住まいのコンシェルジュ

断熱リフォームの驚くべき効果とは? 施工箇所や注意点も一緒に解説!

断熱リフォーム

住まいの快適性を求めるために、断熱リフォームをする人が増えてきています。冬になると「家の中が寒く、暖房をつけてもなかなか暖まらない」、夏には「家の中が暑くなり、エアコンの設定温度より下がらない」という悩みを持つ人は多いものです。

家の中が外気温に左右されてしまうのは、断熱性が弱いためでしょう。断熱リフォームをすることで、冬は暖かく夏は涼しい、快適な家を作り出すことができます。

この記事では、断熱リフォームの効果やメリット、リフォーム工事の方法や流れなどをまとめてご紹介しましょう。

  1. 断熱リフォームとは?
  2. 断熱リフォームにはどんなメリットがある?
  3. 断熱リフォームの種類
  4. 断熱リフォームができる箇所は?
  5. 断熱リフォームの費用を抑えるには?
  6. 断熱リフォームをする際の注意点
  7. 優良リフォーム業者の選び方
  8. 断熱リフォームに関するよくある質問

この記事を読むことで、断熱リフォームについて詳しく分かるはずです。ぜひ参考にして1年中快適に過ごせる家を手に入れてください。

1.断熱リフォームとは?

断熱リフォームとは、壁や床に断熱材を入れたり窓にサッシをつけたりすることで、外気温の影響を受けにくくするためのリフォームです。断熱性の弱い住まいでは、屋外の寒さや暑さがそのまま家の中まで影響し、「冬になると寒く、夏になると暑い」のが悩みになります。

断熱リフォームをすることで、冬は暖房で暖めた空気が屋外に逃げず、夏は屋外の熱が入ってくるのを防ぐことができるのです。

近年は温暖化が進み、断熱リフォームに対する需要が高まってきているのが現状です。温暖化によって影響を受けるものの一つに光熱費があり、「年々光熱費が高くなってきている」「何とかして光熱費を抑えたい」という人も増えていることが考えられます。その対策として、断熱リフォームが注目されているのです。

特に以下のような場合には、断熱リフォームの検討をおすすめします。

  1. 冬は暖房をつけていても家の中が寒い
  2. 夏は家の中がなかなか涼しくならず、エアコン代がかさむ
  3. 小さい子どもや高齢者がいるので、寒さや暑さによる健康への影響が心配

2.断熱リフォームにはどんなメリットがある?

2-1.外気温の影響を受けにくくなる

断熱をすれば、外気温の影響を受けにくくなることで夏涼しく、冬暖かい家になります。日本の伝統家屋は、夏に過ごしやすいことを前提に造られていますが、現在では空調が効きにくいのがデメリットです。

断熱工事をすれば、空調が効きやすく夏涼しく冬暖かい家になるでしょう。寒冷地はもちろんのこと、沖縄のように暑い地域でも快適に過ごせます。たとえば、天井の断熱を行えば、真夏に直射日光の影響を受けにくくなるでしょう。壁を断熱すれば、冬も暖かく過ごせます。

2-2.光熱費の削減

断熱工事をすることで、光熱費の削減もできます。エアコンの温度を高めに設定しても快適に過ごせるほか、外気温の影響も受けにくいので、ホテルの中にいるような感じで過ごせるでしょう。

設定温度と家の中の温度の差が小さいほど電気代がかかりません。断熱をすれば、エアコンをつけていなくても家の中の温度をある程度一定に保てます。断熱リフォームを壁や天井に施せば、光熱費が年間6万円以上安くなることもあるでしょう。

2-3.住む人の健康維持

家の温度が常に一定になるため、住む人の健康維持にも役立ちます。室内の温度が大きく上下すると健康面にも悪影響が出ます。特に、高齢者は温度差によってヒートショックを起こしやすくなるため、断熱リフォームは命を守ることにも繋がります。

3.断熱リフォームの種類

断熱リフォームには、家の外側から施工する「外断熱工法」と、内側から施工する「内断熱工法」の2種類があります。それぞれのメリットとデメリットをご紹介しましょう。

3-1.住宅を包み込むように断熱する外断熱工法

外断熱工法とは、建物全体を断熱材で包み込むように、構造材の外側に断熱材を貼り付けていく工法です。断熱材のとぎれがない分、高い断熱効果が期待できます。また、室内側の柱と柱の間などに断熱材を敷き詰める必要がないため、室内空間を広く取れるという点もメリットです。その反面、内断熱工法と比較して工事費用が高くなること、工期が長くなることなどがデメリットとして挙げられます。

3-2.空間部分に断熱材を詰めて断熱する内断熱工法

一方の内断熱工法では、壁や柱、床の内側など、空間になっている部分に断熱材を詰めて断熱します。外壁の厚みを変えずに断熱できること、外断熱工法に比べて低予算で施工できることなどがメリットです。

ただし、外断熱工法よりも気密性が低い分、断熱性が弱くなる可能性があるでしょう。また、施工の仕方によってはすき間ができてしまい、冬に結露が発生しやすいという問題もあります。

4.断熱リフォームができる箇所は?

ここでは、断熱リフォームすることができる施行箇所を解説します。ぜひ、参考にしてください。

4-1.壁・天井・床下

断熱材を入れたり断熱効果の高い素材に付け替えたりすることで断熱リフォームが可能です。最も効果が実感できる場所でもあります。工事期間も2~4日と短く、住みながらリフォームも可能です。また、床下の場合は床裏から断熱材を入れることもできます。

4-2.内窓

サッシを交換したり断熱用の窓を新たに取り付けたりすることでリフォームが可能です。内窓を断熱リフォームすれば、壁や天井のみをリフォームするより断熱効果が高まります。断熱リフォームをすることで、結露対策や防音対策にもなるのでおすすめです。

4-3.屋根や外壁

断熱効果のある塗料を塗ることで断熱効果を高めることができます。また、現在は断熱効果のある屋根材や壁材もあるため、併せて使えばより高い効果が期待できるでしょう。

リフォームの工期や費用はおおよそ以下のとおりです。

  • 壁:約4千~3万円/㎡ 工期:2週間~
  • 天井・床下:約4~8千円/㎡ 工期:2~4日
  • 内窓:4万円~ 工期:半日~
  • 断熱窓への取り替え:13万5千円~ 工期:1日~
  • 断熱玄関への交換:35万円~ 工期:1日~

断熱材の工事は、広範囲になるほど工期がかかります。しかし、内窓の取り替えなど狭い範囲なら半日あれば可能です。また、窓や玄関の交換ならば20万円以下でできます。

詳しくは、施工業者にお問い合わせください。住みながらリフォームをしたい、せっかくなので床材や天井の張り替えも一緒に行いなどの希望も伝えれば、最適なプランを提案してくれるでしょう。

5.断熱リフォームの費用を抑えるには?

5-1.ほかのリフォームと一緒に依頼する

断熱リフォーム以外のリフォームも検討している場合は、一緒に依頼することをおすすめします。足場を組む作業や作業員の手間が1回で済むため、トータルコストを抑えることができるのです。また、リフォームの際には家具などの移動が必要になります。まとめて工事を行ったほうが、自分たちの手間も1回で済ませることができるでしょう。

5-2.補助金を利用する

断熱リフォームの内容が一定基準を満たしている場合、国や自治体が定める補助金制度を活用することが可能です。どのような断熱リフォームが対象になるのか、いくらの補助金を受けられるのかなどは自治体によって異なるため、事前に確認しておきましょう。

5-2-1.国が行っている制度

国は、2021年度に次世代省エネ建材を用いてリフォームを行えば、最大で300万円の補助金を出す政策を実施しました。この補助金は2022年度も行われるかは不明です。しかし、来年度も類似した補助金が出る政策が実施される可能性も高いでしょう。

また、国土交通省は「こどもみらい住宅支援事業」という、子育て世帯・若者夫婦が省エネ住宅を取得しやすくなるよう、支援を行っています。補助金は新築で最大100万円、リフォームで30万円です。

5-2-2.自治体や団体が行っている制度

自治体によっては独自の補助金を出していることもあります。詳しくはお住まいの自治体のホームページなどを参照してください。

団体では、公益財団法人北海道環境財団が行っている「既存住宅における断熱リフォーム支援事業」などがあります。毎年募集要項や期間などが変わるので、詳しくは財団のホームページを確認してください。

6.断熱リフォームをする際の注意点

6-1.悪質なリフォーム業者に注意

断熱リフォームを行う業者はたくさんあります。中には相場よりかなり安い金額を提示してくる業者もあるでしょう。しかし、あまりに安い業者の場合、必要な工事まで削っていることがあるので、注意が必要です。業者の実績や評判などを確認してから選んでください。そのためには、ある程度の時間をかけて業者選びをすることが大切です。

悪徳業者に依頼してしまい高額な料金をだまし取られたり、ずさんな工事をされたりした例も数多く報告されています。特に、突然訪問してきて不安をあおり、契約をすすめてくるような業者には要注意です。大幅な値引きなどを提案してきても、誘いに乗らないようにしましょう。

6-2.追加工事が発生しないように

見積もりの際によく業者と話し合って追加工事が出ないようにしましょう。たとえば、壁と窓を最初からリフォームするのと後から追加で窓のリフォームを行った場合とでは、値段が大きく変わります。このようなことが起こらぬよう、綿密に業者と話し合いを行いましょう。

7.優良リフォーム業者の選び方

断熱リフォーム工事を依頼する業者については、以下のポイントを参考にして選ぶとよいでしょう。

  1. 豊富な実績があるか
  2. 無料相談や無料見積もりを受け付けているか
  3. 提案力があるか
  4. 質問に対して明確に回答してくれるか
  5. リフォーム業者の協会団体などに加盟しているか
  6. 担当者が丁寧に対応してくれるか

静岡県浜松市に本社を構えるテンイチでも住宅の断熱性能を高めるさまざまなリフォーム工事に対応しています。地域密着で60年以上の実績を持ち、総合リフォーム業者ならではの提案力で最適なプランをご案内いたします。

補助金等の相談も受け付けておりますので、静岡県内にお住まいの方はお気軽にご相談ください。
静岡県の断熱リフォーム工事ならテンイチ

8.断熱リフォームに関するよくある質問

「断熱リフォームについて知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.断熱リフォームを希望していますが、予算があまりありません。どんな工事を優先すべきですか?
A.低予算であれば、まずは開口部である窓の断熱を優先しましょう。費用も工期も抑えることができます。

Q.断熱材の中で最もよく使われているものは何ですか?
A.ガラスを繊維状にした「グラスウール」が最も使われています。断熱性・防火性にすぐれており、安価なため人気です。

Q.悪質なリフォーム業者との間でトラブルに巻き込まれた場合、どこに相談すればよいでしょうか?
A.国民生活センターに相談窓口があるため、相談してみましょう。適切なアドバイスをもらえます。

まとめ

断熱リフォームの効果や方法、工事の流れなどを詳しくご紹介しました。夏暑く冬寒いといった住まいの悩みを解消するために、断熱リフォームは大変大きな効果を生み出します。より快適な住まいを作り出すために、断熱リフォームのメリットや具体的な方法を把握しておきましょう。ぜひこの記事を参考にして、満足できる断熱リフォームを実現してください。

0120-037-114 無料ご相談はこちらへ