住まいのコンシェルジュ

外壁塗装に手抜き工事が多い理由は? 防ぐには塗装業者選びがポイント!


外壁塗装に手抜き工事が多い理由をご存じでしょうか? 外壁塗装工事は手抜きしやすい傾向があり、悪徳業者とのトラブルが相次いでいます。手抜き工事を未然に防ぐためには、信用できる塗装業者選びが大切なポイントです。けれども、どの塗装業者に依頼すればいいのか悩んでいる方は多いでしょう。

そこで、本記事では、外壁塗装業者に手抜き工事が多い理由や塗装業者選びのポイントを解説します。

  1. 外壁塗装の手抜きにはどんなものがあるのか?
  2. 外壁塗装で手抜き工事が多い理由
  3. 手抜き工事の被害を防ぐには?
  4. 塗装業者を選ぶポイント
  5. 外壁塗装の手抜き工事に関してよくある質問

この記事を読むことで、外壁塗装の手抜き工事を防ぐポイントなどが分かります。気になっている方はぜひチェックしてください。

1.外壁塗装の手抜きにはどんなものがあるのか?

最初に、外壁塗装の手抜きにはどのようなものがあるのかをチェックしておきましょう。

1-1.通常よりも塗り回数が少ない

外壁塗装の手抜きでよくあるのが、通常よりも塗り回数が少ないことです。基本的に、塗装の回数は上塗り・中塗り・下塗りの3回となっています。上塗りが終わったら完全に乾くまで時間を空けなければなりません。乾かないうちに次の工程に進んでしまうと塗料が外壁に付着しにくくなってしまいます。悪徳業者は塗り回数をごまかしたり、塗料が乾かないうちに次の工程に進んだりするでしょう。せっかくいい塗料を使っても正しい方法で使わない限り、塗料は長くは持ちません。

1-2.安い塗料が使われていた

実際に決めた塗料よりも安い塗料が使われていたというケースがあります。いわゆる材料偽装です。契約時とは違う塗料が使われ、請求費用はそのままという悪質な手抜き工事といえます。外壁塗装の現場へ頻繁に足を運ぶことがないため、悪徳業者は契約書とは違う塗料を使いがちです。安い塗料はそれなりの効果しか発揮できないので、施工後は何らかの不具合が起きてしまうでしょう。

1-3.作業工程の手抜き

作業工程の手抜きも、悪徳業者でよくある手段の1つです。前述したように、塗り回数を減らすだけでなく、必要な工程を省いたり下地調整をしなかったり養生などをしっかりとしていなかったり……中には、職人ではない素人が外壁塗装工事を行うケースもあります。素人では分からない工程で手抜きをしているケースがほとんどですので、なかなか判断できません。仕上がりはきれいになっているとしても長持ちせず、すぐに塗装や塗膜が剝がれてしまいます。

2.外壁塗装で手抜き工事が多い理由

ここでは、外壁塗装で手抜き工事が多い理由を解説します。

2-1.外壁塗装は手抜き工事がしやすい

外壁塗装手抜き工事が多い1番の理由は、手抜き工事がしやすいからです。前述したように、手抜きをした状態であっても、きれいに仕上がっていたり見た目がきれいになったりしているなど素人では判断できません。外壁塗装は素人では分からない作業工程が多いからこそ、手抜き工事がしやすく、悪徳業者とのトラブルが年々増加しているのです。手抜きしやすい工事だということは、悪徳業者も増加傾向にあるので業者選びは十分に注意しなければなりません。

2-2.塗料や工法に関する知識がない

外壁工事は手抜きをしても分かりにくいところがデメリットでもありますが、依頼者に塗料や工法に関する知識がないことも悪徳業者が増えている原因の1つです。外壁塗装を行う際は、ほとんどの人が専門業者に依頼すると思います。作業工程が職人でなければできない内容ですので、DIYでするのは困難だからです。また、外壁塗装は頻繁に行うものではないため、しっかりとした知識と技術がなく、悪徳業者とトラブルになってしまうケースが増えています。悪徳業者は依頼者の知識不足を狙って高額な費用を請求したり手抜き工事を行ったりするのが特徴です。

2-3.コミュニケーション不足が原因になることも

外壁塗装の手抜き工事は、業者とのコミュニケーション不足が原因になっているケースもあります。依頼者とリフォーム業者の意思疎通がきちんとできていなかったせいで手抜きになってしまうことがあるのです。たとえば、依頼者からもう少し費用を抑えてほしいときちんと伝えておけば、施工業者はその予算内で収めようとするでしょう。けれども、金額設定に無理があり帳尻が合わないせいで手抜き工事になってしまうというケースです。本来は施工業者が「この値段ではこういうことしかできない」と伝えるべきですが、すべて業者に任せきりにしたせいで手抜き工事になってしまいます。

3.手抜き工事の被害を防ぐには?

それでは、手抜き工事の被害を防ぐにはどうすればいいのでしょうか。主な対策を紹介します。

3-1.訪問販売の塗装業者には気をつける

手抜き工事の被害を防ぐ1番の方法は、信用できる塗装業者に依頼することです。後ほど、【4.塗装業者を選ぶポイント】で詳しく説明しますが、特に訪問販売の塗装業者には気をつけなければなりません。訪問販売の塗装業者は、工事の手抜きをしたり不当な費用を請求したりする悪徳業者の可能性が高いでしょう。すべての業者が悪徳業者とは限りませんが、実績のある塗装業者はわざわざ訪問販売をしなくても依頼が来るものです。中でも「早く工事をしなければ危険」と煽(あお)り文句をいってくる業者には注意しなければなりません。

3-2.要望をきちんと塗装業者に伝える

きちんと塗装工事を行うためには、要望を塗装業者にしっかりと伝えておかなければなりません。前述したように、手抜き工事の原因には施工業者とのコミュニケーション不足があります。施工業者に任せたままにしてしまうと手抜きをされる恐れがあるため、きちんと要望を伝えておかなければなりません。この塗料を使ってほしい・このくらいの予算に抑えてほしい・どうすれば理想の仕上がりになるのかなど、細かいところまで施工業者に伝えておきましょう。そこで親身になってくれる施工業者なら安心して依頼できますが、適当に流してしまうところは悪徳業者の可能性があります。

3-3.工事中もきちんとチェックする

工事中にしっかりと自分の目でチェックすることも、手抜き工事を未然に防ぐ方法の1つです。契約時の塗料をきちんと使っているか、塗装の作業工程を飛ばしていないか、外壁塗装の知識を身につけた上で工事現場を確認しましょう。少しでも疑問点や不明な点がある場合は、すぐに施工業者へ尋ねてください。そして、いったん工事を中止するように施工業者へお願いします。工事が完了した後に気になって尋ねてみても答えてくれなかったり、施工業者と連絡がつかなくなったりする可能性があるので要注意です。

4.塗装業者を選ぶポイント

ここでは、塗装業者を選ぶポイントについて解説します。

4-1.外壁塗装の実績があるか

最初にチェックしてほしいのは、外壁塗装の実績があるかどうかです。実績を確認する方法としては、施工業者のホームページに記載されている事例があります。実際にどのような作業を行ったのか、施工事例を確認することで業者の実績が分かるでしょう。ホームページ等に実績が記載されていないところは悪徳業者の可能性が高いので注意しなければなりません。また、実際に依頼した人の口コミや評判もチェックしてみるといいでしょう。そこには、施工業者のホームページでは分からない内容が記載されている可能性もあります。

4-2.スタッフの対応が丁寧でスピーディーか

スタッフの対応も塗装業者選びの重要なポイントです。悪徳業者の多くはスタッフの対応が悪く、返事も遅い傾向があります。どのような質問にも分かりやすく説明してくれるスタッフなら信用できますが、いい加減な対応しかしてくれないところは信用できません。コミュニケーションを図ることもできないため、相性のいいスタッフかどうかもチェックしておきましょう。スタッフの対応が丁寧でスピーディーな業者は安心して依頼できます。

4-3.見積書の内容が詳細か

施工業者に無料見積もりを依頼し、その内容が細かく記載されているかどうかもチェックしてほしいポイントです。見積書には、どのような作業にいくらかかるのか・どのような塗料を使うのかなど工事の詳細が書かれています。見積書の内容が細かく記載されていない業者は、後で追加費用といって不当な費用を請求してくる可能性があるので注意しなければなりません。また、見積書の内容だけでなく、契約書なども書面として提示してくれない施工業者も要注意です。

4-4.アフターフォローが充実しているか

塗装業者選びのポイントして、アフターフォローにも注目してください。優良業者はアフターフォローが充実している傾向があります。たとえば、株式会社テンイチでは、最長で10年の工事保証をはじめ、1年ごとに点検はがきを送付しているので施工後のトラブルにも対応が可能です。希望によっては点検の実施も行っています。このように、万全のアフターフォローが整っていれば施工後のトラブルにも安心して対処できますが、悪徳業者のほとんどはアフターフォローを行っていません。連絡を取りたくても取れなくなる状況になるため、ホームページ等でしっかりとサービス内容をチェックしておきましょう。

5.外壁塗装の手抜き工事に関してよくある質問

外壁塗装の手抜き工事に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.大手の施工業者に依頼すれば安心か?
A.大手の施工業者だからといって安心してはいけません。実際に、大手の施工業者に依頼してトラブルになったというケースも起きています。大手の施工業者は実際に工事を行う施工業者とは別で、施工業者は下請けがやっている可能性があるでしょう。下請け業者の中には職人ではない素人が作業を行うところもあるので、大手という判断だけで安心してはいけません。複数の業者を比較して、安心して依頼できる施工業者に依頼しましょう。

Q.塗装業者にかかる費用はいくらぐらいか?
A.外壁の状況や塗料の種類などによって異なりますが、約60万~100万円が目安となります。外壁塗装と併せて屋根塗装も行う場合は、約80万~140万円かかるでしょう。ちなみに、外壁塗装の費用には、足場・高圧洗浄・養生・飛散防止ネット・シーリング・塗装代などが含まれています。どのような作業にいくらかかるのかも必ずチェックしておきたいポイントです。

Q.外壁塗装における格安の落とし穴は?
A.外壁塗装を格安で行ってる施工業者がありますが、そこには下地処理という落とし穴があります。外壁塗装における下地処理は、塗料を外壁材に付着させるためには必要不可欠な作業です。塗料を塗る前に下地処理をきちんと行っていないと、すぐに剝がれたり雨漏りが発生したりしてしまいます。下地処理を行わない施工業者は格安で設定している可能性があるので注意してください。

Q.悪徳業者の対策方法は?
A.できれば、実際に施工現場に立ち会って見張りたいものですが、なかなかそういうわけには行きません。そのため、悪徳業者に引っかからないようにするために、見積もりは複数から取ったり訪問業者の話にはうかつに乗らなかったりするなど基本的な対策を意識してみてください。また、中塗りと上塗りの色を変えてもらうのも方法の1つです。色を変えてもらうことで、知識が十分になくても作業工程を見るだけで不正がすぐに分かります。

Q.トラブルになったときの対処法は?
A.1人で悩まず、できるだけ早めに国民生活センターか消費者センターに相談してください。訪問販売で契約した場合、期間内であればクーリング・オフ制度が利用できる可能性があります。クーリング・オフ制度は一定期間の契約なら解約できるという制度です。また、なるべく早めに相談することで解決策の幅が広がるでしょう。

まとめ

外壁塗装に手抜き工事が多い理由は、手抜きしやすい作業工程だからです。職人でない限り、どのように塗装をするのか知識や技術を持っていない方がほとんどでしょう。依頼者の知識不足を利用して、悪徳業者は手抜き工事を行います。手抜き工事を未然に防ぐためには、安心して依頼できる塗装業者を選ばなければなりません。見積書やサービス内容を確認したり、ホームページ等で実績をチェックしたりするなど、塗装業者選びのポイントを把握することが大切です。