめてみました。

Q.庭にテラスを設置したいのですが、どんな種類のものがありますか?
A.一般的には、ウッドテラスやタイルテラス・アルミテラスなどがあります。耐久性で選ぶならウッドテラスかアルミテラス、メンテナンスのしやすさで選ぶならアルミテラスがおすすめです。使用目的や使用頻度・メンテナンスなどを考慮して選ぶとよいでしょう。

Q.部分的な外構リフォームも可能ですか?
A.ウッドデッキやカーポート・フェンス・ポストなど、一部分だけのリフォームも受け付けている業者はたくさんあります。

Q.業者にリフォームを依頼する前に用意しておくべきものはありますか?
A.現在の外構の写真や住宅の平面図・配置図などがあれば用意しておくとよいでしょう。

Q.クローズドスタイルとオープンスタイルでは、費用に違いがありますか?
A.基本的に、オープンスタイルの方が門扉や塀などが少ない分、工事費は安くなる傾向にあります。

Q.フェンスの素材としておすすめのものは何ですか?
A.サビにくく加工しやすいアルミのフェンスがおすすめです。自然木のフェンスは値段も安く見栄えもよいのですがメンテナンスが必要になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。外構リフォームの種類や業者の選び方などをまとめて解説しました。外構は家全体の雰囲気を大きく左右する大切なものです。後悔のないリフォームができるように、ぜひこの記事を参考にしてみてください。