住まいのコンシェルジュ

賃貸でもできる! プチリフォームの方法とは?


インテリアみなさん、賃貸や貸家なので「リフォームできない!」と諦めていませんか?
実は、賃貸でも気軽に取り組める「プチリフォーム」という新しい施工が大きな注目を集めています。
そこで今回は、気になるプチリフォームについて詳しくご紹介することにします。

【賃貸でもできる・プチリフォームとは?】

プチリフォームとは、大掛かりな工事ではなく「必要な部分だけ」を施工する方法です。部分的に機器やパーツを交換したり、サッシや素材だけ(貼る部分だけを)交換するなど、いつでも簡単に取り組むことができます。

また、プチリフォームの場合は工期が短く、費用が掛からないので予算の少ない方にも「お財布に優しいリフォーム」として人気を集めています。

【どのような場所に施工できる?】

プチリフォームができるのは、以下のような場所になります。

<プチリフォーム可能な場所>

  • 内玄関・階段など
  • トイレ・浴室・洗面所など水回り
  • 和室・洋室・リビング
  • クローゼットや押し入れ
  • キッチン

収納が少ないという方は、デットスペースに機能的な収納スペースを新たに作り付けることができます。また、快適で清潔な水回り、使い勝手の良いキッチンなど、希望に合わせて最適なリフォームが行えます。

【プチリフォームで注意したいこと】

賃貸の場合は、リフォームできる範囲や施工可能な箇所に限りがあります。借りている以上、建物の土台となる構造柱や梁の部分はリフォームができないので注意しましょう。

また、配水管やガス管などを移動することはできません。窓の部分、玄関、バルコニーなどもマンション・アパートの共有部分となるので移動や施工は行えません。

● 規約違反のない、安全なリフォームを!

リフォームできない場所に施工をしては、契約違反となるので注意してください。プチリフォームをする場合でも、必ず「賃貸の契約内容」を確認し、大家さんや管理会社に確認した上で施工を始めてください。

【プチリフォーム・頼むならどこがいい?】

プチリフォームをする場合は、賃貸のリフォームに詳しい施工会社にお願いをしましょう。マンション・アパート・一軒家に関係なく、大家さんや管理者から借りている「他人の大切な物件」です。このため、リフォームをする場合は土台を傷つけず、建物の価値を損なわないよう慎重に工事を進める必要があります。

● 経験のある業者に依頼しよう!

経験のあるリフォーム・施工会社であれば、さまざまな物件での経験を生かし、予算や建物の状況に最もふさわしい、良いプチリフォームが実現するでしょう。工事やリフォームをしたい場所があれば、まずは(リフォーム業者に)無料見積もりを依頼してみてください。現場を見た上で、予算に合う最適なリフォーム計画が立てられるはずです。