住まいのコンシェルジュ

成功の第一歩はリフォーム会社選びから! 本当に満足できる業者はここが違う!!


「築年数がたって家のあちこちが痛んできた」「家族構成が変わって今の家が住みにくくなった」このような理由で家のリフォームを考える人も多いことでしょう。
リフォームは手軽に行えるものから大規模なものまで様々ですが、大切なのは会社選びです。
そこで今回はお客様が本当に満足していただけるリフォームを行える業者の選び方をお教えしましょう。

なぜ、リフォーム会社とのトラブルは減らないのか

大変悲しいことですが、リフォーム会社とお客様のトラブルは減る気配がありません。
いったいなぜ、リフォーム会社とトラブルになってしまうのでしょうか?
それは、会社側の営業の仕方と説明の仕方が悪いせいです。
お客様はリフォームの相場など知りません。
それをいいことに「今日契約すれば安くします」と契約を急かせたり、「今リフォームしないと家が大変なことになりますよ」と不安をあおったりして契約を取り付けるのです。
このような営業をしている会社は、「急かせたり、不安をあおったりしないと契約が取れません」と言っているようなもの。
脅されたり急かされたりして心が動くのもわかりますが、このような業者と契約してはいけません。
万が一契約してしまった場合は7日以内ならばクーリングオフを利用できますから、それを利用して解約しましょう。

「頼んでよかった」と思えるリフォーム会社の特徴とは?

では、リフォームを思い立ったときどのような業者に依頼すればよいのでしょうか。
それは以下の3つのことを実施している業者です。

  1. 無理な営業はしない。(そんなことを必要はなくても優秀な業者ならば依頼がきます。)
  2. 見積もりが丁寧でわかりやすい。(お客様が納得できるように専門用語などは使いません。)
  3. アフターフォローが万全。(自分の仕事に自信があるからこそできることです。)

そのほかにも色々な公約を挙げている会社がありますが、特に重要なのがこの3つです。
施工例の写真をホームページに載せている会社もありますので、そういうものも参考にしてみましょう。

初めての依頼は住宅を丸ごとリフォームできるような会社を選ぼう

リフォーム会社の中には、内装や外装・水回りや屋根に特化した業者もありますが、外装・内装を問わず、総合的な住宅リフォームを請け負っている会社も多いです。
初めてのリフォームを依頼する時は、できれば総合的なリフォームを行ってくれる会社を選びましょう。

というもの、住宅の痛みは目に目るものと見えないものがあり、浴室リフォームをしてもらおうと思ったら、水回りがまるごと傷んでいて、トイレリフォームやキッチンリフォームも必要になったとか、リフォームを依頼するために業者に検査を依頼したら、耐震強度に問題があると言われた、という話はよくあるのです。
リフォーム会社が耐震工事までしてくれるの? と思うかもしれませんが、阪神大震災や東日本大震災の経験から、我が家を耐震リフォームしたいというお客様も増えているのです。
「でも、大きなリフォーム会社は小さなリフォームは受け付けてくれないのでは? 」
こうした疑問を持たれる方もいらっしゃるかも知れませんが、心配することはありません。
お客様のことを大切に考えているリフォーム会社であれば、どんな小さな工事でも対応してもらえますよ。